PR・広報

【売上アップ!】販促ツールの種類や効果的な選び方を紹介

販促ツールと聞くと、POPやチラシをイメージするのではないでしょうか。しかし、販促ツールにはWebサイトなども含まれており、多岐にわたります。自社の商品やサービスに合う販促ツールを選ぶと、売上を伸ばすことに繋がります。

今回は、販促ツールの目的や種類、選び方を紹介します!

販促ツールとは、消費者の購買意欲を高めるためのツール

販促ツールとはPOPやチラシなどの、消費者の購買意欲を高め購買を促すために使用するツールです。他にも、カタログやWebサイト、商品とセットで配布される試供品、展示会で配布するノベルティなども販促ツールの一種です。

販促ツールの目的

顧客に「認知」してもらう

販促ツールを使用する目的のひとつには、自社について「認知」してもらうことが挙げられます。自社の商品を認知していない顧客に対して、認知するきっかけを与え、次回購入する際の候補に加わるよう促します。

購買意欲を高め、売上を伸ばす

商品を既に認知している顧客に対しては、販促ツールを使用することで顧客に自社の商品を選ぶ動機付けを行えるため、購買意欲を高められます。

例えば、パソコンが並んでいるとしましょう。その中で、ある商品のPOPに「最安値!」と書かれていれば、価格を安く抑えたいと考えている顧客が購入すると考えられます。

販促ツールの種類

  • POP

店舗内で、企業が特に売りたい商品の近くに置いている販促ツールです。キャッチコピーや商品の特徴が書かれているものが多く、顧客の購買意欲を後押しし、売上に繋げることができます。作成コストが低く、店舗内での入れ替えも簡単にできるというメリットがあります。

  • カタログ・チラシ

商品についての情報が多く掲載されているカタログやチラシは、顧客に認知してもらう際にも、購買意欲を高める際にも使用できます。また対面販売では、カタログを使用しながら顧客の課題に合った商品を提案することもできます。
さらに、新聞の折り込みチラシは比較的安価で作成でき、エリアマーケティングにもよく使用されています。

  • Webサイト

企業サイトや商品の専用サイトには、詳細な情報を掲載することで顧客の購買意欲を高められます。
また、問い合わせページやECサイトなどを設けることで、Web上での販売手段としても利用できます

  • メールマガジン

メールマガジンはWebサイトにアクセスさせるための導線です。メールマガジンの内容で興味を引き、詳細はWebサイトに見に行ってもらう流れを作りましょう。そのため、顧客が開封したくなるメールマガジンの件名や内容を作成することが重要です。

  • 試供品・ノベルティ

配付された試供品を顧客が気に入った場合、商品の購入に繋がることが期待できます。
また、展示会などで社名の入ったボールペンを配布するノベルティも、顧客に企業や商品を認知させるという点で有効です。

  • クーポン券・ポイントカード

次回購入する際に割引されるクーポン券やポイントカードも販促ツールのひとつです。商品を購入した顧客をリピーター化させる役割を持ち、継続的な売上に繋がります。

販促ツールは5W2Hで効果的に選ぶ

多くの種類がある販促ツールから、自社の商品・サービスに合ったものを選ぶ必要があります。

そこで、5W2Hの「What(何を)」「When(いつ)」「Where(どこで)」「Who(誰に)」「Why(何のために)」「How(どのように)」「How much(いくらで)」に沿って、選びましょう。

(例)調理雑貨の売上を伸ばす

  • What(何を)・・・調理雑貨
  • When(いつ)・・・3月中
  • Where(どこで)・・・店内での特設エリア
  • Who(誰に)・・・新生活を始める人、一人暮らしの人
  • Why(何のために)・・・新商品のPRを行い、売上を伸ばすため
  • How(どのように)・・・店内でのPOPとチラシ
  • How much(いくらで)・・・1万円

例では、調理雑貨の売上増加を目標としています。
店舗で販促ツールを使用する場合、「What」「When」「Where」「How much」は前提条件として決まっているでしょう。その上で、「Who」「Why」「How」を考える必要があります。
今回は、費用が1万円で実店舗にて3月中に調理雑貨の販売促進活動を行う、と定められています。その上で、新生活を始める人を対象に設定し、新商品のPRを行うためには、安価で製作できるPOPとチラシが有効であると選定しました。

このように5W2Hに沿って販促ツールを選ぶことで、選んだツールの目的が明確になります。また、売上の効果測定を計る際にも安易になるメリットもあります。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は販促ツールについて紹介しました。多岐にわたる販促ツールの中から、5W2Hに当てはめ、自社の商品やサービスに合ったツールを選び、売上に繋げましょう!

 

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!