PR・広報

マーケティングにおけるPRの特徴と成功例|広告・広報との違いは?

マーケティングに携わるにあたり、「PR」は必ず耳にする言葉です。しかし、意外にも「広告」や「広報」との明確な違いを理解していない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、マーケティングにおけるPRの特徴や成功例、広告や広報との違いをご紹介します。

PRとマーケティングとは?

PRはマーケティングの一要素

PRについて説明する前に、まずはマーケティングの定義を紹介します。

米国マーケティング協会によると、「マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を創造・伝達・配達・交換するための活動であり、一連の制度、そしてプロセスである。」と定義されています。
わかりやすく言えば、「マーケティングとは、価値のあるモノやサービスを創造し、提供できる仕組みを作ること」です。

マーケティングは「4つのP」という要素から成り立っています。「4つのP」はProduct(商品),Price(価格),Promotion(販売促進),Place(場所)を意味し、このうち“Promotion”の中にPRが含まれます。

PRとは「組織とその組織を取り巻く人間(個人・集団)との望ましい関係を創り出すための考え方および行動のあり方」と定義されます。(出典「公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会の定義」:https://prsj.or.jp/aboutpr/)簡単にいえば、「社会に自社のことを好きになってもらう方法」ということです。

また、PRではメディアなどの第三者を通じた情報発信によって企業価値の向上を図るという特徴があります。

PRの例には以下のようなものが挙げられます。

・紙製ストローやごみ減量活動といった企業の環境保護活動などのCSR活動
・社員への福利厚生のアピール

PRと広報の違い

広報は特にPRと混同されやすいですが、両者には明確な違いがあります。広報は「企業や団体が社会に向けて情報発信する」という、終着点のある一方的な情報発信活動を指します。その一方で、PRは社会に向けた情報発信をするだけでなく、世論や社会の流行などを捉えて自社の活動に反映させることも指すため、広報と比べて双方向的な情報のやり取りであるといえます。

近年ではソーシャルメディアが発達し、それまで情報の受け手であった消費者から気軽に情報発信できるようになったため、PRの重要性が高まっています。

PRと広告の違い

広告は「企業がメディアに対して費用を払うことで、顧客に届けたい情報を、新聞・雑誌・テレビなどのメディアに発信すること」であり、費用がかかる手法です。その一方で、PRは広告枠を購入することなく、SNSや口コミなどを通して自社や製品のことを広く知らせることを指します。

消費者が多様な情報に触れることができる現代では、広告に対する懐疑的な姿勢を持ち、PRにより強い信憑性を感じる消費者が少なくないのも事実です。

広告・広報と比較したPRの長所と短所

広告や広報と比較して、PRには以下のような長所と短所があります。

長所
・情報発信がメディアや人を媒介するので客観性が担保され、信憑性ある情報として受け取られる
・広告枠を購入する必要がないため、コストが比較的小さい
・SNSを媒介する場合、口コミによる拡散が期待できる

短所
・情報の広がり方は媒介するもの次第であるため、自社による情報のコントロールが難しく、明確なターゲットがいる場合に上手く伝達できない可能性がある

企業によるPRの成功例

企業によるPRの成功例には、以下のようなものがあります。

大和ハウス 「名もなき家事」
女性に負担が偏りがちな、細々としたいわゆる「名もなき家事」の存在を広めることで、その軽減をサポートする「家事シェアハウス」をPRしました。報道などで「名もなき家事」への共感が広まった結果、「家事シェアハウス」が400棟を超えるヒット商品となりました。

幸楽苑「2億円事件」
飲食店を経営する幸楽苑ホールディングスは、元旦の売り上げがおよそ2億円であることから「2億円事件」と題し、2019年の元旦を休業を決めました。休日の少なさといった労働環境が問題視されているサービス業において、売り上げ2億円を失ったとしても社員の「働く人の気持ち」を守るこの取り組みは、SNS上で大きな評価を得ました。

これら二つの例は、どちらも「社会に自社のことを好きになってもらう」という点でPRに成功しています。

まとめ

いかがでしたか?PRは広報や広告と混同されがちですが、それらにはない長所を持っています。この長所を活かして、自社が社会と良好な関係を築けるような取り組みを行えるようになりましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!