この記事は 4 分で読めます

リモート営業で使えるおすすめツールを紹介|活用するメリットも解説

URLをコピーする

在宅勤務制度を取り入れる企業が増え、営業活動もリモートで行われるようになってきました。そんな中で、リモート営業ツールの導入を考えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、リモート営業ツールを活用するメリットやおすすめのツールを紹介します。

リモート営業ツールを活用するメリット

移動時間・交通費を削減できる

従来であれば、相手との距離が離れている場合は必然的に出張となるケースが多く、移動時間や交通費、宿泊費用がかさむことも珍しくありませんでした。
リモート営業ツールを活用すれば、時間や場所を問わず営業活動を行うことが可能です。移動時間を事前準備にあてたり、1日の商談件数を増やしたりするなど、今までよりも効率的な営業活動を行えるでしょう。

営業の対象エリアを拡大できる

リモート営業ツールを活用することで、従来では開拓が難しかった遠方のエリアでも顧客獲得のチャンスが生まれます。リモート営業ツールのほかにインターネット環境とパソコンがあれば、国内のみならず海外への営業も気軽に行えます。
移動時間や交通費を考慮し諦めていた遠方の顧客に対しても、リモート営業ツールを活用すれば容易にアプローチできるようになります。

営業活動の振り返りができる

従来通りの営業スタイルだと、上司や同僚との進捗状況や結果の報告を口頭でやり取りしていたという方も多いでしょう。しかし、リモートワーク環境下では今まで以上に営業状況の可視化が求められます。

リモート営業ツールの録画機能を使えば、「顧客に対し一方的な姿勢になっていなかったか」「分かりやすくプレゼンできていたか」など自分の商談に関して客観的に振り返ることが可能です。また、議事録の自動作成、商談に関する知識やノウハウなどの共有といった機能を最大限活用することで、チーム全体の成長にもつながります。

リモート営業で使えるおすすめのツール

Web会議ツール

Web会議ツールは、映像や音声を通じてコミュニケーションを取れるツールです。資料や画面の共有もスムーズに行えるため、対面と同じスピード感で商談を行うことが可能です。

  • zoomhttps://zoom.us/
    ミーティングやセミナーの開催のために開発されたツールです。無料版は最大100人まで、有料版では最大で1,000人の同時接続に対応しています。

 

  • Google Meethttps://apps.google.com/meet/
    専用のアプリケーションをダウンロードする必要がなく、主催者が会議を設定しリンクを共有するだけで商談を開始できます。

 

グループウェア

グループウェアは、社内で情報を共有・管理できるサービスです。社内の業務効率化やコミュニケーションの活性化をサポートします。

  • サイボウズOfficehttps://office.cybozu.co.jp/
    日本の中小企業向けに開発されたグループウェアです。スケジュール共有やワークフローなど、社内情報の共有をサポートする機能が搭載されています。

 

SFA(営業支援システム)・CRM(顧客関係管理)

SFAは「Sales Force Automation」の略語で営業支援システムを指し、CRMは「Customer Relationship Management」の略語で顧客関係管理を指します。SFAとCRMはどちらも顧客情報管理を主体としたシステムですが、SFAは営業活動の管理に重きを置いているのに対し、CRMは顧客情報の管理や関係の構築に重きを置いているという点が異なります。

 

  • Microsoft dynamics 365https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/
    Office製品と連携性に優れたCRMツールです。必要なアプリケーションだけを導入できる仕組みになっており、コストを最低限に抑えることができます。

 

請求書・見積書作成ツール

請求書・見積書作成ツールは、必要な項目をテンプレートに入力するだけで簡単に見積書や請求書、納品書などの帳票を作成できるツールです。

  • CLOUD PAPERhttps://cloudpaper.net/
    ブラウザ上で見積書や請求書作成、PDF形式で書類のダウンロードなどを行えるサービスです。月額1,000円(税込)から利用可能で、利用人数に合わせた最適なプラン選択が可能です。

 

電子契約ツール

電子契約ツールは、クラウド上で契約を完結できるサービスです。通常であれば押印や郵送などの手間がかかりますが、電子契約ツールを活用すれば速やかに完結することができるでしょう。

  • クラウドサインhttps://www.cloudsign.jp/
    国内シェアNo.1の電子契約ツールです。日本の法律に特化した弁護士監修のシステムのため安心して利用できます。

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報用アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう