この記事は 3 分で読めます

キャッチコピーの作り方とは?作成の手順とポイントを紹介します

URLをコピーする

商品やサービスの発売においてキャッチコピーの作成を依頼されたけれど、どのように行えばよいのか分からず悩んでいませんか?
今回は、キャッチコピーの作り方と作成する際のポイントを紹介します。

キャッチコピーの役割は、消費者の興味を引き出すこと

キャッチコピーとは、商品やサービスなどの告知や宣伝に用いられる文のことを指します。キャッチコピーの役割は、商品やサービスへの興味を引き出し、特定の印象を与え記憶に残すことです。
キャッチコピーは、消費者との最初の接点となります。例えば、Webサイトにおけるキャッチコピーは、サイトを読み進めてもらえるか、クリックしてもらえるかなど重要な分岐点となります。

キャッチコピーの作り方

  1. 広告の目的を決める
    キャッチコピーを使って広告でどのような目的を達成したいのか明確にします。
    「集客を増やす」「サイトへの訪問数を増やす」「サイトへのクリック率を増やす」など、目的が何なのかを明確にしましょう。
  2. ターゲットのリサーチを行う
    キャッチコピーを考える際には、ターゲットを設定し、どのようなメッセージが必要なのか明確にしましょう。
    多数の人に届けたいからといってターゲットがぶれてしまうと、せっかくのキャッチコピーがターゲットに届かなくなってしまいます。
  3. 売りたい商品のリサーチを行う
    売りたい商品のセールスポイントを見極めるために、商品のリサーチを行うことが重要です。
  4. 印象に残るキーワードを探す
    リサーチした商品情報を元に、設定したターゲットにとって印象に残る言葉はどのようなものか考えます。
    伝えたい言葉を複数入れるのではなく、一番伝えたいことに絞りましょう。
  5. テンプレートに当てはめながら作成する
    考えたキーワードを使い、考えたキーワードを使い、テンプレートに当てはめながらキャッチコピーを作成します。

    【ビフォーアフター型】
    商品の購入前後の様子をそのままキャッチコピーにします。商品を購入すればどのような結果が得られるのかを、キャッチコピーに入れる点がポイントです。
    例)「○○な私が、●●になったわけとは?」など

    【実績訴求型】
    実績をそのままキャッチコピーに入れる方法です。
    アピールできる実績がある場合に効果的なキャッチコピーです。
    例)「100万枚売れた○○」「5秒に1つ売れている」「有名モデル●●さんも愛用」など

キャッチコピーを作成する際のポイント

問題点を投げかけ、課題の解決方法を示す

消費者は、商品購入によって課題や悩みが解決できるのかを重要視しています。そのため、商品のセールスポイントだけをキャッチコピーに入れるのではなく、消費者に問題点を投げかけ解決方法を示すことが重要です。

例えば、「保湿力が従来の2倍にアップした化粧水」は、商品のメリットのみを提示しています。一方で「保湿力2倍アップ!あなたの肌を潤す化粧水」は、保湿力が高く肌を潤すというベネフィットを提示しています。商品を使用することにより、どのような課題が解決できるかを明確に提示しましょう。

意外性を出し好奇心を惹きつける

意外性のある言葉を用いキャッチコピーを作成すると、消費者の好奇心を引き出すことにつながります。思わず目に留まるような言い回しや、普通ではありえないような結果を入れることで興味を惹きつけられます。ただし、事実と異なると「景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)」などの法律に触れ、さらに誇大広告ろなり消費者の信用を失いかねないので、過激な表現になりすぎないよう注意しましょう。

具体的な数字を入れる

キャッチコピーに具体的な数字を入れることで、消費者の印象や記憶に残りやすいと言われています。例えば「成功率の高い事例を紹介」というキャッチコピーより「成功率90%以上の成功事例を紹介」の方が、消費者の印象に残りやすく興味を惹きつけられます。

さらに、数字の中でも特に素数が印象に残りやすいと言われています。素数とは、1とその数のみでしか割り切れない数字のことです。例)2,3,5,7,11,13,17,19,23など
例えば、「成功に導く10の要素を紹介」ではなく「成功に導く11の要素を紹介」とするキリの悪さが消費者の興味につながります。

覚えやすい文字数で作成する

一般的に消費者にとって印象に残るキャッチコピーは、15文字以内で作成されたものが多いと言われています。また、消費者は字数が多すぎるとキャッチコピーを覚えられません。10字~15文字程度の短い文章で作成するとリズムがよく口ずさみやすいため、覚えやすいキャッチコピーが作成できます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、キャッチコピーの作り方と作成する際のポイントを紹介しました。消費者の興味を引き出し、記憶に残るキャッチコピーを作成するためにこの記事を参考にしてみてください。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

業務効率を上げる営業・マーケティングツール「MA・SFA・CRM」

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

マーケティングおすすめの記事

2020年7月22日

【マーケティングに必須】市場分析とは?フレームワークも併せて紹介

2020年4月28日

製品戦略(プロダクト戦略)とは?具体的なフレームワークも紹介

2018年8月1日

無料のマーケティングオートメーション(MA)ツール4選!簡単に使いこなそう