経営戦略・事業戦略

VRIO分析を経営に役立てるために|分析の手順と注意点を解説

VRIO分析という言葉をご存知ですか?
これはビジネスに役立つフレームワークのひとつで、経営やマーケティングの指針を立てる際に活用することができます。

今回はVRIO分析について、分析の手順や注意点を解説します。

VRIO分析は、自社の強みと競争優位性を見極めるためのフレームワーク

VRIO分析は、自社の持つ経営資源を評価して、強みや競争優位性がどこにあるのかを見極めることができるフレームワークです。
自社のアピールポイントとなる強みや、課題となっている弱みの所在を明らかにすることで、経営やマーケティングに反映させられます。

VRIO分析では、次の4つの観点から経営資源の評価を行います。

Value(経済価値)

1つ目の観点はValue(経済価値)です。ここでの経済価値は単に金銭に換算できるものではなく、「売上に貢献しているか」に加えて「ビジネスチャンスをうまくとらえることができるか」「外部からの脅威を無力化できるものであるか」という観点から経営資源を評価します

Rarity(希少性)

2つ目の観点はRarity(希少性)です。より具体的に言えば、「その経営資源をコントロールできるのは少数の企業であるか?」という視点で経営資源の希少性を評価します

Imitability(模倣困難性)

3つ目の観点はImitability(模倣困難性)です。他社が真似をすることが難しい経営資源であれば、より市場での価値が高くなります。
模倣困難性は、次の4つの点から評価します。

歴史的要因:手に入れるのに長い年月が必要である、歴史的な経緯がある
因果の曖昧さ:経路が不明確である、偶然の要素が絡んでいる
社会・政治による複雑さ:社会情勢や政治的要素が複雑に関係している
特許などによる制約:特許権などの法律による保護がある

Organization(組織)

4つ目の観点はOrganization(組織)です。ここでは、保有している経営資源を最大限に活用できる組織であるかという点から評価を行います。
より具体的に言えば、経営資源を活用するために必要な組織的な方針・手続きなどが整っているかを評価します。

VRIO分析の手順

VRIO分析では、Value→Rarity→Imitability→Organizationの順に評価を行います。それぞれの項目にYesかNoで答え、Yesの場合にのみ次の項目の評価に進みます。

分析の具体例

VRIO分析では、経営資源をバリューチェーン(事業活動の機能)ごとに分類して評価を行います。

バリューチェーン 経営資源 経営資源の強み V R I O 競争優位性
購買 原材料 安定した供給がある Yes No 競争均衡
開発 開発力 高い企画・開発力
特許も取得
Yes Yes Yes Yes 持続的な
競争優位

(経営資源の最大活用)
広報 広告戦略 商品の情報がSNSで拡散
様々なメディアに掲載
Yes Yes Yes No 持続的な
競争優位
流通 流通ライン 幅広い販売先を確保 Yes No 競争均衡

このような分析を行うことで、自社の経営やマーケティングの方針を考えることができます。
この例でいえば、高い開発力は収益の基盤となるだけではなく、対外的なアピールポイントとすることもできます。また、広告戦略については競争力がありますが、SNSでの拡散には一時的な要素も含まれるため、より持続的に効果的な広告を出すための仕組みづくりが課題となります。

VRIO分析における注意点

外部環境の評価はできない

VRIO分析は企業の持つ経営資源を分析するものであり、業を取り巻く外部環境を評価することはできません
外部環境を分析するためには、3C分析などの他のフレームワークを用いることや、似た環境にある他社と比較することが必要です。

3C分析については、次の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
市場分析に欠かせない3C分析のやり方とコツとは?皆さん、3C分析はご存知でしょうか?3C分析は非常に有名なビジネスフレームワークであり、ご存知の方は多いのではないでしょうか。しかし、有...

優位性があると判断された経営資源でも、その優位性が持続するとは限らない

一度優位性があると判断された経営資源であっても、顧客の価値基準や外部環境が変化すると優位性が失われる恐れがあります。自社の経営資源以外の要素についても確認を怠らず、時代に合わせた判断を行うことが必要です。

 

まとめ

いかがでしたか?

VRIO分析は、自社の持つ開発力・流通力などの経営資源が、市場でどの程度の優位性を持っているかを図るための指標です。

ぜひこの記事を参考に、VRIO分析を経営やマーケティングに取り入れてみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!