この記事は 3 分で読めます

仮説を立てるには|仮説構築・検証から注意点まで詳しく解説

URLをコピーする

みなさんは限られた情報やデータから、課題解決を効率よく進めることができていますか?
情報の少なさから行き詰ってしまうこともあるかもしれません。
普段から仮説を立ててから行動することで、無駄な動きを減らし、仕事をより効率的に進めることができます。

この記事では、仮説の立て方やメリット、注意点を解説します。

仮説を立てることは、ビジネスにおける課題の解決に役立つ

仮説とは、ある問題に対する「仮の答え」です。
例えば、「どうすれば自社で販売している製品Aの売り上げをアップさせられるか?」という問題に対して、「過去の成功事例から製品Aの値引きプロモーションを行う」という仮の答えを導き出すことができます。これが仮説を立てるということです。

仮説を立てるためには、結論から逆算して考える必要があります。
限られた情報・データから確からしい仮説を立ててから事実の検証を行うことを「仮説思考」といいます。

限られた情報だけで立てた仮説が正しいかどうかは、実行してみなければ分かりません。しかし、闇雲に色んな方法を試していくよりもまず仮説を立て、検証と修正を繰り返しながら仕事を進めていく方が、より早く最適な答えに辿り着ける可能性が高くなります。

仮説を立てることのメリット

仕事のスピード・質が高まる

仕事を進める場合には、情報収集や試行錯誤に時間がかかりがちです。仮説を立てることで、情報収集や試行錯誤にかかる時間を減らすことができます。

さらに、あらかじめ仮説を立ててそれを検証するというプロセスを何度も繰り返すことによって、徐々に仮説の精度が上がっていきます。その結果、仕事全体の質も向上するといえます。

限られた時間の中で精度の高い仕事をするためには、仮説を立てることは必須です。

関心・問題意識が向上する

仮説を立てるために必要なのは、日頃の関心や問題意識です。
ビジネスで仮説を立てる癖をつけるには、必然的に様々な事柄に対する関心や問題意識を高めなければならなくなります。

様々な事柄に関心や問題意識を持つことはビジネスへのより深い洞察に繋がります。

仮説の立て方

ステップ1:状況を観察・分析する

仮説を立てるには、知識のインプットが必要不可欠です。まずは前段階として、状況の観察・分析で課題についての情報をインプットしましょう。
業界全体や競合他社の状況を知り、自分たちの現在位置を確認することは仮説を立てるためのヒントになります。

仮説構築に役立つ知識とはその場しのぎの知識ではなく、日々の仕事をこなす中で少しずつ培われていくものです。自分なりに問題意識を持って取り組むことで、知識の引き出しを増やしていきましょう。

ステップ2:分析内容を踏まえて仮説を立てる

ステップ1で得た情報から、なるべく具体的に最初の仮説を立ててみましょう。
仮説を立てる前に全体像を考えるようにすると、「何をするべきか」「何をすべきでないか」について優先順位が明確になり、少ない情報から仮説を立てやすくなります。

ビジネスで使える仮説は、それを元に具体的な行動に移せるものである必要があります。

ステップ3:仮説を検証する

仮説を検証するにあたって、ステップ2で立てた具体的な手段を実行します。
定量化・データ化し判断軸を明確にした上で、仮説に基づいて行動した結果を分析しましょう。場合によっては関係者へのヒアリングも行い、立てた仮説が最適解であったか検証を行います。

検証によって得られた結果が悪いものであった場合でも、失敗から学ぶことで仮説を立てる力は鍛えられていきます。
成功しても、失敗しても、得られるメリットは必ずあります。

ステップ4:仮説を適宜修正する

仮説が現実と異なる場合には適宜軌道修正を行いましょう。
仮説の精度を高めるためには、検証で得られた結果をもとに、より具体的に肉付けしたり、場合によっては方向転換させる必要があります。

以上のプロセスを繰り返すことで、成果に直結する仮説に近づくことができます。

仮説を立てるときの注意点

自分の思考の癖を排除する

限られた情報の中で仮説を立てようとすると、自分の過去の経験に引っ張られて思考の癖にとらわれてしまうことがあります。
仮説を立てるときは客観的視点を意識し、主観が強くなってしまわないように注意しましょう。

仮説構築に時間をかけすぎない

最初から完璧な仮説を立てようとする必要は全くありません。
検証して、間違っていることが分かった時点で適宜修正すればよいのです。

ビジネスでは、100%の精度で時間をかけて仮説を検証するというよりは、70~80%の精度でスピーディーに検証することが求められます。ビジネスの世界では市場環境が変化しやすいため、時間をかけてまで100%の仮説を立てる必要はなく、むしろ早めに仮説を立て、検証と修正を繰り返すことが大切です。

多くの人は、インプットした情報が多ければ多いほどよい仮説が立てられると思いがちですが、そうではありません。あらゆる情報を調べつくすのではなく、少ない情報から原因を推測し、まずは仮説を立ててみることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?仮説を立て、検証・修正を繰り返すことで成果につながります。仮説を立てる時は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

持ち運べる!BtoBマーケティング用語単語帳

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう