未分類

アンガーマネジメントとは?怒りを上手にコントロールする方法を紹介

「仕事でついカッとなってしまう性格を改善したい」という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、怒りの感情をコントロールし、上手に付き合っていく方法であるアンガーマネジメントについて紹介します。

アンガーマネジメントとは、怒りの感情を上手にコントロールする方法

アンガーマネジメントとは、イライラや怒りなどの感情を上手にコントロールすることです。怒りに伴う衝動的な言動を減らし、適切な形で問題解決するための方法として、ビジネスや教育の分野で広がっています。

ただ、日常生活を送る中で全く怒りを感じない、ということはまず有り得ません。そのためアンガーマネジメントは、「怒らないようにする」のではなく、「怒るべきときは怒るが、怒る必要の無いときは怒らない」といったように上手に自分の感情をコントロールすることを目指しています。

アンガーマネジメントでは、感情は2種類に分けられる

怒りと上手に付き合うためには、まずは怒りについて理解することが必要です。アンガーマネジメントでは、以下のように感情を第1次感情と第2次感情に分け、怒りは第2次感情に分類されるとしています。

  • 第1次感情
    不安、恐怖、疲れた、さみしい、悲しいなどのネガティブな感情を指します。これらの感情を日常生活の中で感じるのはごく自然のことであるため、無理に抑える必要はありません。
  • 第2次感情
    第1次感情が蓄積され、許容範囲を超えてしまった場合に現れる感情を指し、怒りの感情はここに分類されます。つまり、怒りの裏には不安や恐怖などの第一次感情が隠れているということです。

アンガーマネジメントは、第1次感情の蓄積が許容範囲を超えてしまわないように、また許容範囲を超えたとしても、第2次感情が爆発的に表出しないようにコントロールする役割を担っています。

アンガーマネジメントを行うメリット

自分自身のストレスの軽減につながる

怒りという感情は、人間の身体にとって様々な悪影響を及ぼすといわれます。その代表的なものがストレスであり、強いストレスを感じることで様々な身体の不調が現れ、肥満や鬱、高血圧につながる場合もあります。

そこでアンガーマネジメントを行うことで、怒りを感じる頻度の減少が見込めます。ストレスの軽減によって心身ともに健康な生活が期待できます。

周囲と円滑な関係を築くことができ、パワハラの防止にもつながる

怒りは周囲に対しても悪影響を及ぼします。怒りにまかせた言動によって、パワハラなどのトラブルが生じる危険性も大いにあります。また、イライラしていることで話しかけづらい雰囲気になってしまうと、人間関係の悪化だけでなく連携不足によるミスが起こりかねません。

アンガーマネジメントを行うことで、感情的になってしまいそうな場面でも冷静に言葉で相手に伝えられるようになります。周囲との円滑な関係やパワハラの防止、仕事上の連携などの効果を見込むことができます。

論理的に考えられるようになり、生産性が向上する

トラブルが起こってしまった際に、ただ怒っているだけでは問題は解決しません。例えば、同僚のミスが原因で取引先から苦情が来た場合、ミスをした本人に怒りの感情をぶつけるだけでは、取引先への信頼回復や再発防止に役立ちません。

こういった場合でもアンガーマネジメントを身につけておけば、怒るより先にすべきことを冷静に考えられるようになります。取引先への謝罪やダブルチェックの導入など、適切な解決策を迅速に講じることができます。

アンガーマネジメントの実践方法

「6秒間だけ」怒りを我慢する

怒りの感情は最初の6秒間がピークであると言われています。そのため、この6秒間さえ静かに我慢することができれば、その後の怒りも制御しやすくなるため、衝動的な言動に走る可能性はかなり小さくなります。

怒りを感じた瞬間に深呼吸をする、または何も考えずに思考停止させるなどして6秒間をやり過ごすことが重要です。このとき、一時的にその場から離れてしまっても構いません。怒りを感じたら、まずは一度別の場所に移動して気分転換してみるのもいいでしょう。

「~すべき」という自分の価値観を他人に押しつけない

自分が持つ「~すべきである」という行動規範を守らない相手に対して、人は怒りを感じます。しかし「~すべき」という行動規範の範囲は人によって異なります。自分の価値観を相手に押しつけるのではなく、自分とは違う考え方を持つ人がいるということを理解しておくことが必要です。

相手の価値観を尊重し、自分の価値観と多少異なっていたとしても「まあ許せる」という許容範囲を広げる心がけをしてみましょう。

仕方ないことは割り切って受け流す

怒りによって改善できることもあれば、どうにもならないこともある、というもの事実です。自分の力では解決できないことについて、多少は割り切ってしまうこともアンガーマネジメントにおいては重要です。

自分ではコントロールできないような事柄でイライラしてしまうことは、無駄なエネルギーを使っているのだと捉えて受け流すようにしましょう。こうすることで、怒る必要がない場面で怒ってしまうといった不要なストレスを軽減できます。

 

まとめ

いかがでしたか?怒りをコントロールする方法を身につけられれば、自分自身のストレス軽減だけでなく、周囲に対してもいい影響を与えることができます。今回紹介したポイントを参考にして、アンガーマネジメントに対する理解を深めましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!