経営

ミッションステートメントとは|意味・目的や作成方法を解説

ミッションステートメントという言葉を聞いたことはありますか?
企業にとってミッションステートメントは、組織内部・外部のどちらに対しても活用することができる重要なものです。

今回はミッションステートメントについて、その意味や目的、作成の方法を解説します。

ミッションステートメントとは、企業の持つ使命を具体化したもの

ミッションステートメントとは、企業の価値観や社会的使命を、行動指針・方針として具体化したものを指します。ミッション(Mission)は「使命」、ステートメント(Statement)は「表明」の意です。

ミッションステートメントは、従来の社是・社訓や経営理念にあたるものを、さらに具体化したものであるといえます。
社是・社訓・経営理念については、次の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
社是はなぜ必要なのか?社訓や経営理念との違いもあわせて解説ターゲット:新規に会社を立ち上げた人、ベンチャー企業の経営者など ニーズ:社是を作る理由を知りたい、社訓や経営理念との違いを知りたい ...

ミッションステートメントは、従業員に向けて発信され組織内部で共有されるだけでなく、顧客や社会に向けても発信されます

個人的な目標達成のためにも用いられる

ミッションステートメントは、個人が自分自身の価値観や生き方を言語化し、自己実現・目標達成のために用いることもあります。

  • 社会に貢献できる人材になる
  • 挑戦し続ける
  • 人とのコミュニケーションを大切にする

上に挙げた例のように個人の行動の軸を定めることで、日々の行動や選択の指針とすることができます。

ビジョンステートメントとは、企業の持つ夢や目標を文章化したもの

ミッションステートメントに関連する言葉に、ビジョンステートメントがあります。会社の使命を具体化したものであるミッションステートメントに対し、ビジョンステートメントとは、企業の持つ将来の夢や目標を文章化したものです。企業が経営・事業戦略を立案する際に、その指針としての役割を果たします。

ミッションステートメントが「現在」について表したものに対して、ビジョンステートメントは「未来」に関するものであるといえます。

ミッションステートメントの意義・役割

意思決定の指針となる

ミッションステートメントは、企業が最終的な意思決定を行う際の指針となります
通常、意思決定を行う際には、業界や市場の状況や自社の業績、株主や出資者などの意向などを総合的に考慮することが必要です。しかし、経営においては絶対的な正解は存在せず、「自社の存在意義に沿ったものであるか」という観点から選択肢を選ぶことも重要です。
そのため、存在意義を指針としたミッションステートメントが求められます。

従業員に対して企業の方向性を浸透させる

社内に向けてミッションステートメントを発信し、従業員に対して企業の経営における方向性の理解を促進することも可能です。
従業員に企業の方向性を理解してもらうことで、従業員も働く意義を見出しやすくなり、モチベーションを維持できます。組織力の強化のためにも、ミッションステートメントは重要です。

広報のツールとなる

ミッションステートメントは、社外に向けて発信することで広報のツールとしても活用できます。企業の使命・方針を対外的にアピールし、共感を集めて企業の価値を向上させることが可能です。
世間一般的なイメージを向上させるだけでなく、将来の顧客や採用希望者にアピールできるという点でも有効な手段です。

企業に対する株主の理解を促進する

株主の企業理解を促進するためにも、ミッションステートメントは有効です。
事業を進めていくためには、その計画内容について株主からの理解を得ることが必要です。そこで、企業の使命を具体化したミッションステートメントを提示することで「なぜそのような事業を行うのか」を理解してもらいやすくなります。

ミッションステートメントの作成方法

1. 企業運営に関わる全ての人の中から、作成チームを結成する

ます、企業運営に関わる全ての人の中から、ミッションステートメントを作成するためのチームを結成することが必要です。
企業の意思決定から、従業員の働く意義にまで影響するミッションステートメントを作成するためには、それに関わる全ての人の意見を取り入れることが望ましいです。経営者から一般の従業員に近いマネージャーまで、役職レベルに関わらずチームのメンバーを選出しましょう

2. 9つの要素を具体化する

ミッションステートメントには、それを構成する9つの要素があります。9つの要素それぞれについて、自社では何が該当するかを具体化します
9つの要素とは、次のものを指します。

  1. 顧客
  2. 製品・サービス
  3. 市場
  4. 技術
  5. 企業理念
  6. 強み(競争優位性)
  7. 企業の成長性、財務の健全性
  8. パブリックイメージ(社会責任、環境配慮など)
  9. 社員に対する姿勢

3. 具体化した要素を文章にまとめる

最後に、具体化した9つの要素を繋ぎ合わせ、文章化します。ミッションステートメントは組織の内外に向けて発信するものとなるので、キャッチーな言葉を使うなど、簡潔かつ共感を得やすいものになるよう心がけましょう

まとめ

いかがでしたか?

ミッションステートメントは企業の使命を具体化したもので、企業の内外に向けて発信・活用されています。

この記事を参考に、ミッションステートメントの役割・作成方法についても押さえておきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!