メールマーケティング

メルマガの効果とは?そのメリットと成果がでる方法を紹介

メルマガはEメールの普及と共に広まったマーケティングの手法です。
昨今はSNSが発展していることから、その効果が疑問視されることもあり、実際のところどうなのか、と疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。
今回はそんな疑問を解消すべく、メルマガの効果からメリットや方法までを解説していきます。

メルマガは、他の媒体と組み合わせることでまだまだ効果的に使えるツール

結論から言えば、メルマガにはまだまだ効果があります。
確かにSNSが発達し、以前に比べると効果が薄くなっているのは事実ですが、顧客との間において重要なツールであることに変わりはありません。

多くのECサイトが、販促において最新のツールを導入しながら、同時にメルマガも活用しています。
最近ではDMと組み合わせる戦略などが注目されていますが、ほかにもSNSなど別の媒体と組み合わせて有効に活用することでより効果を生むツールと言えます。

メルマガのメリット

低コストでの運用が可能

メルマガは、必要なシステムやツールが安価で利用でき(場合によっては必要ないこともあります)、運用にかかるコストがDMや広告などに比べて低くなります。
ですから、比較的気軽に導入したり、ほかのツールと併用したりすることができます。

見込み客の育成に活用できる

リードナーチャリング(見込み客育成)では長い期間かつ継続的に多くのリード(見込み客)へアプローチすることが重要です。

その場合、メルマガは定期的に見込み客に対して有益な情報を届けることでアプローチができるため、最適なツールと言えます。
メルマガによって継続したコミュニケーションを働きかけることで、見込み客の企業に対するイメージの向上や関係構築に繋がります。

また、開封率やクリック率を分析することで顧客ニーズを把握することも可能です。

他のWebコンテンツや広告に比べて自由度が高い

Webコンテンツや広告、SNSなども情報発信において重要なツールですが、これらはコストがかかったりコンテンツの形式やボリュームに制限があったりする場合が多くなっています。

その点、メルマガなら形式に制限はなく、内容も自由に個性を出しながら発信できます。
また、広告などと違い、伝えたい情報をいつでも好きなタイミングでユーザーに届けることができます。

メルマガの成果を出すためには?

ユーザーが読みたい内容を心がける

メルマガにおける基本は「ユーザーにとって有益な情報を届けること」です。

たとえばユーザーが自社サイトでチェックしていた商品の入荷や、お得なクーポンの情報など、ユーザーが知って得をする内容であることが重要です。
自社の宣伝ばかりしたり、意味もなく多くのメルマガを送りつけたりしていれば、ユーザーはすぐに購読を解除してしまいます。

また、メール全体の読みやすさも大切なポイントです。最近はスマートフォンなどでメールを受信する人も多いことから、パソコンでしか見られない仕様になっていないかも注意しましょう。

配信のスケジュールや時間はあらかじめ決めておく

メルマガはただ送ればいいものではなく、配信するタイミングや時間帯もあらかじめ決めておく必要があります。

メルマガを配信するタイミングは、サイトの情報を更新する時や、商品もしくはサービスを売り出す直前など、その都度状況を鑑みて効果的な時期を見極めましょう。

定期メルマガの場合は、テスト配信を行うなどして、ユーザーの開封率が高い曜日や時間帯を把握するのがおすすめです。

ツールを導入して効果測定をきちんとする

メルマガの配信の際、マーケティングオートメーション(MA)ツールやメールシステムを導入することで、開封率やクリック率などを把握できます。

その結果を使って効果測定をきちんと行うことで、どのような内容やタイミングが自社のユーザーに効果的なのかわかります。
メルマガは結果を受けての改善もしやすいので、すぐに配信に反映させてブラッシュアップしていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
メルマガは手軽に始めることのできる販促ツールです。ユーザーにとって得となる情報を適切に届け、他のコンテンツと組み合わせることで効果的に使いましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!