組織マネジメント

「常務」の仕事とは?専務の仕事との違いも併せて紹介

「常務という言葉はよく耳にするが、何をしている役職なのか分からない」という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、常務の仕事内容や一般社員との違いなどを紹介します。

「常務」は多くの場合、常務取締役のことを指す

一般的に「常務」は、「常務取締役」の略称として用いられる言葉です。常務取締役は、社長を補佐して会社の日常業務を担当する役職であり、従業員の日常業務の監督が主な仕事内容です。

常務執行役員のことを指す場合もある

多くの場合、「常務=常務取締役」と考えて問題ありません。しかし、常務という言葉が「常務執行役員」の略称として用いられるときもあります。

常務取締役は株主総会や社長からの推薦によって選任される取締役であるのに対し、常務執行役員は取締役会で選任される執行役員です。また、取締役は会社の意志決定における中枢を担う立場にあるのに対して、執行役員は取締役会の決定事項を執行する立場にあるという違いがあります。

必ずしも企業に存在するわけではない

会社の組織は、「会社法」という法律に則って定める必要があります。取締役は会社法に定められた役職であり、会社に必ず設置しなければいけませんが、常務は会社法に定められた役職ではありません。よって常務を設置するか否かは会社ごとの判断に任せられるため、中には常務という役職がない会社も存在します。

「常務」と「専務」の違い

社員に近いのが「常務」、社長に近いのが「専務」

「常務」に似た役職として「専務」があります。両者は混同されがちですが、明確な違いがあります。常務は日常業務の執行にあたり社長を補佐する一方で、専務は会社の業務全体を管理・監督するほか、社長不在時に社長業務の代行を行う場合もあるなど、会社の運営にあたって社長を補佐します。

そのため、日常業務の執行を管理する常務は社員に近い存在であり、会社全体を管理する専務は社長に近い存在であるといえます。

上下関係は社則によって決定される

常務や専務は会社法に定められた役職ではないため、明確にどちらが高い地位にあるかは決まっていません。常務と専務の上下関係は、それぞれの社則に従って会社ごとに定められています。一般的には、専務が常務よりも高い地位にいる場合が多いです。

組織の中ではNO.5であることが多い

会社における序列は、「会長、社長、副社長、専務取締役、常務取締役、役職なしの取締役、執行役員、一般社員」の順番であることが一般的です。この序列に従って考えると、常務取締役はNo.5の立ち位置であるといえます。

会社における主な役職の詳細を知りたい方は、以下の記事を参照してください。

あわせて読みたい
代表的な役職の順番を解説!それぞれの役割や英語の役職も紹介します企業には、組織形態に合わせて数多くの役職が存在します。自社の役職を把握するのはもちろん、時には取引先の役職や英語で表記される役職を覚えな...

常務と一般社員との違い

給与ではなく役員報酬が支給される

常務取締役は、一般社員のように会社と雇用契約を結んだ従業員ではなく、役員として使用者の立場にいます。そのため、一般社員のような給与ではなく、株主総会などによって定められた役員報酬という形で報酬を得ることになります。

役員報酬は一般社員への給与よりも比較的高額である場合が多いですが、一般社員のような別途の残業代は支払われません。業務量に比例して報酬が増えないという点においても、一般社員と常務への待遇は異なります。

労働基準法が適用されない

常務取締役は労働者ではなく使用者の立場にあるため、労働基準法が適用されません。そのため、業務に関連して怪我を負ったり病気にかかったとしても、一般社員のように労災は適用されません。そのため個人で保険に入っておくなど、自分でリスクに備える必要があります。

まとめ

いかがでしたか?常務は法律に定められた役職ではありませんが、多くの会社で設置されている役職で、業務執行に関する管理や監督を行います。今回紹介したポイントを参考に、常務という役職に対する理解を深めましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!