組織マネジメント

トップマネジメントに求められるスキルとは?役割と共に解説

トップマネジメントは社内において重要なポジションですが、実際の業務内容や役割について知らない方も多いのではないでしょうか。

今回はトップマネジメントに求められるスキルや役割について解説します。

トップマネジメントとは組織において経営方針を決定する管理層のこと

トップマネジメントとは、企業などの組織における最高経営層のことを指します。具体的な役割としては、主に企業の経営全般に関する意思決定を担っています。トップマネジメントは取締役会からなる場合や、社長や副社長などの数人で構成される場合など、組織によって様々です。

ミドルマネジメントやロワーマネジメントとの違い

トップマネジメントとしばしば共に取り上げられる役職としてミドルマネジメントとロワーマネジメントがあります。

  • ミドルマネジメント
    部長や課長などの中間管理職を指す。
    トップマネジメントの命令や判断を事業に反映し、部下に指示を出す役割を持つ。
  • ロワーマネジメント
    現場監督や主任およびチームリーダーなどの監督者層を指す。
    現場を取り仕切り管理する役割を持つ。

トップマネジメントは、ミドルマネジメントおよびロワーマネジメントと比べて、経営に関わる業務を行なう機会が多く、会社全体に関わる責任を持つ立場にあるといえます。

トップマネジメントが担う役割

経営戦略や組織戦略の検討

トップマネジメントは「社会に対してどのような価値提供を行なっていくべきか」などの経営理念を決定し、自社の根幹事業や今後参入していく市場の決定といった経営戦略を立てます。また、事業を展開していくために適切な人材および資金が配置されているかなどの組織戦略も検討する役割を持ちます。

トップマネジメントの決定が会社の経営方針に直結するため、トップマネジメントは会社の舵取り役と言えるでしょう。

リスクマネジメント

会社に大きな損害を与える問題が発生した際に、トップマネジメントが先頭に立って行動する必要があります。被害を最小限に抑えるためのスピーディな立案が期待されます。その上で再発を防止するための施策を打ち出していく役割を担います。

また、そのような問題が起こらないように、日頃から会社の危機管理を徹底しておくことが求められます。

組織体制の構築・人材育成

組織戦略を実行するための組織体制の構築や人材の育成も、トップマネジメントの役割です。トップマネジメントには、今後トップマネジメントとしての役割を果たせる人材の育成が求められます。

また、社員が個々の能力を発揮し成長を続けられるような組織の構築も重要です。

社外との交渉

顧客や取引先、株主などのステークホルダーとの交渉および良好な関係性の維持や、メディアとの連携など、社外との交渉もトップマネジメントの役割です。会社の理念や方針を決定しているトップマネジメントが交渉することで、今後の展望を見据えた話し合いができるため説得力があり、信頼の上昇につながる可能性が高いというメリットもあります。

トップマネジメントに求められるスキル

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルとは、知識や情報を組み合わせて複雑な事象を体系的に理解して概念化し、本質を突き止めるスキルのことを指します。職位が上がるほど、コンセプチュアルスキルが求められる割合は大きくなると言われており、トップマネジメントには非常に重要なスキルです。コンセプチュアルスキルを構成する能力には以下のようなものがあります。

  • ロジカルシンキング・・・物事を論理的に考える能力
  • ラテラルシンキング・・・自由に発想する能力
  • クリティカルシンキング・・・批判的に分析する
  • 多面的視野・・・多角的に物事を見る能力
  • 柔軟性・・・変化に対し臨機応変に対応する能力
  • 受容性・・・新しいものや未知なものを拒絶せず受け入れる能力
  • 知的好奇心・・・未知なものに興味を示し積極的に吸収する能力
  • 探求心・・・問題に対し妥協せず、深くまで追求できる能力
  • 応用力・・・知識や技術を別の機会に役立てる能力
  • 洞察力・・・物事を分析し本質を見極める能力
  • 直観力・・・ひらめきを用いて対応する能力
  • チャレンジ精神・・・未経験の課題でも積極的に挑戦する能力
  • 俯瞰力・・・物事を広い視点でとらえて全体像を把握する能力
  • 先見性・・・今後の動向を予測できる能力

コンセプチュアルスキルは地頭の良さと言われることもありますが、訓練の仕方によっては鍛えることができます。まずは自分の得意な能力・不得意な能力を分析してみましょう。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルとは、良好な人間関係を構築して円滑に組織運営を進めるスキルのことです。ヒューマンスキルを構成する要素の中で、トップマネジメントに求められるのは、リーダーシップやコミュニケーション力、カリスマ性だと言われています。

テクニカルスキル

テクニカルスキルとは、業務を遂行するための技術や知識のことです。具体的には自社サービスに関する専門的な知識、資格などを指すので、会社や業種によって必要な知識は異なります。自社で必要なテクニカルスキルを把握していない場合は一度調べてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

トップマネジメントは会社の方向性を決定する重要な役職であり、コンセプチュアルスキルなど、様々なスキルが必要とされます。この記事を参考にトップマネジメントに関する知識を深めましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!