この記事は 2 分で読めます

組織課題とは?組織課題として挙がりやすい7つの例や解決策を紹介

URLをコピーする

組織課題は、組織の現状と理想とする組織とのギャップが生じる原因のことです。
この記事では、組織課題として挙がりやすい事例や、組織課題を解決するための方法を紹介します。

組織課題とは、組織の理想と現実との差が生じる原因のこと

組織課題とは、理想とする組織と現状の組織との差が生じる原因のことです。現在抱えている課題を解決することは、組織が成長する上で必要不可欠だと言えます。

組織課題として挙がりやすい7つの事例

企業の理念やビジョンが全員に浸透していない

企業が重視する価値観や理念、経営陣が考えた企業としての将来のビジョンが従業員に浸透していなければ、現場で働く従業員が理念やビジョンに則った行動を起こしにくくなります。

経営陣がどれだけ素晴らしい経営戦略を策定したとしても、戦略に基づいた行動が現場で起こされなければ、企業としての成長は見込めません。

そのため、経営陣などの上層部だけでなく、現場で働く従業員も加えた組織全体に企業の理念やビジョンを浸透させることが必要不可欠です。

目の前の課題に囚われ、組織全体としての視点が失われている

目の前の課題やゴールに囚われてしまうと、組織全体としての視点が失われやすくなります。現場で働く従業員は日々の業務や課題に追われることが多くあり、課題が設定された背景や意図を見失いやすいため、結果的に組織全体の業績や成長に繋がる行動が取れなくなる恐れがあります。

目の前の課題を解決したり、数値目標などをクリアしたりすることは重要です。しかし、課題を解決する先に生じる出来事や、何のために設定した数値目標なのかを確認するなど、全体的な視点を持ち合わせることが重要です。

組織内でのコミュニケーションが不足している

コミュニケーション不足は、組織内での認識のズレなどを生じさせる原因となってしまいます。コミュニケーション不足に陥る原因としては、部下が気軽に上司に相談しにくい環境や、部署間での連携が取りにくい環境であることが挙げられます。

企業全体で共通の目標に向けて協力することが重要であるにもかかわらず、コミュニケーションが不足すると、情報の伝達ミスや、認識のズレによる作業ミスといった業務効率の低下に繋がります。

そのため、組織内でのコミュニケーション不足は迅速に解消すべき課題であり、より活発なコミュニケーションが取れる組織や仕組みを作成する必要があります

人材育成の効果が現れていない

研修制度を設けたり育成プログラムを作成したりしたにもかかわらず、効果を感じられず人材育成に頭を抱える組織もあると思います。

人材育成は業務と並行して取り組む必要があり、人材育成だけに注力するのは非常に困難です。そして、人材育成には数種類の方法があり、適切な方法を選択する必要があります。

より効果的な人材育成の方法を決定するためにも、現在の人材育成の方法での課題や、その方法が人材育成の対象となる人物に適しているかを分析しましょう

次世代のリーダー候補となる人材が育成できていない

組織が継続的に発展していくためには、次世代のリーダー候補のような人材の育成が欠かせません。将来的に組織の長を務める人材がいなければ、現在の上層部や管理職などが退職した後の組織運営や企業の経営が成り立たたなくなる恐れがあります。

主張の強い人の意見に流されている

組織には多くの人物がおり、主張の激しい人物や、反対に控えめな人物ももちろん居ます。現場の意見などをヒアリングした際に、主張の強い人物は堂々とした言動であることが多いため、その意見に流されてしまう場合があります。しかし、必ずしも「主張の強い人物の意見 = 現場の意見」ではありません。

場合によっては、その人の勘や経験に基づいた意見ということもあるため、現場全体の意見とは限らないのです。そのため、主張の強い人物の意見も一つの意見として留めておき、その意見だけに振り回されないようにしましょう

組織課題に対して有効な解決方法

問題が分かり次第メンバーに共有する

組織課題が見つかり次第メンバーに共有することで、メンバー全員がその課題解決に向かって行動できます

メンバーに課題を共有する際には、「なぜその課題に取り組むべきなのか」という理由をしっかりと共有する必要があります。理由を明らかにしないまま課題を共有するだけでは、メンバーが納得できず、課題解決へ足並みを揃えて取り組むことが難しくなります。

課題の発生原因・理由を見つける

課題が見つかったとしても、その発生原因や理由を特定できていなれば、根本的な課題解決には至りません。根本的な課題解決のためには、「課題の発見」→「原因・理由の特定」→「解決策の策定」というステップを踏む必要があります。

課題解決に取り組む際には、課題発生の原因をきちんと突き止められているかを確認しましょう。また、解決策を策定する際にも、それが課題の原因を解決するものなのかを検証する必要があります。

対処すべき課題の優先順位を決める

組織の課題は1つや2つではないことがほとんどです。そのため、取組むべき一番の課題を明確にすることが非常に重要です

理想とする組織がどのような状態であるかなどを明らかにし、それを実現させるため上で最も障害になっている課題を分析することが必要不可欠です。

解決策を実行した後の効果測定を実施する

組織課題の解決に向けて具体的なアクションを起こした後は、その取り組みによってどのような変化が生じたか、新たに問題が発生していないかなどを検証する必要があります

一回の解決策を実行しただけで、組織の課題を完璧に解決することは困難であるため、何度も効果測定を実施して解決策をブラッシュアップしていく必要があります。効果測定を実施していく中で得られた知見などを次の課題解決に活かし、より複雑な課題の解決や、迅速な課題解決へ繋げましょう。

未分類おすすめの記事