デジタル広告集客

Web広告を利用するメリットとは?代表的なWeb広告の特徴を紹介します

Web広告の利用を検討しているけれど、どのような媒体を利用すればいいのか分からず悩んでいませんか?

今回は、Web広告の種類とメリット・デメリットを紹介します。自社に合ったWeb広告を利用する際の参考にして下さい。

Web広告は、インターネット上に掲載される広告のこと

Web広告は、インターネット上やメールに掲載される広告のことです。インターネット広告オンライン広告、デジタル広告と呼ばれることもあり、商品やサービスの認知度向上や、売上アップにつなげるための宣伝のことを指します。

Web広告利用のメリット

詳細なターゲティングができる

年齢・性別・居住地などの基本的情報の他、ユーザーの興味関心・Webサイト内での閲覧・検索・行動履歴などから細かくターゲティングを行い、広告が配信できます。

さらにSNSプラットフォームに蓄積された、ユーザーの家族構成・出身校・職業・メールアドレスなどの詳細なデータをもとに、ターゲットとするユーザーの属性を細かく設定することができます。

効果測定しやすく効果が得られやすい

Web広告は、閲覧回数・クリック数・商品購入回数などのデータを取得し分析できるため、個々の施策に対してリアルタイムで効果測定をすることができます。

個々の施策の数値を確認しながらPDCAを回すと、費用対効果を大きく高めることも可能です。

初期費用が抑えられる

Web広告は、広告がクリックされてから初めて費用が発生する「クリック課金型」などの課金方式があります。広告の単価や合計金額の上限を設定することができるので、少額からでも広告運用が可能です。

また、Web広告は短期間で広告配信が可能で、開始した時点から効果を得ることができるので、限られた予算で着実に成果を出したい時に適しています。

代表的なWeb広告の効果と運用ポイント

Web広告には、広告の種類ごとに特徴があります。獲得したい客層や目的、事業規模や広告予算に合わせ最適なWeb広告を選びましょう。主なWeb広告の効果と運用のポイントを紹介します。

リスティング広告(検索連動型広告)

リスティング広告は、GoogleやYahoo!などの検索エンジン表示の際に、ユーザーが検索したキーワードに関連した広告が表示されます。商品やサービスに興味や関心を持っているユーザーに適した広告です。

  • メリット
    ユーザー広告をクリックし初めて料金が発生する「クリック課金型」なので費用が抑えられる点が特徴です。
  • デメリット
    人気のキーワードはクリック単価が上がりやすい傾向があります。また、細かな改善に手間がかかります。
  • 運用のポイント
    キーワードの選定や見直しがポイントになります。毎月コンスタントに獲得できているワードに注力し、獲得のないワードは除外しましょう。
    成果の出ているワードの入札を上げ、成果の出ていないワードの入札を下げる入札管理が必要です。
    目標CPA(顧客獲得単価)はクリアできているが、日別予算がネックとなり件数が取れてない場合は日別予算を上げましょう。

ネイティブ広告(記事広告)

ネイティブ広告とは、Webサイト上の記事やコンテンツの一部として、広告を配信してもらうことです。潜在層や関心の低いユーザーへのアプローチが可能です。

  • メリット
    既存のWebサイト上への表示が可能なため、ユーザーにストレスを与えず自然に興味を示してもらいやすくなります。
  • デメリット
    広告であることが分かりにくくコンテンツと間違うなど、場合によってはユーザーにストレスを与え、不信感につながる可能性があります。
    また、広告単価が高く、掲載までに時間がかかるケースが多くあります。
    Webサイトごとに他のコンテンツと合うようなデザインを考える必要があり、広告制作のコストと手間がかかります。
  • 運用のポイント
    「広告」であることが分かりやすいように明記しましょう。
    コラムやセミナー開催の案内など、広告色のないコンテンツを組み込み導線を張るなどし、マーケティング全体での効果を得ることがポイントです。

動画広告

動画広告とは、動画コンテンツを配信するWeb広告です。伝えられる情報量が多く効果の出やすい広告なので、認知度アップを狙うことができます。

  • メリット
    ユーザーが直接広告をクリックすることなく再生できるので、確実に表示できます。
  • デメリット
    見たい動画の代わりに強制的に広告が流れるため、ユーザーに不快感を与える場合もあります。
    また、他の広告と比較し、動画の作成にコストがかかります。
  • 運用のポイント
    コンテンツ設計や出稿先メディア、ターゲティングなどの初期設定が重要です。
    さらに、検索ワードや入札単価など定期的に入札設定を見直しましょう。

アフィリエイト広告

自身のブログやSNSなどで紹介した商品の成果報酬を広告主から得ている人をアフィリエイターと呼びます。アフィリエイト広告は、アフィリエイターが運営するサイトで商品を宣伝してもらうことです。サイトに掲載している広告を通し、問い合わせや購入などアクションが発生した際に、掲載媒体に対して報酬が支払われる仕組みです。

  • メリット
    多くのアフィリエイトサイトに掲載されるので、認知拡大や潜在層向けのアピールに適しています。
    また、アクションが発生しない限り費用が発生しないため、他のWeb広告に比べ費用対効果が高いです。
  • デメリット
    こちらが意図しないWebサイトに掲載され、ブランドイメージに傷がつく可能性があります。
    月額固定費に加え、不正表示や誇大広告されていないかのチェックなど維持費用もかかります。
  • 運用のポイント
    アフィリエイターの中には、有益なサービスを紹介することがモチベーションとなっている人もいます。良い広告を掲載してくれるようアフィリエイターの報酬を上げることも効果的です。

純広告(バナー広告・テキスト広告)

広告とは、特定のWebサイト広告枠を買い取って掲載するWeb広告のことです。テキストや画像での広告表示が可能で、バナー広告やテキスト広告などがあります。

  • メリット
    広告の枠を決められた期間買い取るため、一定の広告表示が期待できます。認知度の低いユーザーへのリーチ可能です。
  • デメリット
    広告枠の単価が高いケースが多く、それなりの予算を確保できないと利用しにくいという面もあります。
  • 運用のポイント
    成約率が低い場合は、配信先とターゲットにズレがないかどうか見直しましょう。
    ランディング先のWebページや申し込みフォームなどへの導線も見直し、離脱ポイントの確認や改善も必要です。
まとめ

いかがでしたか?

今回はWeb広告の種類とメリット・デメリットを紹介しました。Web広告を利用する際は、獲得したい客層や目的に合わせ利用広告を選ぶことが重要です。どのWeb広告を活用すればよいか、この記事を参考に検討してみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!