未分類

アントレプレナーシップとは?注目される背景や必要なスキルも紹介

近年ビジネスにおいて「アントレプレナーシップ」が注目されています。この言葉を聞いたことがあっても、詳しい内容は知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、アントレプレナーシップが注目される背景や、必要とされるスキルなどの基礎知識を紹介します。

アントレプレナーシップとは、企業家(起業家)の持つ考え方や能力のこと

アントレプレナーシップは「企業家精神」と訳され、企業家に共通する考え方や能力、行動特性などを表す言葉です。新事業や新商品の開発への高い意欲を持ち、リスクに対しても積極的に挑戦していく姿勢や能力のことを指します。

独立心や独創的な発想力、達成動機などが具体的な内容として挙げられ、日本ではベンチャー企業などの起業家に求められる能力であると考える場合もあります。

「コントロール可能な資源を超越して機会を追求する姿勢や能力」とも定義される

ハーバード・ビジネススクールのH・スティーブンソンは、アントレプレナーシップを「コントロール可能な資源を超越して機会を追求すること」と定義しています。

これは、新事業や新商品開発にあたっては、資本や労働力などのリソース不足に直面することが考えられますが、こうした困難を創意工夫によって乗り越える姿勢や能力を「アントレプレナーシップ」と呼ぶという考え方です。

この意味でのアントレプレナーシップを持つ人の具体的な行動には、ビジネスモデル仮説の検証に必要最小限な活動から始めることによってリスクを迅速に解消する、他社と提携関係を結んでパートナーの資源を活用するといったことなどが挙げられます。

既存の企業や公的機関でイノベーションを生む力とも考えられる

日本においてアントレプレナーシップは、ベンチャー企業などの起業家に求められる能力であると考えられていました。しかし、最近は実際は起業家だけでなく、組織の中で新たな価値を創造しようとする全ての人に求められる力であると考える人も増えています。

つまりアントレプレナーシップは、企業における従業員はもちろん、行政機関など非営利の組織に属する人にとっても重要な考え方であるといえます。

なぜ、アントレプレナーシップが注目されるのか

雇用形態の変化により、自発的な人材が求められるようになった

アントレプレナーシップが近年注目されている要因の一つに、雇用形態の変化が挙げられます。これまで日本において主流であった、終身雇用や年功序列の雇用形態が徐々に変化し、企業が一人の社員を定年まで育て上げるという前提が崩れつつあります。

そのため、「指示待ち人間」よりも、自発的に考えて仕事に取り組める人材を評価する企業が増え始めています。年功序列ではなく成果主義の評価方法の導入が進んでいることからも、新しい事業や商品に対して積極的に挑戦しようとする、アントレプレナーシップを持った人材が求められていると考えられます。

消費者のニーズが多様化し、イノベーションの創出が求められるようになった

消費者ニーズの多様化も、アントレプレナーシップが注目されるようになった要因の一つです。消費者ニーズが多様化することで製品のライフサイクルが短期化しているため、これまでより企業はスピード感をもってイノベーションを創出する必要があります。

こういった局面においても、新たな価値を積極的に創造しようとするアントレプレナーシップを持った人材が必要とされています。

アントレプレナーシップに必要とされるスキル

マネジメントスキル

組織を適切にマネジメントする能力は、アントレプレナーシップにおいて必要なスキルです。新たなイノベーションの創出にあたっては、既存のルールにとらわれない組織の立ち上げが不可欠です。こうした新たな組織においては、ビジネスを進めやすい環境の構築や、組織を適切に管理する優れたマネジメントスキルが求められます。

ビジネスにおけるノウハウ

アントレプレナーシップを持った人材は、企業や事業の中核を担うことが予想されます。そのため顧客や市場の動向に敏感に反応し、ビジネスモデルを確立するノウハウを有していることが求められます。優れたアイデアを生む創造力に長けているだけでなく、それをビジネスとして実行に移すためのノウハウは、アントレプレナーシップの重要な要素です。

コミュニケーション能力

労働力や資本などの限られたリソースを最大限に活かして、新たなビジネスを成功させるためには、周囲の協力が不可欠です。既存の利害関係などにとらわれずに率直なアドバイスを与えあえる関係の構築や、ビジネスパートナーとの円滑なコミュニケーション、また広い人脈のために、コミュニケーション能力はアントレプレナーシップに必要な力であるといえます。

 

まとめ

いかがでしたか?アントレプレナーシップは、新たな価値の創造が求められる現代において重要なものです。今回紹介したポイントを参考にして、アントレプレナーシップに関する理解を深めましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!