営業スキルアップ

「営業職がつまらない!」と感じる理由・脱却する方法を紹介します

営業職を担っているビジネスパーソンの中には、「営業活動はつまらない」と思っている方もいるのではないでしょうか。確かに営業活動は他の業務よりも「つまらない」と感じる理由が多いのかもしれません。しかし、方法によっては「つまらない」という考え方を脱却できる可能性もあります。

今回は、「営業職・営業活動はつまらない」と感じる理由・その考えから脱却する方法を紹介します。

営業がつまらない理由

商品が売れず、ノルマを達成できない

営業職は、ノルマの達成具合などの成果を示す数字が評価の大部分を占めることが多いとも言われています。そのため、商品が売れずノルマの数値を達成できないことが続くと、プレッシャーを抱えてしまい、営業活動がつまらなく感じる原因にもなるでしょう。

コミュニケーションがうまく取れない

コミュニケーションがうまく取れないことで、営業職をつまらないと感じてしまうおそれもあります。営業活動は性格が大きく関係するとも言われている職種です。顧客はもちろん様々な取引先と関わるため、コミュニケーションを取るのが性格上苦手であると、ストレスを感じてしまうでしょう。

ルーティンワークが多く、キャリアアップにも不安を感じる

営業活動はルーティンワークがほとんどです。特に、メーカー営業などに多い「ルート営業」は、ルーティンワークが多くあります。そのため、仕事内容に慣れると楽に感じる一方で、新たな刺激を受けにくく、つまらないと感じてしまうおそれがあります。

さらに、毎日同じ業務を繰り返していると、スキルアップなどの成長性や将来性に疑問を感じることもあるでしょう。

職場環境に問題がある

営業職がつまらない、と感じてしまうのは職場内の人間関係や評価制度に問題がある場合もあります。例えば、評価基準に問題がある場合や、評価内容がブラックボックスで見えない場合などは、自身の成果を正当に評価してもらえていないと感じてしまうおそれがあるでしょう。

また、顧客にスケジュールを合わせなければいけない場合もあり、勤務時間が不規則になってしまうこともあります。不規則な状態が続く環境であれば、上司に相談したり、転職を考えるのもひとつの手でしょう。

「営業がつまらない」から脱却する方法

商品の売り方を変える

営業職は商品・サービスを売る仕事ですが、ただ売るのではなく、顧客が持つニーズや課題を見つけ解決することを意識しましょう。自分が売っている商品で本当に顧客の課題を解決できるのか、という見方です。できないならば、他の企業を紹介し、信頼を向上させるのもひとつの手です。

また、個人で売るのではなく、チーム・企業で売上を伸ばすという意識も重要です。成績のいい営業パーソンにコツを聞くなど、チーム全体を巻き込みましょう。成績が悪いことや営業が難しいことで悩んでいるのは自分だけではないと感じられ、メンタル面でも効果的です。

業務の中で楽しい部分・つまらない部分を分解する

営業職の業務を分解することも、「つまらない」から脱却する方法のひとつです。例えば、「プレゼンなど人と話すのは楽しいけど、事前の準備や職場環境がつまらない。」としましょう。このように考えると、業務すべてがつまらないわけではないと明確になります。
実は、つまらないと感じている原因は仕事内容だけではなく他にもあるかもしれません。一度考えてみてください。

副業に挑戦する

営業職だけでなく、副業で他の仕事も行い視野を広げるのも効果的です。営業職のルーティンワークの中では得られない、新しい知見・スキルなどを身に着けられる可能性もあります。また、気分転換にもなり、メリハリもつくようになるでしょう。

ただし、企業によっては、副業を認めていないこともあるので注意が必要です。

職場環境を変える

転職をして職場環境を変えるのも、ひとつの手です。
ただし、転職する際には「本当に転職で、営業職がつまらないという悩みを解消できるのか」ということを考えておく必要があります。営業職の業務そのものが苦手なのに、職場を変えて営業職に転職しても同じことになると予想されるからです。以下のように転職する理由を明確にして、理由に応じて転職先を考えるといいでしょう。

営業活動は好き、職場環境が悪い 他の営業職・インサイドセールスなど
営業活動そのものが苦手 企画職・人事などの職種を変える

 

まとめ

いかがでしたか?
営業職がつまらない、と感じている原因は業務だけでなく様々なものがあります。自分の状況と照らし合わせて、脱却する方法を見つけてみましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!