マーケティング戦略

ロングテールとは?メイン商品に依存せず売上を安定させよう!

みなさん、「ロングテール」という言葉をご存じでしょうか?聞いたことはあるけど具体的にどのような意味なのか、どのように使うのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか?

今回は、マーケターなら知っておきたい「ロングテール」の意味とポイントを紹介していきます。

ロングテールとは、売れない商品で売上を安定させるWeb販売戦略のこと

ロングテールとは、アメリカのWired誌編集長のクリス・アンダーソンが提唱した売上の法則のことです。主にWeb販売において、販売機会の少ないニッチな商品の売上合計が売れ筋のメイン商品の売上を上回る現象のことをいいます。

売れ筋商品とその他商品の売上をグラフにしたとき、グラフの形が恐竜のしっぽ(テール)のように見え、テールの部分が長く大きく伸びていく形からロングテールと呼ばれています。

ロングテール戦略のメリットとは?

ブームや競合商品に影響されにくい

ビジネスにおいて、売上の80%は上位20%の売れ筋商品がが生み出しているという「パレートの法則(80:20の法則)」があります。

しかし、売れ筋商品の販売にばかり注力しすぎると、その商品やサービスのブームが終わってしまったり競合商品が出てきた場合、消費者の購買意欲が低下し売上も落ちてしまいます。

パレートの法則に則った販売戦略のほうが一般的ですが、売れていない商品にも注目しロングテール戦略を効果的に取り入れることで、たとえ売れ筋商品で売上がとれなくなった時でも長期的、安定的に売上を維持することができます。

集客につながる

ECサイトでは、検索エンジンを使い消費者自身が検索し、いつでも商品を見ることができます。商品やサービスの個別ページを作るのは時間とコストがかかりますが、ページ数が多ければ多いほどWebサイトへの入り口が増えることになります。

そうすることで、サイト全体のアクセス数が増え、一度作成したページは長期的に商品やサービスを求めている消費者を集めることができます。

ロングテール戦略の成功事例

豊富な品揃えで他社に差をつける「Amazon」

Amazonが他のECサイトを圧倒している点は、需要が少なく売れない商品も取り扱う圧倒的な商品の品揃えです。

書籍を例にとっても、専門書からコミックまで幅広い客層とニーズにこたえる商品を取り揃え売上をのばしています。

あまり知られていない曲を取り扱うApple「iTunes Store」

Appleの「iTunes Store」では、世間にあまり知られていない流通量の少ないアーティストの楽曲も提供しています。

需要が少なく1年に数回の販売機会しかない商品でも、幅広く取り扱うことで大きな売上が得られます。

ロングテール戦略を成功に導くポイント

検索順位があがるホームページ作り

ロングテール戦略の鍵は検索エンジンを通じての集客です。Googleなどの検索エンジンに評価される必要がありますが、改善を行ってから成果が出るまでには時間がかかります。長期的に安定した売上につなげるためには、検索順位が上がるホームページを作ることがポイントです。

検索順位を上げるためには、消費者にとって役立つ情報やコンテンツの提供を心がけましょう。また、商品が見やすく選びやすいページにすることでユーザビリティが高くなり、検索順位の向上が期待できます。

定期的にページ更新を行う仕組み作り

定期的にメルマガを送ったりSNSで発信することで消費者へサイトへの再訪を促します。そのために、メルマガやSNSのネタ作りとしてページを定期的に更新することが必要です。定期的にページを更新する仕組みを作り、消費者が必要としている商品情報を常に届けることがポイントです。

「スタッフブログを書く」「定期的に商品やサービスを追加する」「ライターをつかって情報追加する」などの情報を定期的に更新する仕組みを作りましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ロングテール戦略を活用することで、長期的に安定した売上の獲得が期待できます。ぜひ、実行してみてください!

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!