BtoBマーケティング

ニューロマーケティングとは?顧客のホンネを引きだす方法を紹介!

みなさん、ニューロマーケティングという言葉を耳にしたことはありますか?
ニューロマーケティングという言葉は聞いたことがあるけれど、まだまだ行っている企業は少ない為、実際に何から行えばよいか分からない方も多いのではないでしょうか?

今回は、聞いたことはあるけど使い方がよく分からないニューロマーケティングのメリットや必要な情報など、基本を紹介していきます。

脳科学を利用したニューロマーケティングとは?

ニューロマーケティングとは、従来のアンケートやインタビューなど顧客へのリサーチだけでは読み取ることが難しい無意識から生じる行動を、視線の動きや表情の変化などから分析しマーケティングに応用する手法です。

脳の動きを分析することで、従来のアンケートやインタビューでは得られない客観的で正確な情報を得ることができるため、属人化しないマーケティングが行えるようになります。

ニューロマーケティングでは顧客の興味を読みとることが重要

では、具体的にどのような情報が必要なのでしょうか?ニューロマーケティングで顧客の興味を読みとる基本的な方法をいくつか紹介します。

アイトラッキングで視線から興味を読みとる

人間の視線がどこを、どのように、いつ見ているかの動きを計測する方法です。
消費者が広告や商品を見たときの視線を読み取る(アイトラッキング・視線計測)ことで、広告や商品・サービスのどの部分に興味を持っているかを計測することができます。アイトラッキングを行うことで、広告やPOP、パンフレットなどの販促物の効果測定や、商品・パッケージデザインの開発につなげることができます。

表情認識で感情から興味を読みとる

目や唇および眉毛などの動きから、表情や感情を読みとる表情認識という方法です。
広告や商品を見た時の表情を読みとることで、商品・サービスに対してどの程度興味を持っているか、また満足しているかを読みとります。

fMRIで脳神経の反応から興味を読みとる

MRIの技術を用いて、脳の反応や活動を可視化するfMRI(エフエムアールアイ)という技術を活用します。
脳の神経活動を読みとり反応を分析することで、商品・サービスに対しての無意識的な感情が分かります。計測したデータから顧客の買物行動やCM評価、製品評価を行うことができ、広告開発や戦略立案などに活用できます。

このような情報を、従来のマーケティング手法とあわせて使うことで、より消費者にあった効果的なマーケティングが行えるようになります。

ニューロマーケティングの導入は専門機関への外部委託が一般的

ニューロマーケティングは、一般的に外部機関に依頼して実施することが一般的です。

白鶴酒造株式会社は、他社に委託しニューロマーケティングを行っています。また、花王株式会社は専門機関と提携する形で研究を行っています。
中には、株式会社博報堂のように社内でプロジェクトを発足させ研究を行う場合もありますが、設備投資が必要であったり専門性が高いことから導入・調査コストが従来のマーケティング手法に比べ膨大なものになります。

こういったコストの観点から、自社で行うよりも専門的な設備や技術を持っている専門機関への委託が一般的となっています。

ニューロマーケティングの今後の課題とは

ニューロマーケティングは人間の脳の動きを調査し研究や分析を行うため、倫理感や安全面に関して細心の注意を払うことが必要となります。
また、専門的な知識や技術が必要なことから、人材が不足しているのが現状です。人材育成のための環境整備が今後必要になってくるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

脳科学を利用したマーケティング方法をうまく利用し人間のホンネを読みとくことで、効果的なマーケティングが行えるようになります。
ぜひ、参考にしてみてください!