経営

おすすめの有料経営分析ツール5選!無料の経営ツールも合わせて紹介

近年、顧客ニーズや市場状況の変化に合わせて、経営判断を下していくことが求められる場面が増えつつあります。そのような状況では、経営判断を補助する経営分析ツールが大きな効果を発揮します。

今回はおすすめの有料経営分析ツールを紹介します。

経営分析とは、経営指標を用いて企業の業績を評価すること

経営分析とは、売上や資産などの経営指標を用いて、企業の業績を評価することを指します。経営分析では、主に効率性・安全性・収益性・生産性・成長性の5つの観点から分析することが重要とされています。

したがって、経営分析は複数の観点や指標から考察することが求められるため、非常に煩雑な作業を伴います。その煩雑さを解消し、経営判断を下す補助となるのが経営分析ツールです。

有料のおすすめ経営分析ツール5選

freee

【公式サイト】
https://www.freee.co.jp/houjin/business-analysis/

freeeは経営状況を分析したレポートを、簡単に出力できる法人向けの会計ソフトです。総勘定元帳や試算表、収入・支出など、様々なレポートの出力が可能です。

  • CSVやPDFでの出力も可能
  • 経営状況を把握できるダッシュボードを搭載
  • 入出金予定の把握も可能

▼料金
・ミニマム:1980円/月(30日間無料体験あり)
・ベーシック:3980円/月(30日間無料体験あり)
・プロフェッショナル:39800円/月

MotionBoard

【公式サイト】
https://www.wingarc.com/product/motionboard/index.html

MotionBoardは、各種データベースやクラウドサービスのデータを集約・可視化し、意思決定を支援するツールです。パッケージ版とクラウド版の2種類を展開しています。

  • 3Dマップや地図機能など、様々な出力が可能
  • 複数のデータを集約・リアルタイムで更新
  • チャットツールとの連携が可能

▼料金
【クラウド版】
・Standard:30000円~/月
・Professional:60000円~/月
・IoT:90000円~/月

【パッケージ版】
230万円~

SPEEDA

【公式サイト】
https://jp.ub-speeda.com/

SPEEDAは経営企画や法人営業などの際に必要な情報を、収集・分析する経済情報プラットフォームです。

  • アナリストや専門家の知見を得られる
  • 世界200カ国以上の経済・企業情報を収録
  • 最先端のビジネス情報に関するコンテンツを提供

▼料金
利用人数によって異なる(7日間の無料トライアルあり)

クラウドERP「ZAC」

【公式サイト】
https://www.oro.com/zac/

クラウドERP「ZAC」はプロジェクト型のビジネスに特化したツールです。販売管理や工程管理など、各機能モジュールを組み合わせてプロジェクトを管理します。

  • プロジェクトの損益情報を把握可能
  • 売上や利益の予測が可能
  • プロジェクトの一元管理による効率化

▼料金
・初期費用(ライセンス取得費と導入支援費用)と月額費用が必要
・料金は利用人数によって異なる

SHARES

【公式サイト】
https://www.shares.ai/

SHARESは法人登記や商標登録などについて相談できる、中小企業向けの専門家スポット相談サービスです。

  • 平均30分での見積もりが可能
  • 会計データから人工知能が経営課題を自動通知

▼料金
・初期費用・月額費用ゼロ
・発注時にのみ料金発生

無料で使える経営分析ツール集

▼財務分析ツール
J-Net21「経営自己診断システム」
貸借対照表や損益計算書のデータを入力すると、個別指標診断などの診断が可能。

日本政策金融公庫「財務診断サービス」
貸借対照表や損益計算書のデータを入力すると、自社の財務指標の推移や業界平均値の確認が可能。

▼経営計画作成ツール
J-Net21「経営計画つくるくん」
30分で経営計画が作成でき、Excel形式での出力が可能。対応デバイスはiPad、Windows、Android。

▼情報収集ツール
独立行政法人工業所有権情報・研修館「特許情報プラットフォーム」
意匠や商標、特許・実用新案などに関する情報の検索が可能。

国土交通省「土地総合情報システム」
地価公示・都道府県地価調査、不動産の取引価格が検索可能。

▼販路開拓ツール
中小機構「J-GoodTech」
国内の中小企業と、大手企業や海外企業をマッチングするビジネスサイト。

日本政策金融公庫「インターネットビジネスマッチング」
国内の企業から募集した「売りたい」商品と「買いたい」商品をマッチングするビジネスサイト。

まとめ

いかがでしたか?

経営分析ツールは経営判断を円滑に進める上で、非常に役に立つツールです。この記事を参考に、自社に適した経営分析ツールを検討してみましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!