イベント(展示会・説明会)

セミナー集客の基本|オンライン・オフラインでの集客法とコツを紹介

セミナーの集客をやってみたものの、うまく人が集まらずに悩んだことはありませんか?
また、初めてセミナー集客を任されたものの、どのような集客方法があるのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

今回はセミナーへの集客について、オンライン・オフラインそれぞれの集客法や集客のコツを紹介します。

見込み顧客に効率的にアプローチできるオンライン集客

オンラインでの集客のメリットは、広い範囲の見込み客に効率的にアプローチできることです。

SNSでの集客

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSを利用した集客は、既存のフォロワーから見込み客を見出せる可能性が高いです。また、投稿が拡散されることでより広い範囲のユーザーにアプローチできます。

さらに、有料のSNS広告を用いれば不特定多数に対して集客を行うことも可能です。

メルマガ

自社でメルマガを配信している場合なら、メルマガでセミナーの情報を発信することも有効です。メルマガを購読しているユーザーと企業間では既に信頼関係が築けているため、よりセミナーに呼び込みやすい集客方法だといえます。

メルマガでの集客を行う際は、セミナーに参加することのメリットや、「初参加の方も歓迎します」「現在〇名の方が参加する予定です」のような参加のハードルを下げる文言をメールに記載しましょう。

ポータルサイトへの登録

セミナーやイベントの集客に用いられるポータルサイトに登録すれば、外部の見込み客にもアプローチできます。また、サイトによってはセミナーの申し込みから当日の運営までを管理できるものも存在します。セミナーの運営管理が楽になるのもポータルサイトに登録するメリットです。

ポータルサイトには無料のもの・有料のものがあるので、必要な機能や予算と相談して利用するサイトを決めましょう。

ランディングページの作成

セミナーへの集客を行うためのランディングページを自社で作成するのも方法のひとつです。ランディングページとは、SNS広告やバナー広告などから誘導した先のページのことです。

セミナーの概要や日時などを記載し、申し込みまで行える独立したページを用意しましょう。

リスティング広告

リスティング広告とは、インターネットの検索エンジンに、検索内容と関連した広告を表示するものです。よりセミナーに関心を持ちそうなユーザーに絞ってアプローチできるため、効率的な宣伝が可能です。

既存顧客に直接アプローチするオフライン集客

オフラインの集客では、主に既存顧客に対して直接アプローチしていくことになります。会社が所有している顧客リストや、交換した名刺などを利用しましょう。オフラインの集客には、次のようなメリットがあります。

直接アプローチするため、ターゲット層を絞りやすい
自分たちの手を動かすため、外注費よりもコストが抑えられる

オンラインでの集客とも組み合わせれば、より効果的な集客ができるでしょう。

DMやFAX、テレアポ

DMの郵送やメール、FAXなどにより、保有しているリスト上の顧客に個別にアプローチすることができます。よりセミナーに興味を持ってくれそうな顧客に直接アプローチできるため、1件当たりの効果が高い集客方法です。

時間や人手に余裕があれば、テレアポや訪問での宣伝も有効でしょう。

チラシ

新聞の折り込みチラシや郵便物に同封するチラシなどがあり、安価で大量に発送できることが特徴です。DMなどに比べて広範囲にアプローチできるほか、配布先の範囲も調整できます。

セミナー集客のコツ

適切な集客方法を選ぶだけでなく、セミナーの開催に当たってもいくつかの点に注意することで、より参加してもらいやすいセミナーになります。

参加しやすい日時に開催する

社会人にとって参加しやすい日時に開催しなければ、セミナーの周知に成功しても参加者が集まることはないでしょう。一般的には、土曜日が最も人を集めやすいと言われています。

また、ターゲットがサラリーマンの場合は火・水・木の夜、主婦の場合は平日の昼頃が人を集めやすいです。

コンセプトを明確にする

セミナーのコンセプトを明確にしておくことで、顧客がより具体的に興味を持ってくれるようになります。また、ターゲット層も明確にしておくと、より高い集客効果が見込めます。

セミナーのコンセプト・ターゲットが何かを顧客に伝えるには、セミナーのタイトルも重要です。タイトルのつけ方については、次の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
セミナータイトルで集客が変わる!興味を引くタイトル構成要素を紹介セミナーを開催しているけれど、集客が変わらず悩んでいませんか? セミナーのタイトルを少し工夫するだけで、集客力を上げることができる...

リマインドメールを送る

セミナーに興味を持っても、開催日時を忘れて参加し損ねてしまう、といった方も存在します。興味を持ってくれた人が確実に参加してくれるように、開催が近くなったらリマインドメールを送るようにしましょう

参加特典を付ける

参加特典を付けることで、セミナー参加への動機づけを行うことも有効です。過去にセミナーに参加してくれた人を優遇する、といったことも考えられます。

直前まで集客を続ける

セミナーの参加者は直前まで集まります。諦めずに集客を続けることも大事です。

 

まとめ

いかがでしたか?

オンライン・オフラインの集客には、それぞれのメリットが存在します。

自社に必要な集客方法を選び、セミナー開催のコツも抑えて集客を成功させましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!