組織マネジメント

CHRO / CHO(最高人事責任者)とは|経営における役割を解説

CHROまたはCHOという言葉を聞いたことはありますか?
これは民間企業における役職のひとつで、通常の人事の範囲を超えて活動することもあります。

今回はCHROの経営における役割や、具体的な仕事内容を解説します。

CHRO(最高人事責任者)とは、経営にも関与する人材管理の責任者のこと

CHRO(最高人事責任者)とは、Chief Human Resource Officerの略で、経営にも関与する人事管理における責任者を指す言葉です。CHO(Chief Human Officer)と呼ばれることもあります。

近年では働き方改革が推進され、労働環境の改善や生産性の向上、多様な人材の雇用など、人事部門に求められる役割は重大なものになっています。このような背景の中で、人事戦略の面から経営にも関与するCHROは注目を集めています。

人事部長は、実務レベルでの責任者を指す

一般に人事部門の責任者といえば、人事部長が想定されることも多いと思います。しかし、人事部長はあくまで実務レベルでの責任者であり、経営に関与することはありません。現場において人事戦略を実行する責任を負う役職です。

これに対して、CHROは経営戦略レベルでの責任者です。人材の管理に加えて、経営陣の一員として経営戦略の立案にも関与します。

その他の混同しやすい役職

CHROと混同しやすい役職には、次のようなものがあります。

  • CEO(最高経営責任者)
    Chief Executive Officerの略で、経営方針を決定する企業のトップです。
  • COO(最高執行責任者)
    Chief Operations Officerの略で、経営方針に沿って現場の業務を執行する責任者です。
  • CFO(最高財務責任者)
    Chief Financial Officerの略で、資金の調達・管理といった財務面の責任者です。
  • CIO(最高情報責任者)
    Chief Information Officerの略で、企業内の情報管理の責任者です。
  • CTO(最高技術責任者)
    Chief Technical Officerの略で、技術開発における責任者です。
  • CKO(最高知識責任者)
    Chief Knowledge Officerの略で、知識の蓄積・活用に関する責任者です。

CHROの仕事内容

人事の面から経営に参加する

CHROは、CEOをはじめとする経営陣が立案する経営戦略に対して、人事的な視点から意見を出します。主に、経営戦略を実行するのに十分な人的資源があるか、どのような人材を確保・育成する必要があるのかといった判断を行う役割を担います。

人事的な観点から無理のある経営戦略が進められてしまうと、事業のあちこちが滞る原因になります。経営戦略に問題がある場合は、恐れずに意見を出す姿勢が必要です。

またCHROには、人事管理の中で現場から吸い上げた意見を経営戦略に反映させることも求められます。

人事施策のマネジメント

経営戦略を実行するための人事施策を立案・推進することもCHROの仕事です。人材の採用・配置などの面から、経営戦略を支える仕組みを整える役割を担います。

また、生産性などの目標が達成できなかった場合、その要因を人事的な観点から分析することも必要です。人材が流出していないか、人材の能力を活かせているかといった点を考慮し、現場のマネジメントを行わなければなりません。

社員の育成方法の確立

CHROには、会社の理念や価値観に合った人材を育成する方法を確立することも求められます。人材育成が属人化し、方向性がバラバラになるのを防ぐため、「経営戦略を実行するためにはどのような人材が必要か」という観点から育成方法を確立しなければなりません。

さらに、人事評価制度を確立し、社員への適正な評価を行うことも重要です。

CHROに求められる資質

CHROには、人事のプロとして、高度な人事戦略を立案することが求められます。そのため、人事部門での経験を積むことは必須です。採用・育成・労務など幅広い分野における知識と経験が要求されます。

また、労働基準法をはじめとする法律に関する知識も必要です。さらに、労働環境を取り巻く社会情勢についても敏感でなければなりません。

CHROになるには、人事部門以外での経験も必要

CHROになるためには、人事部門以外で経験も必要です。CHROは企業全体の戦略を考える経営幹部として人事に携わる必要があるため、自社の各事業の現場でも経験を積むことが求められます。

さらに、経営戦略に関わっていくためには、経営に関する知識と理解も要求されます。

まとめ

いかがでしたか?

CHROは人事部門における責任者ですが、人事部長と異なり経営にも関与して戦略を立案する役職です。

この記事を参考に、CHROの仕事内容や求められる資質についても押さえておきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!