この記事は 2 分で読めます

【基本解説】プロトタイプとは|種類や作成する目的を紹介します

URLをコピーする

プロトタイプという言葉を聞いたことがある方は多いかと思います。しかし、プロトタイプに種類があることや、プロトタイプを作る目的を知っている人は少ないのではないでしょうか。
今回は、プロトタイプの概要や種類を解説するとともに、プロトタイプを作る目的も紹介します。

プロトタイプとは、製品をリリースする前に作る試作品のこと

プロトタイプ(Prototype)とは、製品の完成版をリリースする前に作る試作品のことです。Webシステムやソフトウェア、アプリのほか、ハードウェアや自動車などの開発時には多くの場合、プロトタイプが作られます。

開発の初期段階で作るプロトタイプには、最小限の機能だけを導入して正常に動作するかどうかを確かめます。製品の開発とともにプロトタイプも改良し、より製品に近いデザインや機能・性能を付与していきます。また、製品の質を確かめるために、大量生産する前にプロトタイプを作成し、生産すべきか判断することも多いです。

プロトタイプを作る目的

ユーザーのニーズに柔軟に対応するため

プロトタイプを作ることで、ユーザーの声を聞きながら開発を進められます。また、ユーザーに実際にプロトタイプを使用してもらえば、想定していなかった使い方を発見できることもあります。そのため、ユーザーのニーズに柔軟に対応して、よりユーザーの求める製品を作ることができます

リリース直前に製品の情報を公表したときにユーザーの反応が悪ければ、再度開発から行わなければならないため、時間やコストが倍増してしまいます。プロトタイプを作ってユーザーのニーズに対応することは、リスクを低減するためにも重要な取り組みです。

開発と同時並行で改善を進めるため

プロトタイプを作って動作を確かめることで、開発時には想定していなかったバグや不具合が見つかる可能性もあります。また、デザイン性や操作性が悪いという問題が浮き彫りになることもあるでしょう。これらは、リリース後に発覚すると、ユーザーからの満足度が低下しかねません

そのため、開発と同時進行で改善を進めることは非常に重要であり、これを可能にするためにもプロトタイプは作成すべきものです。プロトタイプの作成によって、製品そのものの修正だけでなく、方向性や計画を修正することも可能になります。

製品の概観を素早く伝えるため

開発中の製品の概観を、言葉や設計図だけで伝えることは困難です。受注先と会議をしたり、共同で製品開発を進めたりするときに、仕様などの概観を明確に伝えられなければ、方向性を固めて計画を立てることもできません。

プロトタイプは、製品の情報を素早く伝えてくれます。そのため、プロトタイプを作成して概観を示すことで、全員で共通認識を持って製品開発に取り組めます。人によって認識のズレが生じることも防げるため、全員が納得のいく完成品を作れるでしょう

プロトタイプの種類

ファンクショナルプロトタイプ

ファンクショナルプロトタイプとは、製品の機能がどのように動くかをシミュレーションするためのプロトタイプです。例えば、Webサイトのファンクショナルプロトタイプでは、ボタンを押してページが開けるかどうか、質問フォームを送った際に管理システムと連携しているかなどを確認します。

製品の核となる部分を検証するプロトタイプであるため、ファンクショナルプロトタイプは開発初期に作られることが多いです

デザインプロトタイプ

デザインプロトタイプとは、デザインなどの見た目に関するシミュレーションを行うためのプロトタイプです。機能を検証するためのファンクショナルプロトタイプを発展させ、デザインを加えるためより完成品に近い試作品となります。

デザインの候補をそれぞれ組み込んで比較することで、より理想的で納得のいくデザインを実現できます。よいデザインにすることは、見た目がよくなるだけでなく感覚的に扱えるようになるため、使う人の満足度を高めます。実際にデザインプロトタイプを作ってみると、製品の操作性が悪い部分も発覚する可能性があるため、デザインプロトタイプの作成は有効です。

コンテクスチュアルプロトタイプ

コンテクスチュアルプロトタイプとは、ユーザーに疑似体験をさせるためのプロトタイプです。上記の2種類は、製品の試作品そのものを指していましたが、コンテクスチュアルプロトタイプは試作品を使用している動画のことです。ユーザーが実際に使用していると感じられるような広告動画を作り、ユーザーの声を聞いて製品の改善に役立てます。

製品をリリースする前にユーザーからの評価を得られるため、製品のコンセプトや機能・デザインなどをもう一度練り直すことができます。

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報用アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう