組織マネジメント

マネージャーの役割と必要なスキルとは|マネージャー職の種類も解説

マネージャーという言葉は馴染み深いものですが、どのような働きをする役職なのかを明確に理解している人は少ないかと思います。そこで今回は、マネージャーの役割やマネージャー職の種類、マネージャーになるために必要な能力を解説します。

マネージャーとは「会社や組織を管理・運営し、成果を上げる責任を担う人」である

マネージャーとは「会社や組織の管理・運営を行い、会社の目標達成に貢献するために、部下をまとめて施策を実行させる人」です。部下の育成や仕事の割り当て、フィードバックなどを行います。マネージャーには、部下が最大限のパフォーマンスを発揮できるようにサポートすることが求められます

マネージャーに似た言葉にリーダーがありますが、リーダーの役割は「具体的な目標を達成するために、組織のトップに立って部下を指揮し先導すること」であり、自らが現場で業務を行うという点で一般的なマネージャーとは異なります

マネージャーの役割

組織の管理・マネジメントを行う

マネージャーの役割のひとつは、組織の管理・マネジメントを行うことです。業務の進捗管理や部下の勤怠管理に加え、モチベーションを維持させることも求められます。そのためには、部下とのコミュニケーションを絶えずとり続け、日頃から様子を伺うことが重要です。
また、危険を予測し未然に防ぐリスクマネジメントや、起こった問題を最低限の被害に抑えるクライシスマネジメントも行います。

組織の目標を立て実行する

会社の経営方針に基づいて、組織が成し遂げるべきことを考え目標と方向性を決めます。そして、その目標を達成するために具体的な施策を立て、部下に仕事を割り当てて実行させます。施策を実行するなかで、組織の方向性がブレないように常に管理し続けることも重要な役割です。

人材を育成し昇進させる

組織の発展には、そこに所属する全人材の成長が必要不可欠であり、部下を育成することもマネージャーの役割のひとつです。知識やスキルを部下に教示することだけでなく、部下のスキルに合った仕事を適切に割り当てることも、部下の成長に大切な要因となります。
スキルの高い人材に役不足な仕事を与えてもモチベーションは上がりませんし、経験の少ない人材に高難度な仕事を振ってしまうと心が折れて完遂できない事態が起こる可能性があります。

さらに、実績のある部下を昇進させることもマネージャーの役割です。部下の成果を適切に評価し、自身の上司に正確に報告することが求められます。公平な評価が行われなければ、部下のモチベーションが下がってしまいます。

組織の代表として責任を持つ

マネージャーは組織の代表であり、部下を引っ張る立ち位置にあります。自分のやるべきことを真面目に取り組み、部下の見本とならなければなりません。また、部下が失敗したときには自らが責任を負い、謝罪することも必要となります。部下からの尊敬や信頼がない上司には、誰もついてきてはくれません。

マネージャー職の種類

ゼネラルマネジャー

ゼネラルマネージャーとは、管理職の中でも役員のような上位に位置するものを指し、会社の経営方針や重要事項の意思決定を行います。また、資産の投資に関する決定や、各部署への仕事・人員の配当もゼネラルマネージャーの役割です。そのほか、組織の業務に対する監督なども行います。

エリアマネージャー

エリアマネージャーとは、担当エリアの支店や店舗を管理し、売り上げ向上の実現に取り組む役職です。本社の指示を担当エリアに伝達したり、逆に担当エリアについて経営陣に現状報告したりする役割を担っています。そのほか、担当エリアの支店や店舗の責任者を教育することもエリアマネージャーの業務内容のひとつです。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、あるプロジェクトの管理を全面的に担う役職で、予算や品質および納期などの管理・調整を行います。また、プロジェクトチームの編成をしたり、チーム内での信頼関係を築くのをサポートしたりもします。プロジェクトの終了後にはチームにレビューをして、今後の活動につなげていくことも重要な役割です。

プレイングマネージャー

プレイングマネージャーとは、マネジメントなどの管理職の仕事を遂行しながら、プレイヤーの1人として現場で業務に取り組む役職です。組織の指揮を執りながらも、自身で成果を上げて部下を引っ張る役割を担います。どちらの業務も疎かにしてはいけないので、プレイングマネージャーにはバランス感覚が求められます

マネージャーに求められる能力

現状を把握するための洞察力と分析力

マネージャーは組織の目標や方向性を決めるために、組織の力量や抱える問題などの現状を把握しておかなければいけません。また、目標と進捗状況から逆算して、ペース配分などをその都度練り直すことも求められます。

そのためには、率いる組織を理解するための洞察力や、データを読み取るための分析力が必要です。これらの能力は、部下の不調の原因を探るときや、部下を適切に評価するときにも役に立ちます。

迅速に組織を動かすための判断力と決断力

組織にとっての重大事項には急を要するものが多々あります。また、マネージャーが自信をもって決断できなければ、部下も集中して仕事に取り組むことができません。したがって、組織が何をすべきかを考える判断力と、目標や施策を迅速に決定する決断力がマネージャーには求められます

人から信用を得るための力

マネージャーには、部下がついていきたいと思えるほどの人望の厚さを持ち合わせていなければなりません。率先して仕事に取り組み、自らが成果を上げるのはもちろん、部下とコミュニケーションをとって信用を得ることも非常に重要です。また、部下の失敗や責任も背負って素直に謝れるという誠実さも、部下を惹きつけるのに不可欠な要因です。

まとめ

いかがでしたか?

マネージャの役割には、組織のマネジメントや人材の育成に加え、組織の目標を達成させることや代表として責任を果たすことなどがあります。マネージャー職を目指すならば、その役目を果たすためにも、洞察力や分析力を磨くことや、部下からの信用を得られるような行動をとることを心掛けましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!