営業スキルアップ

エバンジェリストとは|具体的な活動内容・必要な能力を解説

エバンジェリストは、IT業界で新しい職種として注目を集めています。とはいえ、エバンジェリストの役割や活動内容を具体的に知っている方は少ないかと思います。
そこで、今回はエバンジェリストの活動内容や求められる能力を紹介します。

エバンジェリストとは、ITの技術やトレンドを解説し啓蒙する職種のこと

エバンジェリストとは、ITの最新技術やトレンドをユーザーに解説し、啓蒙する専門的な職種を指します。エバンジェリストは、キリスト教の伝道者を示す「伝道師(Evangelist)」が由来となっており、現代のIT業界では、IT技術を分かりやすく布教するという意味で用いられています。

IT技術は急速な成長に伴い、かなり高度かつ複雑なものになっています。ユーザーに理解してもらうためには、ITに関する専門的な知識と、それを説明する力が必要です。そこで、IT技術をユーザーに分かりやすく説明することをミッションとするエバンジェリストが注目されています

アップル社やマイクロソフト社を始め、多くの企業がIT機器・技術の必要性を啓蒙するために、バンジェリストという役割を新設しています。

「エバンジェリスト」と「営業・広報」の違い

エバンジェリストの目的は、ユーザーの課題を解決することです。そのため、必要に応じて自社のサービスの短所や、他社サービスについての紹介も行う点で中立の立場にあると言えます。また、自社の顧客だけではなく、ITに興味を持つ不特定多数を対象に講演やセミナーを行います。

一方、営業や広報は自社の商品・サービスの販売を目的としており、自社のターゲットや顧客に対してのみ活動を行う点でエバンジェリストとは異なります。

エバンジェリストの具体的な活動内容

社外・社内向けのプレゼンテーション

エバンジェリストの最も核となる活動が、社外向けに行うプレゼンテーションです。多くの人に自社の製品・サービスの価値を伝え、購入へのきっかけを作ります。また、自社の新製品の発表や、IT関連のエンジニアを集めたイベントも行います。

さらにエバンジェリストは、インナーマーケティング(社内に向けた自社の新製品や新技術に関するプレゼンテーション)も行います。営業・広報担当など、IT知識が必要な社員に対して製品の特徴やブランドイメージを伝えることで、モチベーションや業務の質の向上が見込めます。

得意先へのデモンストレーション

エバンジェリストは、得意先や見込み顧客に対して個別にデモンストレーションを行う、プリセールスエンジニアとしての役割も担います。新製品・サービス導入に関するセミナーに加えて、スキル研修などのサポートまで手掛けることが特徴です。

個別のデモンストレーションでは、そのユーザーの内情を把握し、ニーズに適したそれぞれの提案を行うことが求められます

製品・サービスの研究や資料作成

エバンジェリストは、自社および他社の製品・サービスに精通している必要があります。そのためには、製品・サービスの研究や、ITのトレンドに関する情報収集も行わなければなりません。

また、プレゼンテーションやデモンストレーションなどで用いる資料も作成します。特に、プレゼンテーションで用いるスライドは、一目で分かる理解しやすいものを作ることが求められます

エバンジェリストに求められる能力

プレゼンテーション能力

エバンジェリストに必要な能力のひとつはプレゼンテーション能力です。製品やサービスの価値を理解してもらうためには、論理的で説得力ある解説を行う必要があります。また、発言に強弱を付けたり、例え話を用いたりするなど、聞き手を惹きつけるしゃべり方も求められます。そのほか、分かりやすいスライドや資料を作成することも大切です

コミュニケーション能力

エバンジェリストには、取引相手との会話を通してユーザーの課題・ニーズを把握する能力も必要です。相手の内情を聞き出すためには、信頼関係を築くことが重要であり、そのためのコミュニケーション能力も求められます。

IT技術や業界への深い知識

IT技術やトレンドを大勢に啓蒙するには、それに対する深い知識がなければなりません。また、他社の製品・サービスも理解しておく必要があります。そのためにも、エバンジェリストはIT技術や業界に精通していることが求められます

新しい知識を得ようとする探究心

IT技術は急速に成長するため、常に新しいことを学ぶ姿勢が重要となります。また、IT業界のトレンドの変化にも柔軟に対応するために、ユーザーの嗜好や他社製品に関する情報収集も心掛けなければなりません。エバンジェリストを目指すなら、新しい知識を学ぼうとする探究心を持つことがとても大切です。

エバンジェリストに転職しやすい職種

エバンジェリストに転職しやすい職種には、以下の2つが挙げられます。

  • エンジニア
    システムの開発や運用に特化しているエンジニアは、ITに関する深い知識を持っているという点でエバンジェリストに近い職種と言えます。エバンジェリストにはこれらのスキルに加えて、論理的に分かりやすく説明する能力も求められます。
  • ITコンサルタント
    ITに関する知識を持ち、日頃からプレゼンテーションやコミュニケーションを行うITコンサルタントもエバンジェリストに転職しやすい職種です。ただし、エバンジェリストには、各製品・サービスに対するより深い見識が必要です。
まとめ

いかがでしたか?

エバンジェリストとは、IT技術やトレンドを不特定多数に啓蒙する役割を担う職種です。そのため、エバンジェリストにはITに関する深い知識に加え、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力が求められています。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!