ブランディング

ブランディングに動画を活用しよう|メリットや成功事例を紹介

近年、企業や商品のブランディングを高めるための手法で「動画」が注目されています。ポイントを押さえた動画を制作することで、企業や商品に対するイメージや認知度を向上させられます。

今回は、ブランディング動画についてのメリットや成功事例を併せて紹介します。

ブランディング動画とは、顧客に良いイメージを与えるための動画

ブランディング動画とは、顧客に自社や商品の良いイメージを持ってもらうために制作する動画です。そのため、直接的な販促を狙うものではありません。ただし、認知度の向上や親しみを持ってもらうことができるため、長期的に見れば売上の向上にも繋がってきます。

また、自社や商品が顧客に対して身近なものになるため、採用活動にも効果的でしょう。

ブランディング動画のメリット

視覚・聴覚の両方に訴えかけることで、多くの情報を伝えられる

ブランディング動画の大きなメリットは、視覚と聴覚の2つの感覚に訴えかけられることです。例えば、新聞や雑誌などは視覚からの情報しか伝えられません。一方で、動画は視覚に加えて、音などの聴覚にも訴えかけることができるため、表現の幅も広がります。

また、言葉では表現が難しいものも映像や音楽などのイメージで伝えられるほか、短時間の動画に多くの情報を入れられるなどのメリットもあります。

共感や感動を得ることで、SNSでの拡散が期待できる

共感や感動を得られる動画は人々の記憶に残りやすく、SNSで拡散されやすいと言われています。そのため、自社だけではアプローチできない人々にも情報が届くことが期待できます。
一方で、SNSでは拡散されやすい故に炎上もしやすいので注意が必要です。

BtoCだけでなくBtoBでも活用できる

ブランディング動画はBtoB企業でも容易に活用できます。企業名や企業姿勢などを動画で伝えることで、認知度を向上させたり、人々に親近感を持たせたりできます。これらは採用活動にも効果的に働き、優秀な人材を企業に集めることにも繋がるでしょう。

ブランディング動画を作成する際のポイント

目的・コンセプトを明確にする

ブランディング動画を作成する際には、目的・コンセプトを明確にしましょう。
例えば、展示会で流す動画であれば「新製品の認知度を上げるため」、採用活動の際に使用する動画であれば「企業価値を伝えるため」といった目的があるでしょう。このように、どこで流すのか、視聴して何を感じてほしいのかなどが見えてくると、おのずとターゲットやアイディアも明確にできます。

ストーリー性を持たせ、共感や感動を生むことを意識する

ブランディング動画にストーリー性を持たせることで、人々に共感や感動を生めます。また、ストーリー性があることで企業の広告色が薄まります。特にブランディング動画では販促が目的ではないため、人々は抵抗感や不快感を持たずに動画コンテンツを視聴できます。

ブランディング動画の成功事例

NIKE:社会にスポーツの価値を訴える

(出典:https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=6ofLNBWSwc0&feature=emb_logo

スポーツ関連商品を扱うNIKEは「Find Your greatness」というキャンペーンを全世界で展開しました。その際に使用したのが動画コンテンツです。
従来の動画にはスポーツ選手を起用し、スタイリッシュなイメージを伝えていました。しかし、このキャンペーンでは一般の人がスポーツに取り組む姿を起用し、社会にスポーツの価値を訴えました。

株式会社プリントパック:企業姿勢を伝える

(出典:https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=u92-F0G7Yv8&feature=emb_logo

印刷業者である株式会社プリントパックは「印刷で日本を元気に」といった企業姿勢を表現したブランディング動画を作成しました。印刷を請け負う企業は主にBtoB企業ですが、社会に対する企業価値を表現することで、親しみを持ってもらえるようになりました。これらは採用活動にも効果的なブランディング動画と言えます。

 

まとめ

いかがでしたか?

ブランディング動画は、自社や商品に良いイメージを持ってもらうのに効果的です。目的やコンセプトを明確にした、ストーリー性を持たせ、人々に共感や感動を生む動画を作成しましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!