営業スキルアップ

アンラーニングとは?環境変化に対応する「学びほぐし」の方法を解説

アンラーニングという言葉を聞いたことはありますか?
社会情勢や技術の変化がめぐるましい現代では、環境の変化に合わせて学び直すことが求められています。

今回はアンラーニングについて、効果や手順を解説します。

アンラーニングとは、既存の知識や価値観を捨て、新たに学び直すこと

アンラーニングとは、これまで培ってきた知識や価値観を捨て、新たに学び直すことを指します。「学びほぐし」とも呼ばれ、学習と学習棄却(=不要な知識や価値観を捨てること)を繰り返して知識の刷新を行います。

ただし、学んできたことの全てを捨てるというわけではありません。既存の知識や価値観を再評価し、必要に応じて取捨選択して新しいものを取り入れるのがアンラーニングです。

アンラーニングは、環境の変化に対応するために必要

過去の知識や価値観にとらわれてしまうと、成長が一定のレベルで止まってしまいます。また、新たな知識を取り入れることができなければ、時代の流れに取り残されることは間違いありません。そこで、アンラーニングによる「学び直し」が必要になります。

現代では、グローバル化や情報化の進展によって、社会情勢や技術などが著しく変化しています。ビジネスパーソンにとって、このような環境の変化に対応していくためには、知識や価値観をアップデートすることは必須です

アンラーニングの効果

アンラーニングによって新たな知識や価値観を取り入れることで、次のような効果を期待できます。

  • 成長が持続する
    学習が一定のレベルまで進み、習熟したと感じると、学習へのモチベーションが下がって成長が止まってしまうことが多くあります。アンラーニングを行えば、常に学ぶべき対象を見つけ成長し続けることができます。
  • 環境への対応力が高まる
    古い知識や価値観をアップデートできなければ、時代の流れについていくことはできません。新たな知識を取り入れることで、急速な環境変化にも対応しやすくなります。
  • 視野が広がる
    これまで持っていなかった知識や価値観を取り入れれば、視野が拡大します。これにより、新たな切り口で業務改善やイノベーションを行うことができます。

アンラーニングの手順

1. 批判的に自己評価を行う

まずは、自分が持っている知識や価値観を見つめ直し、「時代遅れになっていないか」と批判的に自己評価することが必要です。新たな知識を取り入れるには、これまで培ってきたものを捨てることも必要です。

ここでの自己評価には、異なる業種・部署の人など、自分と違う価値観を持った人と交流することが有効です。他者と接することで自分を客観的に見つめ直せ、さらに他者から見た自分の評価を知ることもできます。

また、自己評価のためにマインドフルネスという手法を取り入れることもあります。これは、瞑想などによって集中力を高め、「今の自分」を見つめ直すというものです。

2. 知識や価値観の取捨選択を行う

次に、自分の持っている知識や価値観を、他者の価値観などと照らし合わせて取捨選択します。知識などのすべてを捨てるのではなく、時代遅れになったものだけを捨てることで、新たな学習を行う準備をします。

ここでは、同僚や部下など、自分以外の人からフィードバックを受けることが有効です。厳しい意見をもらうこともありますが、真摯に受け入れて不要な価値観を捨てる姿勢が求められます。

3. 新たな学習とリフレクション(内省)を行う

知識や価値観の取捨選択が終わったら、学び直しのステップに移ります。捨てた知識や価値観に代わるものを勉強し直し、知識のアップデートを行います。

アンラーニングでは、新たな学習を行うたびにリフレクション(内省)を行うことが重要です。定期的にリフレクションを行うことで、自分の蓄積した知識や価値観を把握し直し、日常的な業務などに活かせるようになります。また、さらなるアンラーニングに役立てることも可能です。

アンラーニングでは、学習と学習棄却を繰り返すことが重要

アンラーニングは、一度やればそれで完成するものではなく、学習と学習棄却のプロセスを繰り返すことが重要です。新たに学び直した知識や価値観も、時間が流れれば時代遅れになってしまいます。アンラーニングを繰り返し、常にアップデートを行う必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

アンラーニングを行えば、知識や価値観を刷新し、環境の変化に対応することが可能になります。

この記事を参考に、アンラーニングの効果や手順を押さえておきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!