経営戦略・事業戦略

ベンチャー企業とは何か?スタートアップ企業などとの違いも解説

よく聞く「ベンチャー企業」という言葉、その意味や定義をきちんと説明できますか?「普通の企業とは何が違うのか?」「スタートアップ企業との違いは?」など、知ってるようで知らないことが意外と多いのではないでしょうか。

今回はベンチャー企業の定義から、スタートアップ企業との違いや、ベンチャー企業で働くメリット・デメリットまでを簡単に解説していきます。

ベンチャー企業とは、新しいサービスやビジネスを展開する企業

ベンチャー企業とは、独自のアイデアや発想を元に、既存の事業ではなく新しいサービスやビジネスを展開する企業です。最新技術や新たなビジネスモデルを追求し、価値創造を目指していく企業を指します。

基本的に成長過程にあり、投資会社や公的機関から援助を受けていることも多いです。企業規模はほとんどが小規模から中規模となり、従業員数も非常に少ない場合があります。

「スタートアップ企業」や「メガベンチャー」も、ベンチャー企業の一種

「スタートアップ企業」や「メガベンチャー」などの単語もよく耳にしたことがあるかもしれません。これらもベンチャー企業の一種で、それぞれに特徴があります。

「スタートアップ企業」は、ベンチャー企業の中でも、事業の新規性が高く急成長している企業のこと

「スタートアップ企業」とは、ベンチャー企業の中でも創業から数年ほどの短期間で急速に成長を遂げている企業を指します。同時に、事業の新規性が高く、今までにないビジネスモデルである点も特徴です。

また、企業といってもその形態は様々であり、そもそも法人設立を行なっていないところもあります。

「メガベンチャー」は、大企業並の規模を持つベンチャー企業のこと

「メガベンチャー」とは、ベンチャー企業の特性である成長性や新規性を保ったまま、大企業並の規模になった企業を言います。基準としては、従業員数が1000人を超すことと、上場していることの2つになります。

企業規模が拡大してからも、安定性ではなくより新しいビジネスを拡大していくことに重点をおくのが、メガベンチャーの特徴です。

ベンチャー企業で働くメリット

幅広い経験を積むことができ、成長できる

一般企業では、勤続年数や役職、職種などによって基本的な業務内容が決まっており、経験の浅いうちから大きな仕事に携わる機会も少ないことがほとんどです。一方ベンチャー企業の場合、少人数で会社を切り盛りするため、若くして大きな仕事を担当したり、幅広い仕事を任されたりします。

よって、早くから様々な経験を積むことができ、自身のステップアップを目指している人にとって良い成長の場所となります。

短期間での昇給や昇進が望める

従業員の数が少なく柔軟性に富んでいるベンチャー企業では、成果が評価されやすい傾向にあります。若く経験年数が浅くとも、大きな成果さえ出せば、昇給や昇進が望める点も、ベンチャー企業のメリットと言えるでしょう。

同じ志向や価値観を持つ人と働ける

ベンチャー企業では、新しいものを生み出すことを目的としているため、積極的に自分達の意見を出し合い、向上心を持って仕事に取り組むことが求められます。そのため、成長したいと思っている人や、やる気のある人が集まる傾向にあり、モチベーションや価値観が同じ人間と働けるというメリットがあります。

ベンチャー企業で働くデメリット

安定性が低い

ベンチャー企業の大半は、設立から日も浅く成長過程にあるため、企業としての安定性はどうしても低くなりがちです。一見勢いのある企業でも、業績不振や倒産するリスクは低くありません。

成果さえ出せば昇給が望みやすいベンチャー企業ですが、逆に成果が出ないと、給与面が厳しくなることも覚悟しておきましょう。

福利厚生が整っていない場合がある

経済基盤が安定していないベンチャー企業は、退職金や保険制度などの福利厚生が整っていないところもあります。しかし、人材確保の一環として、独自の福利厚生制度を設けているところも多く、柔軟性に富んでいるため自分たちで一から作り上げていくこともできます。

企業それぞれの色が強いため、馴染めないと働きづらい

ベンチャー企業は、それぞれの企業文化が色濃く、個性が反映されやすい環境です。そのため、経営者の志向や集まる人材によって、社風が変わってきます。また、従業員数が少ない分、人間関係も限定されるため、会社の雰囲気に馴染めないと働きづらい傾向にあります。

まとめ

いかがでしたか?
ベンチャー企業は、既存の企業よりも新規性に富んだサービスや事業を展開し、成長過程にある企業のことです。それぞれが新しい価値観を生み出すことを目的としており、向上心の強い人が集まる傾向にあります。これから転職や経営を考えている方は、メリット・デメリットもしっかり確認したうえで臨んでみて下さい。

 

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!