データ分析

広告配信に役立つ「DMP」とは|導入のメリットと注意点を解説

Web広告やマーケティングを担当している方なら、「DMP」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
これはオンラインでデータを蓄積したもので、広告配信などのアクションプランの最適化に役立てることができます。

今回はDMPについて、その導入のメリットや注意点を解説します。

DMPとは、インターネット上のデータを一元管理するためのプラットフォームのこと

DMPは「Data Management Platform」の略で、インターネット上に蓄積されたデータを一元的に管理するための仕組みのことです。DMPには、オープンDMPとプライベートDMPの2つの種類が存在します。

オープンDMPは、インターネット上のデータを収集・管理している企業が保有するプラットフォーム

オープンDMPは、インターネットユーザーの情報を収集・管理し、その提供を行っている企業が保有しているプラットフォームです。
年齢・性別などの属性情報や、インターネット上の行動履歴など、自社だけでは集められない情報を知ることができます。

プライベートDMPは、自社で保有する情報を蓄積・管理するプラットフォーム

プライベートDMPは、自社が所有する顧客情報を蓄積・管理するためのプラットフォームです。
自社独自で保有している、顧客に関する購買履歴・行動履歴・興味関心などのマーケティングデータに加えて、オープンDMPから得た外部のデータを組み合わせて運用されます。

DMPを導入するメリットは、マーケティング施策を効率化できること

DMPの導入には、情報の整理・統合や分析の効率化だけでなく、マーケティング施策、特に広告配信の効率化というメリットが存在します。

Web広告は、SSP(媒体の広告収益を最大化させるプラットフォーム)がユーザーの情報をDSP(広告主の費用対効果を高めるプラットフォーム)に送信し、DSPが最適な広告を選ぶことで配信されます。
DMPは、このSSPとDSPに対して、ユーザーごとに最適な広告を配信するために保有するデータを提供する役割を果たします。

広告配信だけでなく、メールマガジンの配信やプッシュ通知にも活用可能

DMPに蓄積された情報は、Web広告の配信以外にも活用できます。例えば、資料を請求した顧客や問い合わせをしてくれた顧客など、顧客のフェーズごとに内容を変えたメールマガジンを配信することができます。

また、サイトの訪問頻度が高い顧客に対して最後のひと押しとしてプッシュ通知を行うなど、顧客の状態に応じた施策が可能です。

DMP導入時の注意点

DMPを導入する目的を明確にする

DMPを導入する目的が具体的でなければ、大量のデータを使いこなすことはできません。なぜDMPを導入するのかをよく考えて、運用の目標を設定することが大事です。

その上で、外部から提供されるデータで目標を達成できるのか、自社で蓄積したデータを活用する必要があるのかを考えて、オープンDMPとプライベートDMPのどちらを導入するかを決めましょう。

オープンDMPの場合、データの質を見極めることが重要

オープンDMPで使用できるのは外部企業の蓄積したデータであるため、提供されるデータの質を見極めることが大切です。質の悪いデータであった場合、DMPを導入してもマーケティングに活用できない恐れがあります。

しかし、導入前にデータの質を確認できるオープンDMPは少なく、現状では見極めることは難しいでしょう。仮に事前にデータが確認できるなら、必ずチェックするべきです。

プライベートDMPは、導入や運用にかかるコストが高い

プライベートDMPでは、自社にとって必要なデータを確保することが可能ですが、自社でDMPを構築・運用するには大きなコストが必要です。プライベートDMPは、DMP構築に投資する余裕のある大企業向けのものであると言えます。

また、自社でデータを蓄積する場合は、会社のプライバシー・セキュリティポリシーを必ず確認しておきましょう。さらに、DMP構築が可能なほどのデータを現在保有しているか、データ整理に関係する部署がどのような状況か、といったことも把握しておく必要があります。

 

まとめ

いかがでしたか?

DMPは顧客に合わせたWebマーケティングを行うことに大いに役立ちます。

2種類のDMPにはそれぞれのメリット・デメリットがありますから、自社の状況をよく踏まえて導入を検討しましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!