この記事は 2 分で読めます

マイクロコピーとは?目的や作成する際のポイントを解説

URLをコピーする

マイクロコピーという言葉をご存知ですか?マイクロコピーはユーザー体験を向上するために重要な文言で、コピーライティングの1種です。コピーライティングについては知っていてもマイクロコピーについてはあまりよく知らないという方も多いかと思います。
この記事では、マイクロコピーの意味や目的、作成する際のポイントを解説します。

マイクロコピーとは、Webサイトにおいてユーザーの行動を喚起する細部の文言のこと

マイクロコピーとは、Webサイトのボタンや問い合わせフォームなどに使用される、ユーザーの行動を喚起する細部の文言のことを指します。Webサイトにおけるユーザーの心理的障壁を下げ、行動を促進できます。具体的には以下のような場所に使用される文言です。

  • ボタン(送信、確認など)
  • ログイン画面
  • 通知
  • エラーメッセージ
  • 404ページ
  • 入力フォーム
  • 確認メッセージ

このようにマイクロコピーは大きく表示されるものではないため、その重要性については見過ごされがちです。しかし、Webサイトのユーザーの行動を左右し、ビジネス全体に大きな影響力を持つとされ、注目を集めています。

マイクロコピーの例:オバマ元大統領陣営のキャンペーンサイト

マイクロコピーが大きな効果を発揮した例として、アメリカ大統領選におけるオバマ元大統領陣営のキャンペーンサイトの改善が挙げられます。その内容は、メールマガジンの購読率を改善するために、サイトのアイキャッチ画像を変更し、購読ボタンを「sign up(購読する)」から「learn more(もっと詳しく知る)」へと変更したというものです。このマイクロコピーの変更によりクリック率は18%向上し、最終的には40.6%の改善に成功してオバマ元大統領の大統領選勝利への重要な貢献の1つとなりました。

マイクロコピーを作成する目的

ユーザーの不安やストレスを取り除くため

マイクロコピーに丁寧で親切な表現を使用することで、ユーザーの不安を取り除けます。ユーザーが不安に感じたり迷ったりすると考えられる部分に、あらかじめマイクロコピーを用いて対処しておくようにしましょう。不安やストレスが減少すれば、ユーザーは簡単にサイトを離れることがなくなり、より多くの登録へとつながります。

ユーザーの行動を促進するため

マイクロコピーで操作方法を説明したり、誘導したりすることでユーザーのサイト上での行動を促進できます。例として、商品やサービスの利用で得られる具体的なメリットや、どの操作を行えばよいのかなどを表示しておくことが挙げられます。このような内容の文言が一言添えられるだけで、ユーザーのモチベーションにつながります。

ブランドの個性を表現するため

ブランドの個性を表現するためにもマイクロコピーは有効です。表現に一貫性のあるマイクロコピーを用いるとユニークさなどを演出でき、ユーザーに親しみを感じてもらいやすくなります。また、マイクロコピーにより表現したブランドの個性がユーザーにとって好印象だった場合は、リピーターの増加にもつながる可能性があります。

マイクロコピーを作成する際のポイント

ユーザーの不安を和らげる表現にする

マイクロコピーの作成では丁寧で親切な表現を用いるように注意し、ユーザーの不安を和らげられるようにしましょう。特に、オンラインでの申し込みや購入は不安や心配を伴い、踏みとどまってしまうことが多いです。そう言った際には、例えば申し込みや購入を決定するボタンに「申し込みを確定する」のような文言を記しておくことで、そのボタンをクリックする際の不安を取り除けます。他にもユーザーが不安を抱くであろうと考えられる部分を探し、丁寧な表現を足しておくようにしましょう。

専門的な言葉はなるべく使用しないようにする

マイクロコピーには、ユーザーが分かりやすいようになるべく専門的な言葉は使用しないようにすることが大切です。マイクロコピーに分からない言葉が使われていると、ユーザーが不安を感じてサイトを離れてしまうおそれがあります。特にエラーページなどは不安を感じやすいため、何が起こったのかを分かりやすい言葉で説明したり、対処法をできる限り表示したりするようにしましょう。

前向きな言い回しを用いるようにする

マイクロコピーには、前向きな言い回しを用いるようにしましょう。特に、ユーザーはアンケートや必要情報の入力などを面倒に感じてしまいがちです。そのため、「あと1分で登録が完了します。」というようなポジティブでユーザーにとって有益な情報を添えて、ユーザーの行動を促進しましょう。

また、ユーザーが解約した際に「残念です。」のようなネガティブなマイクロコピーを表示するのではなく、再度契約してもらえるような前向きな言葉をマイクロコピーに用いることが大切です。

マーケティングおすすめの記事

2020年7月22日

【マーケティングに必須】市場分析とは?フレームワークも併せて紹介

2020年4月28日

製品戦略(プロダクト戦略)とは?具体的なフレームワークも紹介

2018年8月1日

無料のマーケティングオートメーション(MA)ツール4選!簡単に使いこなそう