市場分析

【マーケティングに必須】市場分析とは?フレームワークも併せて紹介

市場分析という言葉を聞いたことがある人は多いはずです。しかし実際どのように分析を行うのか、具体的な方法を知らない方も多いのではないでしょうか。

今回は市場分析とはなにを指すのか、といったことから、実際に市場分析で用いるフレームワークまで簡単に解説いたします。

市場分析とは、市場の特性や動向などを分析し把握するためのもの

市場分析とは、市場の特性や動向などを分析するために用いる方法です。
企業を取り巻く市場の構造や規模を把握し、需要と供給や市場競争力の動向を判断することができます。

市場分析は、マーケティングや経営戦略に関する重要な材料になる

市場分析で得た結果は、マーケティングや経営戦略を立案するにあたって、非常に重要な材料になります。

マーケティングで大切なのは、日々目まぐるしく変わる情勢の中で、現状自社が置かれている環境と、これから置かれるであろう環境を客観的に把握し、適切な戦略をとることです。そういう意味で市場分析は、外部環境と自社の関係性を把握するのに非常に有効な方法と言えます。

市場分析に使える主なフレームワーク

3C分析は、市場を含めた3つの要素の関係性から成功要因をあぶりだす

3C分析とは、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)、の3つの要素を分析し、それぞれの関係性を把握する方法です。外部環境である市場・顧客と競合に、内部環境である自社の分析を組み合わせて、自社の成功要因を見つけ出します。

3つそれぞれで分析するべき要素は以下の通りです。

市場・顧客 → 市場の規模、成長性、どのようなニーズがあるか
競合    → 競合のシェア率や規模、ポジション、強みや弱み
自社    → 自社のシェア率や規模、ポジション、強みや弱み、リソース

市場の規模や変化を把握し、次に競合が市場の変化にどのように対応しているのかを知り、その上で自社の対応や強み・弱みを比較して、今後どのような戦略を取っていけばいいのかを考えましょう。

あわせて読みたい
市場分析に欠かせない3C分析のやり方とコツとは?皆さん、3C分析はご存知でしょうか?3C分析は非常に有名なビジネスフレームワークであり、ご存知の方は多いのではないでしょうか。しかし、有...

PEST分析は、外部環境を4つの側面で理解する

PEST分析とは、外部環境政治(Politics)、経済(Economy)、社会(Society)、技術(Technology)の4つの側面から分析する方法です。これら4つの側面は、自社で統制することのできないマクロ環境のことです。

4つの要因のそれぞれの具体例は以下の表のとおりです。

政治的要因(Politics) ・法律や条例、規制などの変化
経済的要因(Economy) ・経済成長や景気、物価や為替動向などの変化
社会的要因(Society) ・生活者のライフスタイルや意識の変化
技術的要因(Technology) ・設計・生産や研究開発、マーケティングなどに関わる技術の変化

要因を収集したら、情報ひとつひとつをポジティブな要因である「機会」と、ネガティブな要因である「脅威」に分類し、重要度や緊急度の高い順に優先順位をつけます。

こうして整理した情報の中で、影響の大きそうな優先度の高い要因から、対策を考えていきましょう。

あわせて読みたい
マーケティング戦略策定に役立つPEST分析とは?やり方とコツを紹介皆さんは、PEST分析をご存知ですか?有名なビジネスフレームワークではありますが、実際に分析を行う方法などを理解している方は多くはないの...

SWOT分析で、内外のプラス要因とマイナス要因を洗い出す

SWOT分析は、自社の内部環境と外部環境のプラス要因とマイナス要因を書き出し、それぞれ強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の4つにカテゴライズしていく方法です。

プラス要因 マイナス要因
内部環境 Strengths(強み) Weaknesses(弱み)
外部環境 Opportunities(機会) Threats(脅威)

SWOT分析は主に戦略を練るために用いられる方法です。自社を取り巻く外部環境を正確に把握し、自社の強みや弱みを理解することで、より確度の高い戦略を立案することが可能になります。

外部環境には先ほど紹介したPEST分析の結果を、内部環境には3C分析の結果を用いるなど、他のフレームワークと組み合わせる方法もおすすめです。

あわせて読みたい
SWOT分析とは?正しいSWOT分析のやり方とコツを紹介皆さんは、SWOT分析をご存じでしょうか?3C分析や4P分析などと並んで、良く用いられる有名なビジネスフレームワークのひとつです。しかし...

ファイブフォース分析で、「業界の競争要因」を細かに分析する

ファイブフォース分析は、「業界の競争環境」を5つの要因から分析するフレームワークです。

ファイブフォース分析で用いる5つの要因とは以下の通りです。

売り手(供給業者)  → 売り手の交渉力(自社とのパワーバランス)
買い手(流通業者)  → 買い手の交渉力(自社の買い手に対する依存度)
既存競合       → 競合が多いか、少ないか、パワーバランス
新規参入       → 新規参入のハードルは高いか、低いか、
代替品        → 代替品に乗り換えられる可能性はあるか

この5つの要因を分析することで、業界全体の収益性や魅力度の高さなどがわかります。自社が置かれた業界の環境をもれなく分析することで、今後打ち出すべき方針も変わってくるでしょう。

また、よりマクロな外部環境を分析できる「PEST分析」や、自社も含めたミクロな環境を知ることもできる「3C分析」などと組み合わせることで、より優れた戦略を考案することが可能になります。

あわせて読みたい
ファイブフォース(5F)分析で業界での勝ち抜き方を知る方法企業はただ存在しているわけではなく、様々な外部環境に囲まれ、その中で生存していくものです。そのような外部環境の最小単位が「業界」です。 ...
まとめ

いかがでしたか?
市場分析には多くの手法があります。ひとつひとつの目的を理解して、市場の構造や規模を多角的な視点を用いて分析し、どのような戦略を策定すべきかを考えていきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!