組織マネジメント

ミドルマネジメントの役割とは|中間管理職の負担を減らす施策も紹介

ミドルマネジメント(中間管理者層)は、会社の中でも経営陣と業務現場を結び付ける重要な役割を果たします。しかし、業務に対する責任が重い分、ミドルマネジメントにかかる負担は大きいため、それを減らすことが課題となっています。
そこで今回は、ミドルマネジメントの本来の役割や、ミドルマネジメントにかかる負担、それを減らすための施策を解説します。

ミドルマネジメントとは、経営陣と業務現場のパイプ役を担う立場にある管理職のこと

ミドルマネジメント(中間管理者層)とは「会社の経営方針に沿った目標を達成できるように、現場をまとめて業務を実行させる役職」であり、一般には部長や課長が当てはまります。会社の経営方針に基づいた目標を立て、現場に指示を出して業務の監督を行います。

また、経営陣の意向を部下に伝えたり、逆に現場の業務の進捗状況を経営陣に報告したりする、パイプの役目も担っています

ミドルマネジメントの役割

トップマネジメントの経営を補佐する

ミドルマネジメントの役割のひとつは、会社の意思決定権をもつトップマネジメント(社長や役員など)の経営補佐を行うことです。会社の経営方針に基づいた目標を設定したり、目標を達成するための施策を立案したりします。また、現場の進捗状況や経営資源の報告をして、経営活動が円滑に行われるようにサポートします

自分の統轄する組織の役目を把握することや、経営方針に基づく適切な目標を素早く立てることが求められるため、ミドルマネジメントには分析力や判断力がなければなりません

ロワーマネジメントの業務執行を指示し管理する

設定した目標を達成するために、現場の指揮官であるロワーマネジメント(係長や主任など)に、業務執行の指示を行うこともミドルマネジメントの役割です。また、業務が計画通りに進んでいるか監督し、問題があれば改善策を講じて修正させるといった管理も行います。

部下をまとめるには、周囲からの人望が厚くなければなりません。説得力のある説明をするためのロジカルシンキングが求められるほか、日頃からコミュニケーションをとって部下のケアを行うことで信用を得る必要があります。

最近では、現場の業務を自ら遂行しつつ部下への業務指示を出して指揮を執るプレイングマネージャーの役割も期待されつつあります。どちらの立場としても機能しなければならないため、プレイングマネージャーにはバランス感覚が求められます

部門や課の間で連携をとる

上司や部下との縦の関係をつなぐだけでなく、他の部署や課の部長ならびに課長とも連携をとって調整を図ることも重要です。一部の組織の調子が良くても他が悪ければ、会社として成功を収めることは難しいので、互いに情報を共有したり資源を割り当てたりするなどの調整が求められます。

部下を育成し昇進させる

部下が成長して昇進するために、育成して適切に評価することもミドルマネジメントの重要な役割です。場合によっては、部下の実績を上司に報告することが必要なときもあります。部下をスキル面や実績面で正当に評価し、モチベーションを高めることが大切です。

ミドルマネジメントに生じうる負担

業務に対する責任の大きさと報酬・評価が見合わない

ミドルマネジメントは、求められている役割が多く責任も多いわりに、与えられる報酬や評価がそれに見合わないという問題がよく見受けられます。このことが原因で、優秀な人材がミドルマネジメントの役職に就いてくれないということも多々あります。

経営陣と現場で軋轢が生じたときに板挟みになる

経営陣と現場の人材は直接かかわる機会が多くはありません。そのために、経営陣と現場で意見が食い違ったとき、パイプ役であるミドルマネジメントは板挟みになってしまいます。このとき、ミドルマネジメントには大きな精神的負担がかかるため、なかには鬱病にかかってしまう人もいるというのが現状です。

ミドルマネジメントの負担を減らすための施策

重要度の高い業務を十分に行える環境を整える

ミドルマネジメントの中には、雑務などが多すぎて本来の役目であるマネジメントに時間を割けないという人が多くいます。それを防ぐために、定期的に業務内容を確認し、無駄な業務をなくして、重要度の高い業務を行える環境を整えましょう。質の高い業務に取り組むことができれば、ミドルマネジメントのモチベーションも上がります。

コミュニケーションをとる時間を増やし、縦のつながりを強くする

ミドルマネジメントが経営陣と現場のパイプ役として機能するには、上司や部下との間に信頼関係がなければなりません。信頼関係があれば、現場に精通しているミドルマネジメントの意見を経営陣も取り入れやすく、会社の経営方針が現場に浸透しやすいため、ミドルマネジメントが板挟みになる可能性が低くなります。

ミドルマネジメントが上司や部下とコミュニケーションをとる時間を増やし、縦のつながりが強まるような環境を整えましょう

まとめ

いかがでしたか?

ミドルマネジメントの役割は、経営陣と業務現場を結び付けることや、組織間で連携をとること、部下を育成することです。ミドルマネジメントの負担を減らすために、ミドルマネジメントが本来の業務を十分に行える環境を整え、信頼関係が築ける時間を確保することが非常に重要です。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!