業務改革・改善

「名刺管理アプリ」5つを簡単比較|選ぶ際のポイントも紹介

ビジネスの場面で名刺交換をしていると、「いつのまにか枚数が増えて、管理できなくなってしまった……」という経験がある方も多いのではないでしょうか。その際に活用できるのが、名刺管理アプリです。無料で利用できるものや、法人向けのサービスなど様々な種類があります。

今回は、名刺管理アプリを選ぶ際のポイントやおすすめのサービスを紹介します。

名刺管理アプリを導入することで得られる効果

名刺情報の一元化・検索が容易にできる

名刺を紙のまま保管しておくと、検索することができず有効に活用できない場合があります。そこで、名刺管理アプリを活用すると、名刺をデータ化することができます。そうすると、社内で一元管理ができ、検索も簡単にできるようになります。営業活動の重複などを避けることが可能となるでしょう。

スマートフォンやタブレットからでもアクセスできる

名刺管理アプリはスマートフォンやタブレット、パソコンなど様々なデバイスからアクセスできるため、外出先でも名刺情報を閲覧・登録できます。また、社員が名刺を紛失するというリスクも低減できるでしょう。

名刺管理アプリを選ぶ際のポイント

登録できる枚数を把握しておく

名刺管理アプリには無料で使えるものが多くあります。その際に確認しておくべきなのが、名刺を登録できる枚数です。サービスによっては、登録枚数に上限が設けられている場合があります。
「今現在、どの程度の枚数を所持しているのか」「今後、どの程度増える予定があるのか」を考えて、必要な枚数を確認をしておきましょう。

他のアプリやシステムとの連携性を確認する

名刺管理アプリによっては、CRM・SFAツール、電話帳などの他のシステムと連携できるサービスがあります。

例えば、名刺管理アプリで登録した顧客情報をCRMツールと連携することで、顧客管理を行えます。このように自社で利用しているシステムと連携すると、作業の効率が向上します。サービスを選ぶ際に、自社が利用しているサービスとの連携性を重視して選ぶのもいいでしょう。

情報漏洩のリスクに気を付ける

名刺に記載されている情報は個人情報です。情報が漏洩してしまうと取引先・顧客に迷惑をかけ、企業の信頼を失うことになります。
そのため、プライバシーマークの有無やユーザー数の多さなど、信頼できるサービスを選びましょう。

名刺管理アプリ おすすめ5選

  • Eight・Sansan

(出典:Eight→https://8card.net/・Sansan→https://jp.sansan.com/

どちらも「Sansan株式会社」が提供している名刺管理アプリです。Eightは個人利用を目的とした名刺管理アプリです。個人向けビジネスSNSとしての機能も持ち、転職の際などに活用できます。
一方で、Sansanは名刺情報を企業の資産として活用することを目的としています。そのため、人脈共有やメールの配信機能があります。名刺管理アプリで自社・自分が何をしたいのか、どのような目的で使いたいのかに応じて使い分けましょう。

  • myBridge

(出典:https://jp.mybridge.com/home

myBridgeはLINE株式会社が提供する名刺管理アプリです。登録できる名刺の枚数に上限がなく、すべての機能が無料で使えます。LINEのトーク上で名刺情報を共有したり、Excelのファイルでダウンロードしたりすることも可能です。また、国際規格を取得(ISO27001・ISO27701)しているため、比較的安心して利用できるでしょう。

  • Wantedly People

(出典:https://people.wantedly.com/

WantedlyPeopleの最大の特徴は、10枚の名刺を1度に撮影できる点です。そのまま自動でデータ化・登録できるため、1枚ずつ撮影する手間が省けます。また、名刺にある個人情報はスマートフォンの連絡先と同期したり、CSVに保存してExcelに書き出したりすることができます。

  • CAMCARD

(出典:https://www.camcard.jp/

CAMCARDというサービスは、個人向けの「CAMCARD」と法人向けの「CAMCARD Business」に分けられています。光学文字認識技術によって名刺をスキャンする方法で、16か国語に対応しています。さらに、SalesforceやGoogle Contactなどの外部サービスと連携している点も特徴の一つです。

  • World Card Mobile Lite

(出典:GooglePlay→https://play.google.com/store/apps/details?id=com.penpower.bcr.worldcard.japanese.lite&hl=ja
AppStore→https://apps.apple.com/jp/app/worldcard-mobile-lite-%E5%90%8D%E5%88%BA%E8%AA%8D%E8%AD%98%E7%AE%A1%E7%90%86/id369323525

World Card Movile Liteというアプリは、25か国語に対応しています。そのため、海外出張が多いビジネスパーソンや、グローバル企業に所属している人におすすめです。また、Google ContactやFacebook、Linkedinなどに連携できます。

 

まとめ

いかがでしたか?
名刺管理アプリを活用すると、大量の紙の名刺を整理することができます。自社が採用している他のシステムとの連携性やセキュリティ面を比較して、目的に合ったサービスを選んでみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!