この記事は 2 分で読めます

ヴェブレン効果の意味を解説|マーケティングへの活用方法も紹介

URLをコピーする

皆さんは「ヴェブレン効果」という言葉をご存知ですか?この言葉は消費行動に関する心理効果を表しており、マーケティングに活用することができます。
この記事では、ヴェブレン効果の意味や類似した効果との違い、マーケティングへの活用方法を解説します。

ヴェブレン効果とは、他人に見せびらかしたい心理によって購買意欲が上がる効果のこと

ヴェブレン効果とは、自己顕示欲によって購買意欲が上がる効果のことを指します。例えば、ハイブランドのバッグを身につけることで周囲から「お金持ちである」と思われたいという欲求から、購買意欲が向上します。

ヴェブレン効果は、アメリカの理論経済学者であるバーヴェイ・ライベンシュタイン氏が1950年の論文においてバンドワゴン効果、スノッブ効果とともに提唱した効果です。「ヴェブレン効果」という名前は、アメリカの経済学者であるソースティン・ヴェブレン氏が、1899年の論文において有閑階級の顕示的消費について言及したことに由来しています。有閑階級とは財産があり労働に就く必要のない階級であり、顕示的消費とは目立つために高級商品を購入する行動を指します。

ヴェブレン効果を引き起こす商品の条件

商品の価値が社会的に広く認められていること

ヴェブレン効果を引き起こすためには、商品自体に大多数が称賛する価値があることが必要です。誰も価値を知らない商品を購入しても、買った人の自己顕示欲は満たせないため、ヴェブレン効果を引き起こすことはできません。GUCCIなどの高級ブランド品のように誰もが価値を認識しており、所持するだけで自身のステータスを示せる商品である必要があります。

希少価値があり、価格が非常に高い商品であること

希少価値があり、値段が非常に高いものであればあるほどヴェブレン効果が強く現れます。高価であるほど購入できる人が限られるため、購入することで周囲からの羨望を得られます。このように価格が高い商品によって、購入者の自己顕示欲を満たせるため、ヴェブレン効果を引き起こすことができます。

マーケティングへのヴェブレン効果の活用方法

高い付加価値を付ける

「高級商品である」「限定商品である」といった付加価値を付けることで、誰もが欲しがるような商品にする必要があります。例えば、商品パッケージに高級感を持たせることが挙げられます。「素材を硬い材質にする」「色味をシンプルなものにする」「金や銀などの装飾を付ける」などの工夫によって、高級感を持たせ商品価値を高めましょう。

また、「メガネ=知性」というように商品にイメージを持たせることも効果的です。例えば、高級車メーカーであるフェラーリは創業からF1レースに出場して勝利することを重視しており、それによって車そのものにも「勝利」のイメージを付加しています。このように外見や会社のスタンスなどによって高い付加価値を付け、商品の価値を広めましょう

高級ブランドのポジションを確立する

高価格や希少性を持たせることで、手に入りづらい高級ブランドというポジションを確立しましょう。多くの人に希少な商品だと理解してもらうために、ストーリーテリングの手法を用いて商品の価値を上手く伝えることが重要です。ストーリーテリングとは、伝えたいコンセプトを想起させる物語を伝え、強く印象付ける手法です。高級ブランドの地位を確立するまでには非常に時間がかかりますが、地道に商品の価値を伝え続けましょう。

ストーリーテリングについて詳しく解説した記事もありますので、あわせてご覧ください。

合わせて読みたい記事
ストーリーテリングとは|商談でのプレゼン力を格段に上げるポイントを紹介商談の際、「あと一歩先方に印象づけることができたら、契約を取れたのに」という経験はありませんか?事実をただ伝えるだけでは相手の心を動かす...

類似する効果との違い

バンドワゴン効果

バンドワゴン効果とは、「みんなが持っていると自分も欲しくなる」という心理によって購買意欲が上がる効果のことです。ヒット商品ほど欲しくなるのは、この効果が作用しています。ヴェブレン効果とバンドワゴン効果は、商品の価値が社会的に広く認められていることによって起こる効果である点が同じです。しかし、自己顕示欲によって起こるヴェブレン効果とは異なり、バンドワゴン効果は同調意識の強さによって起き、商品の価格や価値は関係しません。

スノッブ効果

スノッブ効果は、「他人とは違うものが欲しい」という差別化欲求によって、商品の普及率が上がるほど購買意欲が下がる効果です。数量限定商品ほど欲しくなる現象は、スノッブ効果によるものです。ヴェブレン効果とスノッブ効果は、商品に希少価値があることで起こるという点が共通しています。しかし、スノッブ効果は自己顕示欲ではなく、差別化欲求によって起こる現象であることがヴェブレン効果との違いといえます。

マーケティングおすすめの記事

2020年7月22日

【マーケティングに必須】市場分析とは?フレームワークも併せて紹介

2020年4月28日

製品戦略(プロダクト戦略)とは?具体的なフレームワークも紹介

2018年8月1日

無料のマーケティングオートメーション(MA)ツール4選!簡単に使いこなそう