この記事は 3 分で読めます

コワーキングスペースとは|機能や利用するメリット・デメリットを紹介

URLをコピーする

コワーキングスペースという言葉はご存知ですか?多様な働き方の増加に伴い近年注目されているものです。今回は、コワーキングスペースの概要や利用するメリット・デメリットを紹介します。

コワーキングスペースとは、様々な人が共有し仕事をする場所のこと

コワーキングスペースとは、様々な人が共有し仕事を行うオープンスペースのことです。コワーキングスペース(Coworking space)の「Co」には、「共同」や「共創」という意味があり、後ろに続く「working space」とつなげて「共同で仕事をする場所」として訳されます。また、コワーキングスペースはフリーランスや起業家などのビジネスパーソンだけでなく、自習スペースとしても利用されます。

コワーキングスペースは、レンタルオフィスやシェアオフィスと混同されることがあります。レンタルオフィスやシェアオフィスでは個室もしくは専用のデスクを持ちますが、コワーキングスペースは基本的には個室を持たず、他の人とのコミュニケーションも目的とされているという点で異なります。

コワーキングスペースの基本利用プラン

コワーキングスペースには、目的に合わせて多様なプランが用意されています。基本的な利用プランは、以下の通りです。

  • 月額プラン
    毎月決められた料金を支払い利用するプランです。利用回数が多い場合には月額プランを利用するのがよいでしょう。
  • ドロップイン
    時間単位で料金を支払い利用するプランです。一日限定や曜日、時間限定の場合にはドロップインを利用するのがよいでしょう。

コワーキングスペースの機能・サービス

コワーキングスペースで利用できる機能・サービスには、以下のものがあります。

  • ワークスペース
    ワークスペースは、業務を行うための場所です。空いている席を自由に使用するフリーアドレスと、専用の固定席が存在します。
  • Wi-Fi
    多くのコワーキングスペースでは、無料でWi-Fiを利用できます。ただし、家庭用の回線を使用している場合もあるため、あらかじめ利用者数と回線速度を確認しておくとよいでしょう。
  • 法人登記のための住所利用
    起業する際、法人登記にコワーキングスペースの住所が利用できます。しかし、起業支援が目的ではないコワーキングスペースでは、法人登記に際した住所利用ができないため注意しましょう。
  • 会議室
    会議やセミナーを開催するためのスペースが用意されています。
  • 郵便物の受け取り
    住所利用が可能なコワーキングスペースでは、郵便物の受け取りや転送ができるサービスがあります。受け取りや転送の料金や対応している荷物はコワーキングスペースによって異なるため、事前に確認が必要です。
  • 電話・FAX
    電話の転送・FAXの送受信サービスが利用できます。
  • 交流会
    コワーキングスペースの利用者同士でコミュニケーションが取れるよう、交流会を開催している所もあります。
  • 専門家によるビジネスコンサルティング
    ビジネスの専門家によるコンサルティングを受けられる機能です。個人でコンサルティングを依頼するよりも低価格なため、積極的に利用するとよいでしょう。

コワーキングスペースで仕事をするメリット

低コストで仕事ができる

コワーキングスペースを利用すると、オフィスのランニングコストが抑えられるため、低コストで仕事ができます。具体的には、家賃やインターネット回線の費用、電話代や飲み物代などを抑えられます。

迅速にビジネスを始められる

コワーキングスペースは、契約後すぐに利用開始できるため、パソコンがあれば即日ビジネスを始められるというメリットがあります。専用のオフィスを借りビジネスをスタートするには、物件リサーチ、契約、内装工事、電話・インターネット回線の開通、水道・電気・ガスの開通など、まだ利益が出ていないうちから膨大なコストがかかってしまいます。いち早くビジネスを始めたいという人は、コワーキングスペースを利用するとよいでしょう。

周囲の目を気にしなくてよい

コワーキングスペースでは、打ち合わせ場所や会議室などもレンタルできるため、周囲の目を気にせず仕事に集中できるというメリットがあります。また、ホワイトボードやテレビモニター、プロジェクターなどの備品が用意されていることもあるため活用するとよいでしょう。

新たなビジネスのきっかけを得られる

コワーキングスペースには、業務を行うワークスペースの他にもフリースペースやカフェスペースなどが設けられています。そのため、様々な職種の利用者と交流することができ、新たなビジネスのきっかけを得られるというメリットがあります。交流を促進するイベントが開催されることもあるため、ビジネスチャンスを得るためには積極的に参加しましょう。

コワーキングスペースで仕事をするデメリット

作業スペースが確保できない場合がある

コワーキングスペースでは、専用席を契約していなければ、座席が埋まっている場合には作業スペースが確保できないというデメリットがあります。フリーアドレスの席は専用席を契約するよりも利用料金が低くなるというメリットもあるため、事前に検討する必要があります。

また、コワーキングスペースは多くの人が利用するため、和気あいあいとした雰囲気になる場合もあります。このような雰囲気では集中できない人は、専用席を契約するなどしましょう。

セキュリティが甘い場合がある

コワーキングスペースは、不特定多数の人が出入りするためセキュリティ面が甘くなりがちであるというデメリットがあります。また、インターネット回線のセキュリティも甘い場合があるため確認が必要です。

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報用アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう