業務改革・改善

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)のメリット・デメリット

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)という言葉を聞いたことはありますか?
これはアウトソーシングの一形態で、うまく利用すれば効率的に業務を進められます。

今回はBPOについて、メリット・デメリットや導入時の注意点を紹介します。

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)とは、一部の業務のプロセス全体を外部に委託すること

BPO(Business Process Outsourcing:ビジネス・プロセス・アウトソーシング)とは、企業の業務の一部について、そのプロセスの全体を外部に委託することを指します。通常、企業に中核ではないノンコア業務が委託され、委託する側をユーザー、受託する側をベンダーと呼びます。

BPOは専門の業者に依頼するのが一般的であり、それぞれの業者は高度な専門知識・得意分野を持っています。従来は総務・経理・人事・物流やコールセンター対応といった業務が中心でしたが、近年では人材育成・マーケティングなどの分野にも対応する業者が増えています。

通常のアウトソーシングとの違い

通常のアウトソーシングは、業務の一部分を自社から切り離し、代わりに作業してもらうだけのもので、業務の改善や効率化といったことは対象外となっています。

これに対しBPOの場合では、ある部門の業務に関する一連のプロセスをそのまま外部に委託します。事務的な作業の一部を代行してもらうだけでなく、業務の企画・設計から人材や設備の準備、実際の運用・改善までを一貫して請け負ってもらうことになります。
自社の部門をそのままBPO業者に移す、というイメージです。

BPOのメリット

人員不足を補える

BPOのメリットのひとつは、自社の人員不足を補えることです。少子高齢化が進み労働力人口が減少している現代では、企業が人員を確保することも年々難しくなっています。だからといって既存の従業員の負担を増やし続けると、企業全体が疲弊するだけでなく、離職者も増えるおそれがあります。

そこで、社外の人員を活用できるBPOが注目されています

コア業務に集中できる

自社にとって中心的でなく、利益に直結しないノンコア業務をBPOすることで、ノンコア業務に割かれていた時間や資金を削減できます。その分、企業にとって、より重要なコア業務に時間と資金を集中させることが可能です。

また、重要でない業務が減ると企業に余裕が生まれ、経営判断や事業戦略を考えるために時間を割くことができます。情報化やグローバル化の進む現代においては、市場や経済などの環境変化への対応に専念できる余裕は非常に大切です。

人材育成にかかるコストを削減できる

ノンコア業務にかかる時間・コストを削減できるだけでなく、人材育成に必要なコストを削減することも可能です。専門的な業務の場合、自社で一からスキルのある人材を育てるには時間と手間がかかります。また、スキルのある人材を雇うのも簡単ではありません。
しかし、BPOを活用すれば人材の育成・採用にかかるコストを省くことが可能です。

専門業者に委託するため、質の高い業務遂行が期待できる

BPOの専門業者は、対応可能な分野についての専門的な知識・スキルを持っているのが一般的です。そのため、効率的で質の高い業務遂行が期待できます。顧客に直接かかわる部門の業務を委託した場合は、顧客満足度の向上も狙えます。

BPOのデメリット

業務を自社に戻すことが難しくなる

いったん業務をBPOした場合、その業務のプロセス全てが自社を離れるため、その業務に関する知識やスキル・ノウハウが蓄積されません。そのため、BPOした業務を自社に戻すのは困難です。

このような事態を避けるためには、定期的に業務の状況やプロセスの変更点などについての情報を手に入れ、業務内容を把握しておく必要があります。

情報漏洩のおそれがある

BPOでは、業務に関する重要な情報をBPO業者に伝えることもあります。ひとつの事業のプロセス全体を委託するBPOにおいては、通常のアウトソーシングに比べ情報漏洩のリスクが大きくなります

情報漏洩のリスクに対応するには、自社の情報管理を徹底した上でセキュリティ面での評価の高い業者を選定することが必要です。

BPO導入時の注意点

BPOに適する業務を見極める必要がある

BPOに適しているのは、主に次の2通りの業務です。BPOに適した業務を見極めることで、BPOの恩恵を最大限に受けられます。

  • 専門外の知識や高度な判断が求められるため、自社では対応しにくい業務
  • 簡易なものの煩雑で手間がかかる業務

また、委託したい業務の内容に合った知識・スキルを持っている業者を見極めることも必要です。

頻繁に組織体制を変更する企業には向かない

BPOを利用している間は、委託した業務の内容やプロセスを自社で大きく変更することは困難です。そのため、ベンチャー企業のように組織体制の変更や方向転換を頻繁に行う企業の場合、BPOは向かないといえます。

まとめ

いかがでしたか?

BPOは、うまく活用すれば人員不足を補い、効率的に業務を進めることに繋がります。

この記事を参考に、BPO導入時の注意点についても押さえておきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!