Webマーケティング

キラーコンテンツとは|Webマーケティングでの例や作成のコツも紹介

キラーコンテンツという言葉を聞いたことはありますか?Webを利用したビジネスでは、集客や購買を促す魅力的なコンテンツが必要です。
この記事では、キラーコンテンツの例と作成のコツを紹介します。

Webマーケティングにおけるキラーコンテンツとは、商品への売上貢献度が高いものを指す

キラーコンテンツの言葉の意味は文脈によって異なります。最近では様々なビジネスにおいて用いられている言葉ですが、Webマーケティングにおいては「商品への売り上げ貢献度が高いもの」を意味します。
Webマーケティングの目的は、顧客の集客・購買につなげることです。キラーコンテンツを用いることで顧客の集客・購買を促進させ、直接的な売上につなげられます。

元々は高い集客力と影響力を持つコンテンツを指す

キラーとは、「非常によい」「すばらしい」というニュアンスで使われる言葉です。広い意味では、「高い集客力と影響力を持つコンテンツ」を指し、特定の分野が普及するきっかけとなった商品やサービスに対して使われます。
元々の意味では、WebコンテンツやTV番組・映画・漫画などのエンタメコンテンツに使われることが多いです。

Webマーケティングにおけるキラーコンテンツの例

商品・サービスの紹介ページ

ネットショッピングで商品を購入する場合、実際の商品を手に取ることができないため、商品・サービスの詳細な情報は需要が高いと言えます。そこで、価格・機能・大きさ・重さなど、消費者が知りたい情報を網羅することが重要になってきます。また、製造工程や使用の様子を動画にして掲載するのも有効です。

製品購入後の導入事例を掲載するのもおすすめです。導入事例があると、自社で導入したときのイメージができ、「どう活用すべきか」「どんな効果が得られるか」などを検討しやすくなります。さらに、導入企業の規模や業種など、詳しい情報が載っていると具体的なイメージが浮かびやすくなります。

口コミ・レビューなど消費者の声

購入を検討している人にとっては、口コミや商品レビューは重要な判断材料になります。口コミ評価が高い商品・サービスなら信頼して購入できると考える人は多いため、集客への貢献が期待できます。
口コミ・レビューは直接商品を見ることができないネットショッピングの場合、特に重視されるといえます。しかし、ただ評価が高い口コミであればよいというわけではありません。利用者の写真や取材動画などを掲載することで口コミの信頼性が高まります。

専門家による評価

業界に精通している専門家にインタビューや寄稿を依頼するのも効果的です。権威のある人物の評価は説得力があるため、安心や信頼につながります。専門家による評価では、ポジティブな意見だけでなく、ストレートな意見も取り入れることで真実味がある内容にするのがポイントです。

アンケート・調査データ

アンケート・調査データも見込み顧客にとって有益な情報です。調査の規模が大きいものや、第三者機関による統計データを用いることで信ぴょう性が増すので効果的です。商品・サービスに関する情報を定量的に伝えることで、説得力を高める効果も期待できます。

キラーコンテンツ作成のコツ

ターゲットのニーズを正確に把握する

キラーコンテンツでは、見込み顧客の年代・性別・ライフスタイルなどの特徴をつかんでおくことが大切です。どんなに優れたコンテンツでも、これらが的外れだと成果に繋がりにくくなるので、しっかりリサーチするようにしましょう。

商品・サービスの強みを洗い出す

キラーコンテンツの作成においては、自社商品・サービスの強みをしっかり理解した上で、的確な方法でアピールすることが重要です。そのためには、自社商品・サービスを分析し、競合他社の商品・サービスと比較して優れている点を明確にすることが求められます。一度きりではなく繰り返し分析を行い、コンテンツを磨き込んでいきましょう。

既存コンテンツの複製を避け、独自性を出す

自社コンテンツならではのオリジナリティあるコンテンツでなければ差別化が図れません。他サイトと似たようなコンテンツばかりでは、消費者にとって魅力的に感じられず、飽きられてしまうことが考えられます。

また、他サイトのコンテンツを模倣してしまうと、Googleなどの検索エンジンからコピーコンテンツだと判断されてしまう可能性があり、自社コンテンツの魅力・価値を下げることにも繫がります安易に模倣することは避け、オリジナリティのあるコンテンツ作成を心がけましょう。

キラーコンテンツの作成だけに尽力しない

Webマーケティングにおいては、キラーコンテンツ作成だけに尽力するのではなく、Webサイト全体のバランスを意識することが重要です。Webサイト上でわかりにくい部分はないか」、「消費者が離脱しやすいページがないか」などの確認も怠らないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?Webマーケティングにおけるキラーコンテンツとは、商品への売り上げ貢献度が高いコンテンツを指します。この記事を参考に、Webマーケティングにキラーコンテンツを取り入れてみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!