営業スキルアップ

【企業向け】eラーニングとは?メリットや導入に必要なものも紹介

eラーニングという言葉をご存じでしょうか?eラーニングは学校教育でも取り入れられており、近年注目されている学習方法です。

eラーニングを企業に導入することで社員教育がより効率的になり、即戦力となる社員を育てることができます。

今回は企業におけるeラーニングのメリットや導入に必要なものを紹介します。

eラーニングとはインターネットを用いた学習方法

eラーニングとはパソコンやスマートフォンなどのモバイル端末を使って、インターネット上で学習を行う方法のことです。主にLMSと呼ばれる学習管理システムを用いて、学習教材や受講者の進捗状況を管理して実施します。

eラーニングが注目される背景

従来の社員教育では、同じ場所に講師と受講者が集まって集団で行う方法や、CD-ROMなどの教材を用いて行う方法がとられてきました。これらの方法では、受講者の学習状況が把握しにくく効率的な教育を行うことが困難でした。しかし近年では、パソコンやスマートフォンなどのデバイスが手に入りやすくなり、インターネットを利用するeラーニングが注目を集めるようになりました。

また、2020年の新型コロナウイルスの感染拡大により、業務のリモート化がより強く推し進められる中で、インターネットで受講することができるeラーニングはさらに注目を集めるでしょう。

eラーニングのメリット

受講者の進捗状況を確認できる

eラーニングは従来のCD-ROMなどの教材を用いた方法とは異なり、受講者の学習状況をインターネットを通じてまとめて管理・確認することができます。さらに受講状況をもとに教材を修正したり、より効果的な教育方法を計画することも可能です。

一定した質の教育を提供できる

eラーニングを用いた教育では講師によって講義内容に差がでないため、一定の質の教育を提供することができます。また受講者がそれぞれに合ったペースで学習を進められるので、より高い学習効果が得られ、効率的に社員教育を行うことができます。

社員教育をリモート化できる

近年では多くの企業で業務のリモート化が課題となっています。eラーニングではインターネット上の教材を用いて教育を行います。そのため、受講者は自由な時間に自由な場所で学習することができ、社員教育のリモート化に役立ちます。

低コストで社員教育できる

受講者と講師を同じ場所に集めて集団で行う講義では、教材費や講師への依頼料、講義を行う場所の費用などが講義ごとにかかってきてしまいます。しかし、eラーニングでは教材や講義映像などは繰り返し使うことができ、受講する場所も問わないので、コストを削減することができます。

eラーニングのデメリット

受講者のモチベーションの維持が難しい

eラーニングは時間や場所を問わずに受講することができるため、受講者の気が緩んでモチベーションが下がり、計画的な学習を行わなくなることもあります。そのため管理者はこまめに学習者の進捗状況をチェックし、メールなどを用いてコミュニケーションを取ることで受講者の学習をサポートすることが大切です。

実習では効果が低い

eラーニングはパソコンなどの画面を通じた学習なので、実習を伴う教育では不十分な場合もあります。そのため実習は対面で行い、eラーニングはそれ以外で活用することで、効果的にeラーニングを利用することができます。

導入するのにコストがかかる

eラーニングを導入するにあたって、最初に配信設備や教材、受講者の受講環境の整備などが必要となるため、大きな初期費用がかかります。しかし長期的に見れば低コストで社員教育を行うことができます。

eラーニングの導入に必要なもの

eラーニングのシステムと教材

eラーニングの導入には配信設備や使用する教材が必要です。それらを自社で開発することも可能ですが、eラーニングを専門とする企業に委託することで労力をかけることなく整備することができます。

eラーニングを提供しているサービスの例として、Udemy(ユーデミー)が挙げられます。Udemyはオンライン動画学習サービスで、業界の専門家が作成した講座を用いて学習することができます。カテゴリーは趣味に関するものから、ビジネスに関するものまで様々で、豊富な講座があります。こういった既存のサービスを利用することも一つの方法です。

(参考:「Udemy」https://www.udemy.com/ja/

受講者のインターネット環境

eラーニングを利用するにあたって受講者が十分な受講環境を持っていなくてはいけません。そのため、インターネット環境の整備や、パソコンやスマートフォンなどの受講に利用するデバイスを用意する必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

eラーニングを利用することで、効率的に社員教育を行うことができます。よい社員を育てることは、よりよい業務へとつながります。eラーニングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!