この記事は 3 分で読めます

アウトプットの方法とは?インプットとの関係やメリットも紹介

URLをコピーする

皆さんは、学習したことをきちんとアウトプットできているでしょうか。
意識的にアウトプットを行うと、仕事や勉強の精度を格段に上げることができます。

この記事では、アウトプットの意味やメリット、方法や続けるコツを紹介します。

アウトプットとは、自分の中にある知識や情報を外に出すこと

アウトプットという言葉は「自分の中にある知識や情報を外に出すこと」という意味で使われており、コンピューターにおいては「出力」という意味で用いられます。
具体的なアウトプットの方法としては、「書く・話す・行動する」などが挙げられます。

インプットとの関係

アウトプットの反対語で、インプットという言葉があります。
インプットは「入力」という意味を持つ言葉で、知識や情報を取り入れることを指します。具体的には、「本を読むこと」「授業を受けること」「暗記すること」などが、インプットとして挙げられます。

アウトプットが「out(出力する)」に対し、インプットは「in(入力する)」とイメージすると理解しやすいです。

アウトプットで得られるメリット

インプットした内容が整理され、理解度が向上する

自分の頭の中だけで考えているだけでは、思考が進まず、二の足を踏むことになりかねません。
アウトプットをすることで、インプットした内容を頭の中でいったん整理でき、学んだ内容を体系的に考えられるようになるため、理解度の向上に繋がります。

記憶がしっかり定着する

インプットした内容を「書く・話す・行動する」などの方法によって外に出すことで、記憶に残りやすくなるというメリットがあります。記憶とは不確かなもので、時間が経てば忘れてしまいますが、アウトプットすると長期的に記憶を定着させることができるようになります。
成功者の多くは日記をつけていると言われていますが、これは日々学んだことを頻繁にアウトプットしているためです。日記を書いて、反省点やそれを踏まえた改善策、自分の強みについて記憶し、今後に活かすことで成功につながります。

人に教える力が向上する

インプットの時点では理解が不十分でぼんやりしていた知識も、アウトプットすることで言語化された情報に変換されます。情報が言語化されると論理的に説明できるようになるため、人に教える力が向上します。
会議やプレゼンの場でも、論旨明快で分かりやすい説明をすることができるでしょう。

情報や知識を取り入れるインプットだけで満足してしまい、十分なアウトプットができていない人は多いのではないでしょうか。これは、日本の学校で「授業を受けて、覚える」というインプット中心の授業スタイルが取られており、「学習=インプット」というイメージが定着してしまっていることに起因します。
意識的なアウトプットを取り入れると、仕事や勉強の効率を格段に上げることが可能です。

アウトプットの方法

書く

  • 自分の手で書く

学んだことをそのまま書き写すのではなく、一度頭の中で整理したものを自分の言葉で言い換えて書き出すようにすると効果的です。
「パソコンを使ったタイピングではいけないのか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、いくつかの実験で手書きの方が記憶に残りやすいことが分かっています。より効果的なアウトプットをするために、タイピングではなく手書きがおすすめです。

  • メモを取る

たった数分前のミーティングでも、どのような内容だったかをすぐに忘れてしまったという経験はありませんか。ただ参加して、人の話に耳を傾けるだけではインプットにしかなりません。
重要だと感じた内容や、誰かの意見に対する自分の考えなどをメモしておくことで、備忘録代わりにもなり、記憶の定着に効果的です。

話す

  • 音読する

音読は一人でもできるため、始めやすく簡単なアウトプット法です。
音読は「文字を見る」「内容を理解する」「自分の声を聞く」などの行為を通じて脳を活性化させることができ、知識の定着率向上に効果があります。

  • 学んだことを人に教える

人に教えるには自分が理解していなければなりません。また、人に教えることで、自分がまだ理解できていない部分が明確になります。勉強する際、一人で黙々と解いた問題よりも、人に教えた問題のほうが「わかった」感覚があり、定着したという経験はありませんか。このように、人に教えるという行為は究極のアウトプットです。
人に教えているていで話す、エア授業形式でも効果があると言われています。

行動する

  • 学んだことを実際の行動に落とし込む

最も労力を必要とするアウトプット方法ですが、これを実践することで知識や情報を確実に自分のものにできます。

具体的には、ビジネス書を読んで学んだ知識を営業に取り入れたり、勉強中の言語で日記を書いてみたりなどの方法が挙げられます。

アウトプットを続けるコツ

「1日当たりの目標」のハードルを下げる

何かを始める時は大抵、やる気に満ち溢れているため「1日300回音読する」「1日5000字書く」など、達成のハードルを高く設定しがちです。
はじめのうちは継続できるかもしれませんが、挫折しては元も子もありません。上記の目標であれば、「1日10回音読する」「1日1000字書く」という設定にすれば、きっと毎日継続することができるでしょう。少し難しいと感じる程度の目標設定がおすすめです。
大切なのは1日に膨大な量をこなすことでなく、習慣化です。このことを忘れずに1日当たりの目標を決めましょう。

自分へのご褒美を用意する

自分にご褒美をあげると脳内の「ドーパミン」と呼ばれる神経伝達物質が分泌され、さらにモチベーションが高まります。

私たちのやる気はこのドーパミンによってもたらされています。
適度にご褒美を用意することで、アウトプットの継続が可能になります。

 

まとめ

いかがでしたか?アウトプットとは、自分の中にある知識や情報を外に出すことです。アウトプットは、仕事や勉強の精度を高めるために欠かせません。この記事を参考に、日々の生活に意識的にアウトプットを取り入れてみてください。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

持ち運べる!BtoBマーケティング用語単語帳

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

合わせて読むならコチラ

2018-05-18 10:55:19

「潜在顧客」と「見込み顧客」の違いは?最適なアプローチを理解しよう

2019-01-08 10:00:34

【ビジネス向け】日程調整メールの書き方と状況別のテンプレを紹介

2020-02-03 16:54:06

テレアポが成功しやすい時間帯・時期って?業種別に解説します

2020-04-02 16:04:27

市場占有率(マーケットシェア)とは?意味や種類を簡単解説!

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報用アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう