この記事は 3 分で読めます

おすすめのフォーム作成ツールを紹介|メリットや選び方も解説します

URLをコピーする

Webフォームは企業と顧客を結ぶ窓口として、重要な役割を担っています。
しかし、「フォームを設置したいけど、どのツールを使えばいいのかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、フォーム作成ツールのメリットや選び方、おすすめツールを紹介します。

フォーム作成ツールのメリット

様々な種類のフォームを作成できる

フォーム作成ツールを利用すれば、以下のように様々な種類のフォームを作成できます。

  • 問い合わせフォーム
  • 会員登録フォーム
  • 資料請求フォーム
  • セミナー申し込みフォーム
  • キャンペーン応募フォーム
  • アンケートフォーム

企業が必要とするWebフォームの種類は様々ですが、フォーム作成ツールを利用すれば必要な項目を設定するだけで簡単に作成できます。

集計や管理がしやすい

多くのフォーム作成ツールには、フォームを作成する機能だけでなく、収集したデータを自動で集計・管理する機能が備わっています。収集したデータを人間の手で一つずつ数えるとなると大変な手間がかかる上、人的ミスを誘発してしまう可能性がありますが、フォーム作成ツールを利用することでこのようなリスクを抑制できます。

フォーム作成ツールの選び方

目的に合わせて選ぶ

フォーム作成ツールは、目的に合わせて選ぶのがおすすめです。テンプレートの種類や回答の分析機能の有無などはツールによって違うので、「何のためにフォーム作成をするのか」を明確にした上で選ぶようにしましょう。

例えば、質問数の多いアンケートの回収が目的の場合、いくつかのセクションに区切ったり、フォーム上部に進捗確認バーを設置できたりするツールを選ぶと、回答者が途中離脱するリスクを減らすことができます。

使いやすさを考慮して選ぶ

フォーム作成ツールを選ぶ際には、使いやすさを考慮して選ぶことも大切です。
フォーム入力するのに時間がかかったりアクセス可能なデバイスが限定的だったりすると、回答者はストレスを感じてしまいます。回答者にとっての使いやすさを考慮して、自動入力機能が搭載されていたり、マルチデバイスに対応しているフォーム作成ツールを選びましょう。また、フォームの作成側である企業にとっての使いやすさも重要です。編集のしやすさや分析画面の分かりやすさなどを事前に確認しておきましょう。

企業にとっても回答者にとっても使いやすいツールが望ましいです。

予算に見合った料金プランを選ぶ

フォーム作成ツールは無料のものから有料のものまで幅広く存在します。フォーム作成ツールを導入するための初期費用や維持・管理のランニングコストを考慮した上で、予算に見合った料金プランを選びましょう。

有料のフォーム作成ツールには、大きく分けてオンプレミス型とクラウド型の二種類があります。オンプレミス型は、自社のサーバー上に設置して運用する形式で、初期費用は高額ですが月額料金がかからないという特徴があります。その代わり、運用担当者の人件費やサーバー管理費といった費用は別途発生するため、注意が必要です。

一方クラウド型は、オンライン上で全ての管理を行うことができ、月額料金制をとっているサービスが多いです。機能や作成可能なフォーム数によって多様な料金プランが用意されており、予算に合わせた幅広い選択ができる点も強みです。

おすすめのフォーム作成ツール

Googleフォーム

(Googleフォーム:https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

Googleフォームは、Googleが提供する無料のフォーム作成ツールです。Googleドライブの容量(15GB)以内であれば、個人・団体を問わず様々な場面で活用できます。収集されたデータは棒グラフや円グラフで分かりやすく可視化されます。

formrun

(formrun:https://form.run/home

formrun(フォームラン)は、フォームの作成から顧客管理、問い合わせ対応までを一貫して行うことが可能です。必須項目の正誤判断機能や、郵便番号から自動で住所を入力する機能など、回答者が途中離脱しないような工夫が多くなされています。
情報セキュリティマネジメントについての国際規格「ISO 27001 (ISMS)」の認証を取得済みで、セキュリティ面にこだわりたい人におすすめです。

HubSpot

(HubSpot:https://www.hubspot.jp/

HubSpot(ハブスポット)は無料で利用できるCRMツールで、ドラック&ドロップを用いて初心者でも簡単にフォーム作成ができます。回答者への自動返信機能や複数の言語でのフォーム作成機能も搭載されています。
CRMとは「Customer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネジメント)」の略で、アプリケーションのジャンルでいうと顧客管理システムのことを指します。収集されたデータはCRMに蓄積され、最大100万件まで保存が可能なため、営業やマーケティング、カスタマーサービス、運用などの様々な場面で活用することが可能です。

マーケティングおすすめの記事

2020年7月22日

【マーケティングに必須】市場分析とは?フレームワークも併せて紹介

2020年4月28日

製品戦略(プロダクト戦略)とは?具体的なフレームワークも紹介

2018年8月1日

無料のマーケティングオートメーション(MA)ツール4選!簡単に使いこなそう