デジタル広告集客

リスティング広告とは?特徴やSEOとの比較、向き不向きを紹介

「リスティング広告の利用を検討しているが、どんな特徴があるのか分からない」という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、リスティング広告の特徴、長所や短所、向いている商材などを紹介します。

リスティング広告とは、検索結果の上部に表示される広告

リスティング広告とは、画像の赤枠部分のように、ユーザーの検索ワードに関連した広告を検索結果の上部に表示させるというものです。リスティング広告は検索連動型広告とも呼ばれ、検索ワードに既に興味がある顕在層にアプローチできる広告手法です。

料金体系は「クリック課金制」が取られている

リスティング広告は、広告がユーザーに表示されるだけでは料金は発生しません。ユーザーが広告に興味を示してクリックして初めて料金が発生する「クリック課金制」が採用されています。そのため、実際に課される広告料金は「クリック一回あたりの料金 × 広告がクリックされた回数」の式で計算することができます。

広告の掲載順位は、オークション方式で決定される

リスティング広告の大きな特徴は、「広告の掲載順位がオークション方式で決定される」ことにあります。掲載順位は、入札価格と広告のクリック率やリンク先ページのクオリティなどによって算出される品質スコアによって決定されます。

広告ランク=入札価格×品質スコア(クリック率やリンク先ページのクオリティ等)

同じ検索ワードに出稿している他の企業と広告ランクを競い合い、広告ランクが高い方から順に広告が上位記載されます。

「Google」と「Yahoo!」が一般的な出稿先

リスティング広告の出稿先は、Google広告とYahoo!広告の二つが一般的です。GoogleとYahoo!Japanは、日本で利用される検索エンジンにおける9割以上のシェアを占めます。そのため、この二つに出稿すれば、検索エンジンのほとんどのユーザーを網羅することができます。

・Google広告
https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/

・Yahoo!広告
https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/sponsored-search/

SEOと比較したリスティング広告の長所・短所

SEO(検索エンジン最適化)とは、ウェブサイトを運営するにあたり上位表示を目指した対策を行うことをいいます。画像のように、SEOの対象範囲はリスティング広告の下の部分にあたります。

長所:リスティング広告はコントロールしやすい

SEOへの取り組みと比較して、リスティング広告導入の利点は、掲載内容のコントールが容易であるということです。表示内容や検索ワード、掲載順位はSEOによってもある程度コントロールは可能ですが、リスティング広告では検索ワードの指定ができるほか、入札価格などの調節により掲載順位のコントロールができます。

また費用面において、リスティング広告は出稿先に費用を支払う必要ある一方で、SEOはそういった出費の必要はありません。そのため、リスティング広告の方がコストがかかると考えられがちですが、SEOでは分析や効果測定などに大きく人件費を割く必要があります。よって、必ずしもSEOの方がコスト削減につながるとも限りません。

短所:クリック率はSEOの方が高い

リスティング広告は検索結果の上部に表示されますが、検索エンジンのユーザーは広告よりも検索結果の方を閲覧しようとする傾向があります。そのため、リスティング広告の中で上位に表示されたとしても、クリックされない可能性も高いと考えられます。より高いクリック率を期待するのであれば、SEOに取り組むことをおすすめします。

リスティング広告が向いている商材、向いていない商材

向いている例:地域に密着した商材

リスティング広告が向いている商材の一つが、地域に密着した商品やサービスです。キーワード設定でユーザーを絞り込みやすく、競合が減りやすい傾向にあるため、広告の閲覧や成約への可能性は上がるほか、より少ない料金で上位表示を目指すことができます。

向いていない例:知名度の低い商材

リスティング広告に向いていない商材の一つは、知名度が低くこれから認知を広めていこうとしている商品やサービスです。知名度が低い間はそもそも検索するユーザー自体が少なく、広告が表示される機会が少ないため、リスティング広告による効果はあまり期待できません。

知名度の向上が目的である商材の場合は、まずディスプレイ広告で潜在層にアプローチを行い、ユーザーからの認知を広めていくことが重要です。

あわせて読みたい
ディスプレイ広告とは?長所や短所、二大広告依頼先の違いもご紹介「ディスプレイ広告の利用を検討しているが、どのような特徴があるのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。そこで今回はディスプレ...

 

まとめ

いかがでしたか?リスティング広告はユーザーの検索ワードに関連して表示されるため、顕在層へのアプローチには有効な方法です。今回紹介したポイントを参考にして、効果的な宣伝を目指しましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!