1to1マーケティング

【簡単解説】パーソナライズとは?ビジネスでの活用例も紹介

「パーソナライズ」という言葉を聞いたことはありますか?なんとなく知っていても、きちんと説明できる方は少ないかもしれません。実は、ビジネスの場面で多く活用されており、日常生活の中でも知らないうちにパーソナライズの影響を受けていることがあります。

今回は、パーソナライズの概要やビジネスでの活用例を紹介します。

パーソナライズとは、一人ひとりの興味・関心に合わせて最適化したサービスを提供する仕組み

パーソナライズとは、すべての人に同じサービスではなく、顧客一人ひとりの興味・関心に合わせて最適化したサービスを提供する仕組みを指します。

ビジネスの場面では、顧客ごとに営業方法を変えたり、アプローチの仕方を変える手法などがパーソナライズに当たります。顧客に合わせて最適な手法を取ることは、成約率や売上高の向上に効果的です。

マスコミュニケーションだけでは、顧客に情報を伝えられない

これまでのマーケティングでは、テレビや新聞などのマスコミュニケーションを活用していました。つまり、同じ情報を一斉に多くの人に伝えていたのです。
しかし、インターネットが普及した現代では顧客自身がより多くの情報を得られるようになり、商品の情報を伝えるためにはマスコミュニケーションだけでは不十分になりました。

そこで、注目されたのがパーソナライズです。同じ情報を伝えるのではなく、顧客一人ひとりに合わせたコミュニケーションを取り、情報を発信することで多様化したニーズに対応できます。また、顧客との関係性を強めることも可能です。

カスタマイズとの違いは「誰が主導するのか」

パーソナライズと似たような言葉に「カスタマイズ」があります。カスタマイズとは、ユーザー個人がみずから設定・変更することです。例えば、SNSのミュート機能や特定の通知をみずから設定することなどは、カスタマイズと言えるでしょう。

パーソナライズとの違いは「誰が主導をして、選択をするのか」という部分です。カスタマイズはユーザー個人が主導し、パーソナライズはサービスを提供する企業側が主導しています。

カスタマイズ パーソナライズ
主導する人・モノ ユーザー・顧客 サービス、アプリ・企業

ビジネスでのパーソナライズの活用例

BtoB:営業活動の効率化

パーソナライズはBtoBでも活用できます。顧客のニーズは状況に応じて様々です。そのため、顧客に応じてメルマガの配信内容や営業活動を変えると、効率的にビジネスが行えます。
例えば、 以前取引した顧客に新商品の情報をメルマガの内容などに記載したり、営業の際に聞いていた課題を解決する情報を届けたりすると、効果的でしょう。また、営業活動が効率的になるだけでなく、顧客ロイヤリティの向上も見込めます。

BtoC:Web広告・SNS広告

Web広告では、検索履歴などを利用してユーザーごとに広告が表示されます。ユーザーの興味・関心に合わせて広告を表示することで、目に留まったり、思わずクリックしてしまったりする可能性が高まります。

SNS広告でもWeb広告と同じような仕組みが使われています。例えば、Twitterでは、広告表示にフォローの履歴や検索履歴が活用されています。そのため、広告を出稿するターゲットをあらかじめ絞り込んでおくことで、効果的に広告を発信できます。

BtoC:ECサイト

ECサイトで買い物をしていると「あなたにおすすめの商品」「他にもこのような商品を購入しています」と表示されるのを見たことがあるでしょう。これは、登録している年齢や性別、購入履歴、商品の閲覧履歴を分析し、同時購入率の高い商品や関連性の高い商品を割り出し、表示しています。商品はユーザーそれぞれによって違うため、パーソナライズが活用されていると言えます。

パーソナライズには、MA(マーケティングオートメーション)が効果的

パーソナライズを活用するためには、顧客一人ひとりを知る必要があります。その際に効果的なツールがMA(マーケティングオートメーション)です。MAの機能には、見込み客の管理やアクセス解析などがあります。そのため、顧客ごとの状況を知ることができ、それに合わせたアプローチを行えます。

また、パーソナライズを行うためには、マーケティング部門と営業部門が共通認識を持っておくことが重要です。情報を共有するためにも、MAは効果的でしょう。以下のページにおすすめMAツールを紹介しているので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
おすすめのBtoB向けMAツール(マーケティングオートメーション)を6つ紹介MAツールといっても、機能・価格、使いやすさや導入しやすさなどそれぞれ特徴が大きく異なります。 しかしそれぞれの特徴や、どのMAツール...

 

まとめ

いかがでしたか?
顧客一人ひとりに最適化する仕組みを、パーソナライズと言います。インターネットが普及し、情報が増えた現代に効果的です。BtoBおよびBtoCのどちらにも活用できるので、意識して見てみるといいでしょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!