マーケティングアプローチ手法

ユーザーインサイトの意味とは?解析する目的とツールも紹介!

ユーザーがどのようなニーズを持っているかを把握することは、マーケターの重要な役割の一つです。そのニーズを探るにあたっては、ユーザーインサイトの解析が大きく結果を左右します。

今回はユーザーインサイトの意味に加えて、解析する目的と方法を解説します。

ユーザーインサイトとは、ユーザーが無意識に持っている悩みや欲求などの深層心理のこと

ユーザーインサイトとは、ユーザーが無意識に持っている悩みや欲求など、ユーザー自身も気付いていない深層心理のことを指します。

日常生活において、人は多くの選択に迫られます。その選択に明確な理由がある場合もありますが、「何となく」などの気分で選択する場面も多いでしょう。この「何となく」の気分で選択をしているとき、潜在意識下でユーザーインサイトの影響を受けるとされています。したがって、このユーザーインサイトを明確に捉えることが、ユーザーの潜在ニーズを満たす商品開発やマーケティング戦略を立案する際のカギとなってくるのです。

ユーザーインサイトを解析する目的

ユーザーの深層心理を突くマーケティング戦略を立てるため

現代はモノがあふれている時代であり、ただ単に優れた商品を開発するだけでは不十分です。ユーザーの潜在ニーズを正確に捉えて、そのニーズをユーザーに自覚させ興味を持たせるようなマーケティング戦略を立案する必要があります。そのためにはユーザーの深層心理であるユーザーインサイトの理解が必須であるといえます。

ユーザーのニーズの変化に対応するため

現代では、多種多様なサービスが次々に登場しています。また、インターネット技術の発達に伴い、ユーザーはそのようなサービスに簡単にアクセスできるようになったため、顧客体験を通じてニーズは刻一刻と変化しています。そのようなニーズの変化に対応するためには、ユーザーが行動を起こす際に無意識的に指針としているユーザーインサイトを日々解析して、商品開発に取り入れていくことが必要です。

ユーザーインサイトを解析するツール

アクセス解析ツール

アクセス解析ツールでは、サイト利用者の動きや属性、流入元などを取得できます。アクセス解析ツールの代表的なツールにはGoogleアナリティクスがあります。

GoogleアナリティクスはGoogleが提供する無料のツールで、主要な機能は以下の通りです。

  • リアルタイムのサイト利用状況
    現在、サイトを利用しているユーザーが何人いるかや、どのページを閲覧しているかを把握できます。また、時系列ごとのサイト訪問数の確認が可能です。
  • サイト利用者の属性
    サイト利用した人の属性と行動を把握できます。属性については性別・年齢・デバイスの種類などが分かります。行動については、サイトにおける滞在時間を表す平均セッション時間などの確認が可能です。
  • サイト利用者の流入元
    集客レポートと呼ばれており、サイトの利用者がどこから流入したのかが分かります。流入元は自然検索・SNS・広告などがあります。
  • サイトの成果
    サイトの利用者に対して期待する行動の達成率を把握できます。起こしてほしい行動は、商品がどの程度売れているかや、資料請求がどの程度行われているかなどを指します。

検索キーワード

検索キーワードは、その名の通りユーザーが調べものをする際に入力するキーワードを指します。ユーザーがサイトを訪れた際に検索したキーワードを把握できます。検索キーワードにはユーザーの意図が含まれているので、ユーザーインサイトを知るうえで重要な要素といえます。

検索キーワードを解析する具体的な方法としてはGoogleが提供するGoogleサーチコンソールがあります。このサービスを利用することで、どのようなキーワードで検索したユーザーがサイトを訪問し、どのサイトを閲覧したかが分かります。

ヒートマップ

ヒートマップとは、ユーザーがサイト内でどのような操作をして、どこを閲覧したかなどの行動を解析して、色分けしたマップのことを指します。「なぜその行動をしたのか」など、直接的な意図は分かりませんが、「どのあたりまで読まれたか」や「どの部分がよく読まれていたのか」などを視覚的に把握できます。したがって、ページごとの解析をしたい場合に有効なツールといえます。

定性調査

定性調査とは顧客心理などといった数字で表れない質的データを収集・評価する調査方法です。Googleアナリティクスや検索キーワード、ヒートマップはどれも間接的なアプローチ方法だったのに対し、インタビューやアンケートといった定性調査はユーザーの生の声を収集できます。そのため、間接的なアプローチには現れない詳細なニーズを発見することも可能です。

しかし、質問の内容によってはバイアスがかかってしまい、ユーザーの本音を聞き出せないという事態に陥る場合もあるので、質問内容は慎重に検討する必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

ユーザーインサイトの解析は、ユーザーに響くマーケティング戦略を立てる上で非常に重要な工程であり、Googleアナリティクスやヒートマップの利用など、解析には様々な手段があります。

この記事を参考にユーザーインサイトに関する理解を深めましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!