経営戦略・事業戦略

【価格戦略】スキミングプライシングとは|条件やメリットも解説

価格戦略の1つに「スキミングプライシング」があります。新商品の価格を設定する際に活用されるもので、適用された多くの商品が存在します。

今回は、スキミングプライシングを活用する際に必要な前提条件や、メリット・デメリットを解説します。

スキミングプライシングとは、新商品を高価格で販売し収益を確保する戦略

スキミングプライシングとは、新商品の市場価格を高く設定し、短期間で収益を確保する価格戦略を指します。「上澄み吸収価格戦略」や「上澄み価格戦略」と呼ばれる場合もあります。
早期に収益を得られるため、巨額の投資が必要な業界などで使われることが多いとされています。

「ペネトレーションプライシング」は価格を低く設定する戦略

高価格で市場に出すスキミングプライシングの対となる戦略に「ペネトレーションプライシング」があります。低価格で市場に出し、早期に市場シェアを獲得することを目指す価格戦略です。

新商品を出して、早期に利益を確保したい場合はスキミングプライシング、市場シェアを獲得したい場合はペネトレーションプライシングと、達成したい目的に合わせて価格戦略を選びましょう。

スキミングプライシングのメリット・デメリット

【メリット】導入期より多くの収益を得られる

商品を高価格で販売しているため、市場に導入し始めた導入期の頃から、1つあたりの収益を多く得られるというメリットがあります。そのため、研究費や広告費などの比較的高額とされる資金を早期に回収することができます。それらの資金を商品の改善のために使用するなど、効果的に資金を使うことができるでしょう。

【メリット】企業や商品のイメージを確立し、顧客を獲得できる

高価格で商品を販売することで、企業や商品に「高級である」というイメージを付与できます。多くの顧客にそのようなイメージが浸透し市場で確立すると、高価格でも購入してもらえる顧客層を獲得することができます。

【デメリット】競合が参入しやすくなる

商品の売価を高価格に設定するため、同じような商品・サービスを低価格で提供する競合企業が参入しやすいというデメリットがあります。

商品の選択肢が増えることで、安価な商品へと需要が流れ、自社の商品が選ばれにくくなるおそれもあるでしょう。競合が参入する前に顧客との強固な関係を築き、利益を得ておく必要があります。

スキミングプライシングを行なうための前提条件

高価格に見合う商品の質があること

スキミングプライシングは高価格で商品を販売し、早期で収益の確保を目指します。そのため、顧客に購入してもらうためには、価格に見合った質やサービスの担保が必要であるほか、デザインや機能の差別化ができていることが重要です。

高価格でも需要が見込めるもの

価格によって需要と供給が変化する「価格弾力性」が大きい商品・サービスは、スキミングプライシングが成功しにくいと言われています。なぜなら、高価格に設定すると需要が小さくなり、顧客に購入してもらえなくなるおそれがあるからです。

一方で、高価格でも顧客の需要が見込むことができる商品、つまり需要と供給の変化が小さいものは、高価格に設定しても購入してもらいやすいでしょう。また、あらかじめマーケティングリサーチを行ない、高価格に設定しても購入してくれる顧客が存在するのかを把握することも重要です。

スキミングプライシングの成功事例:Apple

スキミングプライシングの成功事例に、Appleがあります。
Appleの商品は独特なデザインや使いやすさを武器に差別化を実現し、高価格に見合う質を担保しているため、前提条件を達成していると言えます。

さらに、Appleの商品はブランドイメージが確立されているため、顧客の需要が減ることも少ないと考えられます。スキミングプライシングの条件を上手く活用していると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
スキミングプライシングは、新商品の価格を高く設定する価格戦略を指します。「高価格でも需要が見込めるもの」「他の商品との差別化を行なっているもの」という条件を意識すると成功する可能性が高くなるでしょう。この記事を参考にメリット・デメリットを把握し、スキミングプライシングに取り組んでみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!