この記事は 3 分で読めます

【基本解説】市場規模とは|調査方法と算出方法を紹介

URLをコピーする

市場規模の算出方法はご存知ですか?事業計画の立案や新規事業への参入を行う際に、市場規模を知りたい方は多いかと思います。
今回は市場規模の概要や調査方法と算出方法を紹介します。

市場規模とは、ある市場における年間の商取引総額のこと

市場規模とは、ある市場における年間商取引総額のことです。市場規模を知ることで、販売価格や販売数量、市場環境や競合他社の参入状況、市場の特徴・傾向などを把握しやすくなります。

また、見込み利益を判断する際にも役立ち、事業計画の立案や新規参入の参考にできます。

市場規模の調査方法

各省庁のレポートを利用する

市場規模を調査する際には、各省庁が無料で提供しているレポートを利用することが一般的です。各省庁のレポートはデータ量が多いため、省庁がデータを集計し発表するまでには時間が掛かる点を考慮しておかなければなりません。

代表的な各省庁のレポートには、以下のものがあります。

「法人企業統計調査」
法人企業統計調査は、企業の実態を把握するために行われている調査です。各企業の損益計算書や賃借対象表をもとに作成され、市場での売上高や利益の増減などを把握する際に役立ちます。
(財務省 法人企業統計調査:https://www.mof.go.jp/pri/reference/ssc/index.htm

「工業統計調査」
工業統計調査は、日本国内の産業ごとの実態を把握するために行われている調査です。事業所数や従業員数、製造品出荷額などを地域別ごとに把握できます。
(経済産業省 工業統計調査:https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/kougyo/index.html

業界団体のレポートを利用する

業界団体が発表しているレポートを利用する方法もあります。自動車業界や建設業界、不動産業界など規模が大きい業界は、複数の団体が調査データを発表しているので参考にするとよいでしょう。また、業界レポートは各省庁のレポートよりも早く公開されることが多いため、最新の業界動向を把握する際に役立ちます。

代表的な業界団体のレポートには、以下のものがあります。

民間調査会社のレポートを利用する

民間調査会社のレポートは有料のものもありますが、各省庁が出しているレポートよりも調査業界の領域が広く詳細な場合が多いため、必要に応じて利用するとよいでしょう。また、各省庁や業界団体などのレポートを収集して、各産業の市場規模を可視化した市場規模マップを発表しているサイトもあります。(出典「市場規模マップ」(visualizing.info):https://stat.visualizing.info/msm

代表的な民間調査会社のレポートには、以下のものがあります。

市場規模の算出方法

市場規模を調べる際、経費を割けない場合や調べたい市場に業界団体がない場合には、自分で市場規模を算出することもできます。

特定企業の売上高と業界シェアから算出する

業界内の特定の企業が売上高とシェアを明らかにしている場合は、市場規模を以下の式から算出することができます。

売上高 ÷ 業界シェア = 市場規模

例えば、A社の売上高が1億円、業界シェアが25%の場合には、1億円÷0.25=4億円になり市場規模は4億円ということが分かります。

顧客数と顧客単価から算出する

売上高と業界シェアが不明な際には、業界全体の顧客数と顧客単価による以下の式を用いて市場規模を算出することもできます。

顧客数 × 顧客単価 = 市場規模

例えば、業界全体の顧客数が5,000万人で顧客単価が5,000円の場合、5,000万人×5,000円=2,500億円になり市場規模は2,500億円と推定できます。

もし、求めている市場の数値が明らかでない場合、必要な数値を大まかに推測して算出しましょう。

マーケティングおすすめの記事

2020年7月22日

【マーケティングに必須】市場分析とは?フレームワークも併せて紹介

2020年4月28日

製品戦略(プロダクト戦略)とは?具体的なフレームワークも紹介

2018年8月1日

無料のマーケティングオートメーション(MA)ツール4選!簡単に使いこなそう