未分類

【株初心者向け】バリュー投資とは?メリットや用いる指標を解説!

バリュー投資という言葉をご存知ですか?バリュー投資とは投資手法のひとつで、投資を行う人には知っておいてもらいたい言葉です。

今回はバリュー投資のメリットやバリュー株の選定に用いる指標を紹介します。

バリュー投資とは株価が割安な銘柄を買い付ける投資手法

バリュー投資とは現在の株価が、企業が本来持っている資産価値や利益水準に比べて割安と考えられる銘柄を買い付ける投資手法です。また、このような割安な株を「バリュー株」、バリュー株ばかりを集めている投資信託などを「バリューファンド」と言います。バリュー投資では、割安で買い付けた株が市場で注目され、株価が本来の価値まで上昇することを狙って投資を行います。

グロース投資とは成長が見込める企業の銘柄を買い付ける投資手法

バリュー投資としばしば対比される投資手法としてグロース投資があります。グロース投資とは今後成長が期待できる企業の銘柄を買い付ける投資手法です。グロース投資では、買い付けた銘柄の企業が予想どおりの成長を遂げ、それに伴って株価も上昇することを狙って投資を行います。

バリュー投資のメリット

大きなリターンを得られる可能性がある

バリュー投資のメリットとしては、元々の価値よりも低い価格で放置されていた株を買い付けるため、市場において注目され本来の価値を見出されれば、大きなリタ―ンを期待できることが挙げられます。

こまめなチャートのチェックが不要

株価が元々の価値よりも低い価格で放置されている株は、不人気もしくは知名度が低い傾向にあります。したがって、1日あたりの取引量も少なく、価格の急激な値動きは頻繁には起こりません。そのため、こまめなチャートのチェックが不要であり、長期的に株を保有し運用したい人向けの投資手法です。

バリュー投資のデメリット

株価が上がらない可能性がある

現状では不人気もしくは知名度が低い株の将来性を見込んで買い付ける手法であるので、予想通りに株価が上がらず、利益を得られない可能性があります。また、利益を得られるとしても、長期期間の運用が必要な場合があります。

よってバリュー投資を行う際には、ある程度長期的に運用することを視野に入れましょう。

銘柄の選定に時間がかかる

投資する銘柄の選定に時間がかかることもバリュー投資のデメリットです。バリュー投資では、企業が本来持っている資産価値に比べて割安と考えられる銘柄を買い付けますが、企業の価値を見極めるのは、非常に時間のかかる作業です。また、財務諸表の読み取り方などの知識を得る必要もあるため、実際の選定を始めるまでにもある程度の時間がかかります。

バリュー株の選定には指標の分析が重要

バリュー株かどうかを見極める指標として、株価収益率(PER)と株価純資産倍率(PBR)が挙げられます。

株価収益率(PER)

株価収益率(PER)とは、現在の株価が、1株あたりの純利益の何倍であるかを示す指標です。PERはPrice Earnings Ratioの頭文字から名付けられています。PERは株価を1株あたりの当期純利益で割って求めます。

PER =株価 ÷ 1株あたりの当期純利益

例:現在の株価が500円、1株あたりの当期純利益が50円の場合
PER = 500÷50 = 10

PERは、株の投資資金を利益だけで回収するのに必要な年月、または株価が1株あたりの純利益の何倍であれば購入されるかを表す指標ともいえます。

一般にPERの値が低いと株価が割安、PERの値が高いと株価は割高と判断できるので、株を見極める指標として用いられています。ただし、PERの値が割高か割安かを判断する絶対的な指標は無く、同じ業界の平均との比較や当該企業のPERの推移の分析により判断する必要があります。

株価純資産倍率(PBR)

株価純資産倍率(PBR)とは、現在の株価が、1株あたりの純資産の何倍であるかを示す指標です。PBRはPrice Book-value Ratioの頭文字から名付けられています。PBRは株価を1株あたりの純資産で割って求めます。

PBR =株価 ÷ 1株あたりの純資産

例:現在の株価が400円、1株あたりの純資産が200円の場合
PER = 400÷200 = 2

純資産は会社の資産のうち株主が保有している資産を指し、会社が解散した際に株主に分配される資産でもあるので解散価値とも呼ばれます。PBRが1の場合は該当会社の株価と純資産が等しく、その状態で会社が解散すると、株価に投資した金額と同じだけの資産が分配されて損益は無いということを表します。

バリュー投資においてはPBRが1より低い株、すなわち割安な株を狙うことになりますが、PBRが1より低い会社には、優良だが一時的に株価が下がっている企業の他に、業績不振の会社や将来性が無い会社も含まれているので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

今回はバリュー投資のメリットや、バリュー株を選定する際に見るべき指標について解説しました。この記事を参考に投資に関する知識を深めましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!