BtoBマーケティング

クリエイティブブリーフとは?必要な要素やポイントと共に解説!

クリエイティブブリーフという言葉の意味をご存知ですか?クリエイティブブリーフを上手く活用することで、制作する広告の効果を高められる可能性があります。

今回はクリエイティブブリーフに必要な要素やポイントを解説します。

クリエイティブブリーフとは、広告制作などのプロジェクトを進める上で必要な情報をまとめたドキュメントのこと

クリエイティブブリーフとは、広告制作などのクリエイティブ系のプロジェクトを進めるにあたって、メンバーの間で共有しておきたい情報をまとめたドキュメントを指します。記載する内容は、目的やターゲットなど、戦略の土台となる情報が中心です。

クリエイティブブリーフを作成するメリット

企画内容がぶれにくくなる

クリエイティブ系のプロジェクトでは、デザインばかり検討してしまい、気が付けばもともとのコンセプトとはズレたものが出来上がってしまうことも少なくありません。しかし、クリエイティブブリーフを作成することで、プロジェクトで目指す方向性が明確になり、成果物が本来のコンセプトから外れることを防ぎやすくなります。

目指すべき方向性が明確になる

マーケターとデザイナーの間で認識を共有できるので、デザイナーがアイディアを出しやすくなります。例えば、マーケターがどのような見せ方で広告を打ち出すのかをクリエイティブブリーフで共有しておけば、その見せ方に合わせたデザインを考えやすくなります。

また、ターゲットを明確に定義することで、どのようなメッセージを訴求したいかが明らかになり、結果として表現の幅が広がるというメリットもあります。

クリエイティブブリーフに必要な要素

広告の目的

何を目的として広告を作るのかを明確に書きます。「○○業界トップシェアになる」など、企業の目標を書くのではなく、「○○と言えば△△だというイメージを定着させる」など、その広告で何を達成したいかを記載しましょう。

ターゲット

広告を誰に対して訴求したいかを書きます。ターゲットが明確でないと、届ける広告もメッセージがぼんやりとしたものになってしまいがちなので、ターゲットの属性や価値観、趣味などを細かく定義しましょう。ターゲットを分析する切り口としては以下のようなものがあります。

  • デモグラフィック属性・・・年齢や性別、年収などの人口統計上の条件で分析
  • サイコグラフィック属性・・・価値観や趣味嗜好、購買の動機などの心理的な条件で分析
  • ジオグラフィック属性・・・居住地域の天候や文化の発達度などの地理的な条件で分析
  • ビヘイビオラル属性・・・商品の購入履歴といった行動の性質などで分析

 

ターゲットが抱いている企業・製品に対しての認識

ターゲットが取っている行動や抱いている自社のブランドイメージはどのようなものであるかを記載します。このブランドイメージは、定量調査や定性調査などで言語化していくようにしましょう。

ターゲットに訴求したことによる認識・行動の変化

ターゲットに広告で訴求した結果、どのような行動を取ってほしいのか、自社のブランドに対しどのようなイメージを持ってほしいのかを定義します。

コンシューマーインサイト

ターゲットが持っている現在のブランドイメージを、目標とするブランドイメージに変容するにはどうすればいいのか、すなわちターゲットの心を動かすには、どのような深層心理をつけばいいかを検討します。商品のよさを書くのではなく、「○○を解消できればいいのに」や「○○を治したい」など、ターゲットのどのような欲求に訴えたいのかを明確にしましょう。

伝えるメッセージ

ターゲットの心のツボを明確にできたら、訴求すべき具体的なメッセージを考えていきます。「ブランドの商品やサービスを利用することで、ターゲットの○○が解消できる」など、ブランドがターゲットにどのような価値を提供するのかが明確に伝わるような形式にしましょう。

メッセージの根拠

ブランドが発信するメッセージに納得できる根拠を書きます。商品やサービスの性能などといった商品の特性の他、生産地や企業のイメージなどがこれにあたります。

トーン

広告をどのような見せ方や語り口で伝えるのかを書きます。メッセージをターゲットに対し、効果的に伝えることを目的として考えていきます。「ターゲットが○○と感じるような見せ方」など、ターゲットを意識した書き方にしましょう。

トーンまで書き終わったら、デザイナーにもクリエイティブブリーフを共有して、制作に移ります。

クリエイティブブリーフは簡潔にまとめることが重要

クリエイティブブリーフはメンバーの間で共有しておきたい内容をまとめたドキュメントであるので、分量が多すぎて情報が発散しているなど、読むだけで手間がかかるような内容では本末転倒です。一枚の紙に、共有したい重要な情報のみを簡潔にまとめることを意識しましょう。補足情報などがどうしても外せない場合は、別資料にまとめることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

クリエイティブブリーフは、クリエイティブ系のプロジェクトでメンバー間で共有しておきたいことをまとめたドキュメントです。作成の際には、本当に必要な情報のみを記載し、冗長にならないように注意することが大切です。

この記事を参考にクリエイティブブリーフに関する理解を深めましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!