マーケティング戦略

SNSマーケティングはなぜ重要?効果・方法や人気SNSを解説

SNSが浸透した現代では、企業によるマーケティングにおいてもSNSの利用が盛んになっています。
今回はSNSマーケティングがなぜ重要なのかを、マーケティングの効果・方法や主要なSNSについても触れながら解説します。

SNSマーケティングとは、人気SNSを用いるデジタルマーケティングのこと

SNSマーケティングとは、TwitterやFacebookなど、人気のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用して顧客とのコミュニケーションを行い、購買に繋げるマーケティング活動です。ソーシャルメディアマーケティングとも呼ばれます。

消費者モデルの変化により、SNSマーケティングが重要に

SNSが台頭したことで、新たな消費者モデル「ULSSAS」が生まれました。「ULSSAS」では、次のような流れで消費行動が加速していきます。

U:UGC(ユーザー投稿コンテンツ) 消費者が商品の感想をSNSに投稿する
L:Like(いいね) SNSでの投稿やSNS広告に反応する
S:Search1(SNS検索) 「いいね」のついた投稿を見たユーザーが、商品に興味を持ちSNS内で検索する
S:Search2(検索エンジンでの検索) 賞品がどこで買えるかなど、より具体的な情報を知るために検索エンジンで指名検索する
A:Action(購買) 実際に購入する
S:Spread(拡散) 購入した商品の感想を投稿する

このサイクルの中で、SNSによって情報発信を行うことの重要性が高まりました。

SNSマーケティングの効果

商品・サービスの認知度向上

SNSマーケティングの効果として、まず商品・サービスの認知度向上が挙げられます。SNSへの投稿は、拡散や検索によって多くのユーザーにリーチする可能性があります。投稿だけでなく、より確実に多くのユーザーが目にするSNS広告も効果的です。

ブランディング

SNSでは、アカウントの運用次第で企業が持つイメージや世界観を伝えることができます。SNSでのブランディングでは、投稿に一貫性を持たせることや、アカウントのキャラクター性を定着させることが重要です。

顧客ロイヤリティの向上

SNSでは顧客と直接コミュニケーションが取れるため、顧客ロイヤリティ(=商品やブランドへの愛着・信頼)を高めることに繋がります。
また、SNS検索の活用などにより、ユーザーの反応をリアルタイムで確認することもできます。ユーザーの声を即座に反映したコミュニケーションを行うことで、顧客ロイヤリティのさらなる向上が期待できます。

主なSNSとその特徴

Twitter

140字以内のショートメッセージを投稿するスタイルのSNSで、10代~20代の若いユーザーが多いのが特徴です。投稿ハードルの低さと、ワンタップで投稿をシェアできる「リツイート」機能によって非常に強い拡散力を持ったSNSであると言えます。

また即時性が高く、トレンドが反映されやすいことも特徴です。その反面、ひとつのコンテンツが話題となる期間が短いというデメリットも存在します。

Facebook

Facebookは、世界一のユーザー数を持つSNSです。実名で登録する必要があることが大きな特徴で、投稿やアカウント自体の信頼性が高く、マーケティングでも有効なリーチに繋がりやすいと言えます。

さらに、実名ゆえにビジネスの場面では名刺代わりに使われることもあります。しかし、他の匿名SNSに比べて閉鎖的なコミュニティであり、最近は若者のサービス離れも目立ちます。

Instagram

画像・動画の投稿に特化したSNSで、ビジュアルイメージが重視されるSNSです。20代~30代に人気で、特に女性からは根強い人気があります。ハッシュタグを利用した同ジャンルの投稿との結び付けも簡単で、企業のマーケティングでも注目されています。

また、Instagramにおいては「インスタグラマー」と呼ばれるインフルエンサーの活動も盛んで、インフルエンサーマーケティングのプラットフォームとしても人気です。インフルエンサーマーケティングについては、ページ下部で詳しく説明しています。

LINE

無料チャットや通話のイメージの強いLINEですが、SNSマーケティングでも利用されています。公式アカウントからの情報配信やクーポン券の提供、無料スタンプの配布など1対1での販促が可能です。

他のSNSに比べて拡散力は低めですが、若年層~高年齢層まで幅広い年代で利用されているのが特徴です。そのため広告枠として利用されることも多く、LINEでの広告は関連アプリでも配信されるというメリットもあります。

SNSマーケティングの手法

SNSアカウントの運用

企業が公式のSNSアカウントを運営することで、情報発信や顧客とのコミュニケーションを行います。商品・サービスの認知度向上だけでなく、顧客との接点を増やして顧客ロイヤリティを向上させることも可能です。また、魅力的な投稿を継続することでブランドイメージの向上も狙えます。

ただし、SNSアカウントを運用するには時間や労力といったコストがかかり続けることに注意しなければなりません。さらに、投稿内容に気を付けなければ炎上(=批判や誹謗中傷が集中し、ネガティブなイメージが拡散される)の恐れもあります。

SNS広告

各SNSは独自の広告配信サービスを持っています。SNSに登録された性別や年齢・職業・趣味などの情報から詳細なターゲティングを行うことが可能であり、広告を効率的にターゲットへ届けることができます

基本的に無料で運営できるSNSアカウントと異なり、SNS広告の運用には費用が掛かりますが、運用に労力がかからない点がメリットです。広告の費用や配信期間も柔軟に設定でき、広告への反応を自動で可視化できるサービスも多く存在します。

SNSキャンペーン

SNSキャンペーンとは、投稿のシェアや商品のレビュー投稿などにより特典を与える形の、ユーザー参加型のマーケティング施策です。自社の情報を効果的に拡散することができ、新規顧客の獲得に役立ちます

さらに、ユーザーはキャンペーンを通して様々なリターンを受けられるため、既存顧客のロイヤリティを高めることにも繋がります。

インフルエンサーマーケティング

SNSの特定のコミュニティにおいて大きな影響力を持つインフルエンサーを起用し、そのフォロワーに対して情報を発信してもらうのがインフルエンサーマーケティングです。企業ではなく消費者側からの情報発信であるため、消費者目線では、より信頼できる情報を得ることができます。

まとめ

いかがでしたか?

SNSの浸透した現代において、企業によるSNSの活用もより重要となっています。

SNSマーケティングを行う上では、自社のブランドイメージやターゲット層に合ったSNSを利用することが必要となるでしょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!