この記事は 2 分で読めます

ファンマーケティングとは|メリットや成功させるための手法を紹介

URLをコピーする

「ファンマーケティング」という用語をご存知ですか?これは、SNSの普及が進んだ現代において注目されているマーケティング手法の一つです。

この記事では、ファンマーケティングの意味やメリット・デメリット、成功させるための手法を紹介します。

ファンマーケティングとは、熱狂的なファンからの売り上げを拡大させる手法のこと

ファンマーケティングとは、商品・サービスの熱狂的なファンと密にコミュニケーションを取り、売り上げを拡大させるマーケティング手法を指します。自社や商品・サービスに愛着を持つ熱狂的なファンは、購買意欲も長期間持続するためブランドの乗り換えや解約をしにくく、周囲への口コミなどを通じて新規顧客を獲得する機会も創出してくれます。

これまででは、ロイヤルカスタマーをどれだけ増やせるかということが重視されていましたが、近年ではロイヤルカスタマーを超える熱狂的なファンという存在が注目されています。

ファンマーケティングは、「パレートの法則」に当てはめることができます。パレートの法則は「2:8の法則」とも呼ばれており、売り上げの大部分を全体の一部が生み出していることを表す法則です。

パレートの法則について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

合わせて読みたい記事
パレートの法則(2:8の法則)とは?重要な2割の要素を意識しよう!皆さんは、パレートの法則という言葉をご存知ですか?聞いたことはあるけれど、どういう法則なのかよく分かっていないという方もいらっしゃるので...

ファンマーケティングが注目されている背景

ファンマーケティングが注目されている背景として、インターネットやSNSの普及が進んだことが挙げられます。

かつて、顧客はテレビや雑誌などの受動的なメディアからしか情報を得ることができませんでした。しかし、インターネットやSNSが普及した現在では、情報を受け取るだけでなく、自ら発信することも可能になりました。これにより自社の熱狂的なファンが情報を口コミとして投稿し、新規顧客を獲得する機会を得られるようになったのです。

このような背景から、ファンマーケティングが注目されています。

ファンマーケティングのメリット

ファンの意見を反映できる

ファンマーケティングのメリットとして、ファンの意見やリアクションを商品・サービスに取り入れ、反映できるという点が挙げられます。ファンのリアルな意見を取り入れて商品・サービスを改善していくことで、購買意欲を持続させる効果もあります。

既存のファンがカスタマーサポートの役割を果たしてくれる

ファンマーケティングの一環としてファン同士が交流できるコミュニティを設けることで、既存のファンがカスタマーサポートとしての役割を自主的に担ってくれます。顧客同士が疑問点を質問・回答し合うことで、カスタマーサポートのコストを上昇させずクレームを未然に防止できるため、企業にとっては非常に大きなメリットであると言えます。

口コミや紹介による新規顧客の獲得が期待できる

ファンマーケティングを行うことで、既存のファンが投稿した口コミや紹介による新規顧客の獲得が期待できます。熱狂的なファンは、商品・サービスの魅力を自ら発信する傾向にあります。この傾向をうまく利用できれば、実際の利用者によって書き込まれた口コミを見た人に、商品・サービスを「利用してみたい」と思わせることが可能です。

ファンマーケティングのデメリット

短期的な利益は見込めない

ファンマーケティングのデメリットとして、短期的な利益は見込めないことが挙げられます。これは、熱狂的なファンになってもらうためにある程度時間がかかることを見越しておく必要があるからです。ファンマーケティングを取り入れる前に、商品・サービスのコンセプトをしっかり定着させ、顧客を引き寄せる魅力を高めておきましょう。

このようにファンマーケティングでは短期的な利益は期待できない一方で、長い目で見たときの利益を最大化できるというメリットにもなり得ることを理解しておきましょう。

新規顧客のためのマーケティングが手薄になる

ファンマーケティングのみに注力しすぎた場合のデメリットとして、新規顧客のためのマーケティングが手薄になるという懸念があります。ある程度のファンを獲得すると安定した事業運営が可能になりますが、その時点で新規顧客の獲得を諦めて既に獲得しているファンのためだけに運営する企業も存在します。このような運営になってしまえば、扱っている商品・サービスや、企業そのものの評価まで低下させてしまうおそれがあります。

これを避けるために、ファンマーケティングを行う際はファンとの距離感を保ち、関係性に注意を払いましょう。

ファンマーケティングを成功させるための手法

SNSやイベントなど、複数のタッチポイントを提供する

熱狂的なファンになり得るような顧客が特定のチャネルに集中しているとは限りません。また、「一つのチャネルしか利用しない」という顧客は珍しく、多くの顧客はSNSやオウンドメディア、リアルイベントといった複数のチャネルを行き来しています。

そのため、まずは顧客との関わりを持てるよう複数のタッチポイントを用意しましょう。複数のタッチポイントを提供することで、顧客の興味を引きつけてつながりを強固にするきっかけを作れます。

ファンが集まるコミュニティを作る

ファンマーケティングにおいて、ファンが集まるコミュニティを作ることも有効な手段です。具体的な方法として、自社のユーザーのみがアクセスできるSNSや、商品・サービス名を表に出さずにそれらと関わりのあるテーマについて話し合えるコミュニティの構築などが挙げられます。

このようにファンが集まるコミュニティを作ることで、ファン同士のつながりが強くなり、乗り換え・解約の未然防止や、ファンになる見込みがあるユーザーの育成が可能になります。

パーソナライズした情報を発信する

ファン一人ひとりの属性や趣味趣向に合わせて、パーソナライズした情報を発信することも大切です。パーソナライズした情報を発信するためには、顧客の情報を収集・管理し、共通の特徴を持つ人々ごとにセグメント化する必要があります。これによって、必要な人に必要な情報が提供できます。

マーケティングおすすめの記事

2020年7月22日

【マーケティングに必須】市場分析とは?フレームワークも併せて紹介

2020年4月28日

製品戦略(プロダクト戦略)とは?具体的なフレームワークも紹介

2018年8月1日

無料のマーケティングオートメーション(MA)ツール4選!簡単に使いこなそう