イベント(展示会・説明会)

無料ウェビナーツール5選!低コスト・効果的な集客に最適

近頃、ウェビナーという言葉を耳にする機会は多いと思いますが、その意味やメリットはご存知ですか?また、ウェビナーの配信を行ってみたいが、有料のウェビナーツールは導入費用が高く、期待する費用対効果が得られるかどうか不安な方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ウェビナーの基本と無料でウェビナー配信ができるツール5選を紹介します。

ウェビナーとはウェブ上で行うセミナーのこと

ウェビナーとはウェブ(Web)とセミナー(Seminar)から成る造語で、ウェブ上で行うセミナーのことを表します。オンラインセミナーやWebセミナーと呼ばれることもあります。

また、ウェビナーではリアルタイム配信と事前に撮った映像を流す録画配信の2つの配信方法があります。

ウェビナーのメリット

開催者側は会場費がかからないことはもちろん、参加者も交通費などの移動コストがかからないといったメリットがあります。その他にも、主なメリットは以下の通りです。

開催者側
・日程を自由に決められる
・コストが抑えられる(会場が不要なため)
・場所を問わず開催できる
・撮影動画を再利用できる

参加者側
・交通費がかからない
・移動時間が不要
・質問するハードルが下がる

ウェビナーのデメリット

ウェビナーはオンラインで行うため、開催者側と参加者側の両方がネット環境を用意しなければならないというデメリットがあります。主なデメリットは以下の通りです。

開催者側
・回線トラブルのリスクがある
・参加者の反応や温度感が分かりにくい

参加者側
・ネット環境とITスキルが必要
・参加意欲が低くなる傾向がある
・周りとの交流の機会がない

特に回線トラブルが起こるとセミナーが止まってしまうので、何としても避けたいものです。回線トラブルを防ぐためには、回線が安定している場所で開催する、事前に配信テストを行うなどが必要です。またコミュニケーションがとりづらい問題に関しては、定期的にコメントを促したり質疑応答の時間を設けるなどの対策ができます。

メリットとデメリットを把握した上で、ウェビナーの開催を検討しましょう。

無料ウェビナーツール5選

Skype

https://www.skype.com/ja/

▼特徴
「Skype」は、Microsoft社が提供するインターネット通話サービスで、Skypeのアカウントをお持ちの方は、チャットや音声通話・ビデオ通話などを無料で利用することができます。Skypeのグループ通話では、最大25人での同時通話を行うことができます。

また、相手の顔を見ることができるグループビデオ通話であれば、最大10人のビデオを同時に共有しながら、ウェビナーを開催でき、グループ画面の共有も可能です。それ以外の人は音声を介して参加することもできます。

Google Meet

https://meet.google.com/

▼特徴
「Google Meet」は、Google社が提供するコミュニケーションサービスです。無料で最大60分、100人までビデオ機能を利用できます。また、チャットメッセージや画面の共有も可能です。

Webブラウザの他、スマートフォンやタブレットのアプリから接続できるため、非常に汎用性が高いサービスと言えます。また、Googleアカウントを持っていない人もURLにアクセスすることで参加できるので、参加者の事前登録などの負担が少なくて済みます。

Facebook Live

https://live.fb.com/

▼特徴
「Facebook live」とは、Facebook上のフォロワーや友達にライブ動画をシェアできる機能のことです。この機能は、Facebookアカウントさえあれば、一般ユーザーや著名アカウント、Facebookページに関わらず簡単に視聴・配信することができます。また、公開範囲を制限することも可能です。

ライブ配信動画は、配信中は投稿者のページまたはニュースフィードに表示され、配信後はページまたはプロフィールに動画として残り公開されます。そのためライブ配信を見逃してしまったフォロワーも後から視聴することが可能です。

また、Facebook内でコメントを書くことができるので、双方向のコミュニケーションが取れ、拡散されやすいという特徴もあります。ビジネスでの利用も多いFacebookが提供しているため、ビジネスにも応用できる可能性があります。

Youtube Live

https://www.youtube.com/live?hl=ja&gl=JP

▼特徴
「Youtube Live」は、無料動画サイトYoutubeにてライブ配信できる機能のことです。ウェビナーをライブ配信することはもちろん、配信後の動画はYoutube動画として保存されるというメリットもあります。また、配信する際にはGoogleアカウントが必要となりますが、視聴する側にアカウントは必要ありません。

一方で、Youtube Liveではウェビナーの配信中に視聴者が巻き戻しできるため、ライブ感が失われる可能性があります。

Zoom

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

▼特徴
「Zoom」はスマートフォンやパソコン、タブレットでビデオ会議ができるサービスです。このビデオ会議の機能をウェビナーに利用できます。無料で最大40分、100人までビデオ機能を利用できます。チャットメッセージや画面の共有が可能なほか、録画機能が使えるため、リアルタイム配信した動画を録画しておけば、録画配信として再利用することも可能です。

Zoomの利用にはアプリのインストールが必要なため、ウェビナーで利用する際には、参加者に対しインストール方法を事前にメールで説明することをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ビデオ通話を利用する「Skype」「Google Meet」「Zoom」、SNS内で配信する「Facebook Live」、動画サイトで配信する「Youtube Live」の5つを紹介しました。

無料での利用は個人向けのサービスが多いですが、無料でウェビナーを開催したい方は是非参考にしてみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!