予算策定・コスト計算

CPAとは|広告・マーケティングの基盤となる指標の計算方法を解説

CPAという言葉を聞いたことはありますか?
これは広告にかかる費用を示す指標で、他にもCPOやCPC、CPMやROASといった指標が存在します。

今回はCPAについて、計算方法や他の指標との違いを解説します。

CPAとは、新規顧客獲得のために、1人あたりにかかるコストを示すもの

CPAはCost Per ActionもしくはCost Per Acquisitionの略で、新規顧客を獲得するのに、1人当たりいくらかかったか(顧客獲得単価)を示す指標です。

また、WebサイトやWeb広告については、コンバージョン(CV、成果獲得)1件当たりのコストとされることもあります。コンバージョンとは広告をクリックしたユーザーから成果を獲得したことを意味しており、商品購入やサイトへの無料登録などがこれに該当します。

CPAは、広告や販促アクションの設計の基盤になる

CPAは顧客獲得単価を示す指標であるとともに、広告やマーケティングの費用対効果を表すものでもあります。CPAを計算することで、広告などの設計を行うことが可能です。

例えば、CPAと顧客獲得数の目標を設定し、そこから費用を逆算することによって広告・マーケティングの予算を立てることができます。

CPAを計測する方法

CPA=広告費用÷獲得顧客数(コンバージョン数)

CPAは、この式で計算することができます。例えば、広告の予算が100万円で、1000人の顧客を獲得できた場合のCPAは、1000000(円)÷1000(人)=1000となります。

獲得顧客数が多くなるほどCPAの値は小さくなるため、一般的にはCPAは低いほど広告宣伝効果が高いとされています。企業としては、CPAが低かった広告キーワードを優先的に使用する、といったふうにCPAを利用できます。

CPAを指標とする際の注意点

例えばCPAを下げるために広告費用を削減すると、広告からの流入が減り、獲得顧客数が減少する可能性があります。その結果利益が減少すると、本末転倒な結果になりかねません。

CPAをむやみに下げようとするのではなく、適正なCPA目標を設定し、適切に費用を運用する必要があります

CPO・CPC・CPM・ROASとの違い

CPOは、受注1件あたりのコスト

CPOはCost Per Orderの略で、1件の注文を獲得するのに必要な費用を表す指標です。CPOは、次の式で計算することができます。

CPO=広告費用÷受注件数

CPAが「顧客数」に着目したものであるのに対し、CPOは「注文数」を計算に用いているという違いがあります。

CPCは、Web広告のクリック1回ごとにかかるコスト

CPCはCost Per Clickの略で、Web広告が1回クリックされるのに必要な費用を表す指標です。CPCは、次の式で計算することができます。

CPC=広告費用÷獲得したクリック数

実際に獲得できた顧客数を計算に用いるCPAと異なり、クリック数で計算するCPCでは購買に至らなかった顧客の数も含まれます。誤ってクリックした場合などもカウントされてしまうため、注意が必要です。

CPMは、Web広告の掲載1000回あたりにかかるコスト

CPMはCost Per Milleの略で、Web広告を1000回表示させるためにかかる費用を指す指標です。CPMは、次の式で計算することができます。

CPM= 広告費用 ÷ 表示回数 × 1000

CPMはWeb広告の課金方式のひとつとしてもメジャーです。Web広告の表示回数をインプレッションと呼び、1000回表示に必要な料金はインプレッション単価(CPM単価)と呼ばれます。

ROASは、広告費用の回収率を表す指標

ROASはReturn On Advertising Spendの略で、広告費用がどのくらい回収できたかを示す指標です。ROASは、次の式で計算することができます。

ROAS=広告経由の売上÷広告費用×100(%)

例えば広告経由の売り上げが200万円で、広告費用が100万円の場合、ROASは200(%)になります。これは、広告費1円あたりに2円の売上があったことを示しています。

まとめ

いかがでしたか?

CPAは、広告の費用対効果を測るのに役立つ指標です。

CPAを下げることは大事ですが、必要な広告費用は確保できるように適正なCPA目標を設定することが必要だと言えます。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!