この記事は 2 分で読めます

プロダクトマネージャーとは?主な業務と必要な能力を紹介します

URLをコピーする

プロダクトマネージャーという役職をご存知ですか。プロダクトマネージャーはIT企業を中心に注目を集めている役職の1つですが、実際にどんな役割を担っているのかを知らないという方も多いかと思います。
この記事では、プロダクトマネージャーの主な業務と必要な能力を紹介します。

プロダクトマネージャーとは、顧客満足度を向上させ、最大利益を得られるように指揮をとる役職

プロダクトマネージャーとは顧客満足度を向上させ、企業の利益を最大化させるための指揮をとる役職です。プロダクトとは、顧客に販売する製品やサービスのことを指すのが一般的です。プロダクトマネージャーはプロダクトの企画立案から生産、マーケティングといった、プロダクトに関わる幅広い業務に携わります。

近年は、プロダクトを開発し、リリースした後にも顧客の反応を見て改善していくことが重要になっています。そのため、プロダクトの企画から、リリース後のサポートなどの施策までを管理することを目的として、プロダクトマネージャーが注目されています。

プロジェクトマネージャーとの違い

プロダクトマネージャーと混同されやすい職業にプロジェクトマネージャーがあります。プロジェクトマネージャーは製品をなぜ作るのかという「Why」と、どんな製品を作るのかという「What」に責任を持って取り組みます。それに対して、プロジェクトマネージャーは、プロダクトを生産する過程を管理するのであり、いつまでに作るのかという「When」と、どうやって作るのかという「How」に責任を持って取り組むという点でプロダクトマネージャーと異なります。

プロダクトマネージャーの主な業務

ターゲットの設定

まず、プロダクトマネージャーは生産するプロダクトのターゲットを設定します。プロダクトのターゲットを明確にすることでニーズを捉えやすくなり、製品をより具体的なものにできるため、生産の計画が立てられます。

プロダクトの立案

設定したターゲットのニーズなどから、プロダクトの立案を行います。立案したプロダクトを一度工場に依頼するなどして試作し、ニーズを満たせているのかどうかや、改善点を確認します。
プロダクトマネージャーは、プロダクトによって顧客の抱くどのようなニーズを解決したいのかを明確にしておくことで、試作品の不足している点などに気づきやすくなり、よりよい製品の開発ができます。

戦略と目標の設定

プロダクトを販売するための戦略と目標を設定し、円滑に生産を行えるようにします。ロードマップやKPIの設定をしましょう。ロードマップとは、プロダクトを成長させていく過程や中間目標などを設定するものです。KPIとは、「重要業績評価指標」とも呼ばれ、プロセスの達成度を評価するための指標になります。

リリース後の効果測定と分析

製品のリリース後には効果測定と分析をします。顧客からの評価や売り上げのデータなどを調査し、結果を振り返ります。効果測定と分析の結果は、今後の戦略や目標の改善、新たなプロダクトの開発に活かせるため必ず行いましょう。

プロダクトマネージャーに必要な能力

コミュニケーション能力

プロダクトマネージャーはプロダクトに関する様々な業務に携わり管理します。このとき、他部署の理解を得たり、連携をうまく取ったりするためにコミュニケーション能力は必要です。また、生産の指揮をとり、的確に指示を出すためにもコミュニケーション能力は重要です。

理解力・考察力

プロダクトマネージャーは顧客のニーズを捉えて、課題解決を行わなくてはいけません。そのため、プロダクトマネージャーにとって理解力と考察力は必要な能力です。高い理解力があれば、顧客がどんなプロダクトを求めているのかを的確に捉えられ、より満足度の高いプロダクトを提供できるようになります。また、高い考察力があれば、捉えたニーズを元により的確な課題解決の方法を考えられ、効率よく開発を行えます。

発想力

プロダクトマネージャーはプロダクトの企画から開発にも携わるため、ニーズを製品に反映する発想力も必要です。ニーズを上手くプロダクトに反映するためには、顧客の立場に立って考えることも重要です。

また、発想力をより発揮するためには、豊富な知識や経験も必要です。生産に関する幅広い知識を持っていれば、発想もより現実的なものになり、計画や実行がしやすくなります。

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報用アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう